『ZIP』風間俊介“謎ゲーム”紹介に賛否…『ワンダープロジェクトJ』とは?

『ZIP』風間俊介“謎ゲーム”紹介に賛否…『ワンダープロジェクトJ』とは?

『ZIP』風間俊介“謎ゲーム”紹介に賛否…『ワンダープロジェクトJ』とは?
(C)Kues / Shutterstock 

朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)に、月曜パーソナリティーとして出演している俳優の風間俊介。番組内でおすすめのゲームを紹介したものの、そのマイナーすぎるチョイスに、ネット上でツッコミが殺到している。

同番組には、曜日パーソナリティーが好きなものを熱く語る「プレゼンZIP」というコーナーがある。そこで風間はゲームを紹介することがあるのだが、ここ最近彼のチョイスが話題になっているのだ。

例えば4月19日の放送で風間は、1994年に発売されたスーパーファミコン用のソフト『ワンダープロジェクトJ ~機械の少年ビーノ~』というゲームを紹介した。同作は主人公を操ることができない斬新なシステムで、「道具の使い方」や「善悪」を教えて正しく育成する…という趣旨のゲーム。

風間は「まさにですね、今の時代に伝えたい名作なんですね」と興奮した様子で前置きすると、AIが進化した今だからやり直したいゲームだと熱弁。そして「人工知能に対する現体験として、ぼくは今度やり直そうかと考えてるんですよ。水卜さん」と締めくくった。

話を振られた総合司会の水卜麻美アナは、「勉強になりそうな…えっ、これ本体から買わないとできないですよね」と驚いた表情で風間に質問。これに風間は「そうですね、なのでスーパーファミコンを買って…やっぱりあの追体験をしていただきたいなと」などと、ゲーマーらしい返答をするのだった。

マニアックすぎる? 風間のゲームチョイスに賛否の声

風間のマニアックすぎるゲームのチョイスに、ネット上では、

《マジで見たこと無いゲーム。ガチすぎるだろ》
《朝やる内容やないな。これ絶対リメイクとか復刻とかされてないやろ》
《名作やけど、今買えないソフト紹介してどうすんのって思う》
《これ何が目的のコーナーなのか全くわからん》
《スーファミのゲーム今更体験しろとか無理やろ》
《せめて今からでもプレイできるゲームを紹介しろよと》
《朝のニュースにいるかこれ。意味わからん》

などと意外にも厳しい意見が多く見受けられた。たしかに風間が紹介した「ワンダープロジェクトJ 」は、中古でしか手に入らず、普通ならプレイできないゲーム。サブカルチャー好きな若い世代が好むゲームといったわけでもなく、まさに〝誰得〟状態である。

余談だが、風間は2020年8月に放送された同番組にて、さらにマニアックなゲーム『タントアール』を紹介。こちらは『メガドライブ』のゲームソフトで、徳島えりかアナウンサーから「メガドライブって何ですか?」とハードについて質問されていた。

忖度することなく、本当に自分が好きなものを紹介する風間。一般視聴者には不評なようだが、普段番組を見ていない層に刺さるのかもしれない…。

【画像】

Kues / Shutterstock

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

菅義偉首相の“ダボダボスーツ”がダサいと話題!「服装で負けてる…」

Next Post

有吉弘行の“第7世代潰し”が強烈! 新番組に特大の攻撃「鬼すぎて笑う」

Related Posts

新作・事前登録中のiPhone/Android向け最新おすすめスマホゲームアプリ 2020年12月26日号

新作ゲームアプリや事前登録情報などiPhone/Androidで遊べる最新おすすめスマホゲームアプリを紹介。今週は新作アプリ「正伝三国志」「スイートエスケープ」「大戦国志」に注目! ■新作スマホゲームアプリ リリースされたばかりの最新スマホゲームアプリ。多くのプレイヤーで賑わう話題の新作ゲームアプリをダウンロードして今すぐ楽しもう! 正伝三国志―強固な城を築き乱世の時代を生き抜け!三国志シミュレーション 「正伝三国志」は、プレイヤーが一城の城主となり、諸葛亮や関羽、呂布といった名将たちを率いて天下の統一を目指す戦略シミュレーションゲーム。三国志の歴史とシーズンに合わせて、さまざまなシーズンシナリオが登場する。 150以上もの城が登場し、陣営同士の白熱した戦略バトルが繰り広げられる。騎兵や攻城兵器で陣形を編成、難攻不落の城を攻め落とそう。 正伝三国志をダウンロード ドラゴンとガールズ交響曲―ケモガールからエルフまで!100以上の美少女たちとバトルに挑もう! 「ドラゴンとガールズ交響曲」は、100人以上のかわいい少女が登場する美少女放置RPGだ。 かわいいケモガールや美しいエルフ、無邪気な人間姫、剣と銃を操るかっこいい美少女。さらには、戦国系、三国系、神話系などの偉人たちがかわいいハントレス少女となって登場。少女たちを集めて育成しよう! 好きな少女を看板娘に設定すれば、会話を楽しむことも可能だ。好感度が上昇すれば、ボイスやストーリーなどが開放されていくぞ。お気に入りの子にプレゼントを贈って、どんどん仲良くなろう。 バトルはフルオートプレイが可能な放置スタイルを採用しており、オフラインでもどんどん進めていくことができる。スキルや陣形、元素などで戦略的にパーティーを編成しよう。ギルドやアリーナといったコンテンツも用意されているので、仲間と一緒に楽しむこともできるぞ。 ドラゴンとガールズ交響曲をダウンロード スイートエスケープ ベーカリーを作ろう―さまざまなスイーツショップをオープン!世界一のお店を目指すパズルゲーム 「スイートエスケープ ベーカリーを作ろう」は、スイートな3マッチパズルゲームだ。パズルをクリアして、スイーツベーカリーを建設しよう。焼き菓子ベーカリーやチョコレート菓子ショップ、おしゃれなカフェなどさまざまなお店をオープンできるぞ。もちろんショップのデザインも思いのまま。自分だけのお店を作ろう! 提供するスイーツを選んだり、特別なイベントを開いたり、フルーツやハーブを育てたりとやることは多彩。スイーツの才能を持った動物たちの協力も得なければならない。たくさんの愉快な仲間の力を借りながら最高のスイーツショップを目指そう。…
詳しく見る

竹野内豊と共演した過去も!『新感染半島』母親役のイ・ジョンヒョン

『新感染半島 ファイナル・ステージ』より – (C) 2020 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILMS.All Rights Reserved. 公開中の映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』でたくましく戦う母親ミンジョンを演じたイ・ジョンヒョン。過去にはドラマ「輪舞曲-ロンド-」で竹野内豊と共演したこともある彼女の活躍に注目する。 アクションすごっ!『新感染半島』予告編 『新感染半島』は日本でも注目を浴びたパニックホラー映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)の続編にあたる作品。人間を凶暴化させるウィルスが猛威をふるった前作から4年後を舞台に、パンデミックから逃れて香港に渡った元軍人のジョンソク(カン・ドンウォン)が、とある任務のために半島に戻ってサバイバルを繰り広げる物語が展開する。 イ・ジョンヒョン演じるミンジョンは、主人公のジョンソクが半島で出会う少女たちの母親だ。前作『新感染』では人気俳優のコン・ユふんする父親が娘を守るという形で親子関係が描かれたが、今回の『新感染半島』ではミンジョン=母親が娘たちをなんとしてでも半島から脱出させようと奮闘する姿が映し出される。娘たちへの深い愛情が垣間見えるシーンがあったり、銃を手に感染者や狂気に染まった人間たちの部隊に立ち向かう場面もあったりと、その力強くカッコいい姿で観客を魅了している。…
詳しく見る

『古畑任三郎』など 俳優・田村正和さん訃報に悲しみの声広がる

『古畑任三郎』などで知られる俳優・田村正和さんが、心不全のため亡くなっていたことが報じられた。77歳。 (lukyeee1976/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです) 18日、俳優の田村正和さんが、2020年4月3日に都内の病院にて、心不全のため亡くなっていたことが一斉に報じられた。77歳だった。 ■幅広い役柄演じ数々の名作に出演 田村さんは、1943年(昭和18年)に生まれで、名俳優・阪東妻三郎さんの三男。1961年に、高校在学中に映画『永遠の人』でデビューした。 1972年のフジテレビ系ドラマ『眠狂四郎』でのニヒルな役どころは大評判となり、その後も数々の話題作に出演。1987年のTBS系ドラマ『パパはニュースキャスター』でのコミカルな役柄は幅広い世代に親しまれた他、94年から10年以上にわたって演じた『古畑任三郎』(フジテレビ系)は田村さんの代表作の1つであり、多くの芸人がモノマネをするなど、長年にわたって愛され続けている。 関連記事:田村淳、『スッキリ』関係者からの発言にモヤモヤ 「春までの辛抱ですからね」 ■突然の訃報に悲しみの声溢れる 田村さんの訃報に、インターネット上では悲しみの声で溢れている。 ツイッター上には「お年を召していらっしゃることは勿論わかっていた。わかっていても、悲しいものは悲しい」「コメディを演じても崩れることない格好良さを持った素敵な俳優さんでした」「物凄いセリフ量を完璧にこなすその芝居力はまさに圧巻。田村正和さん、心よりご冥福をお祈りします」など、田村さんが出演した作品の数々を振り返りながら、名俳優の訃報を受け止めきれない様子のユーザーが多数見受けられた。 (文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)  
詳しく見る