スウェーデンのベストセラー『スマホ脳』 新潮社から邦訳、発売即2万部の重版に

スウェーデンのベストセラー『スマホ脳』 新潮社から邦訳、発売即2万部の重版に

スウェーデンのベストセラー『スマホ脳』 新潮社から邦訳、発売即2万部の重版に
アンデシュ・ハンセン『スマホ脳』

スウェーデンで2018年に刊行された『スマホ脳』は、脳科学的見地からスマホが脳に与える影響に警鐘を鳴らした本だ。同国内でベストセラーになり、その後、世界十か国以上で翻訳出版が続いている。

スマホが脳に与えるリスクを警告

日本でも2020年 11月18日、新潮社から邦訳が発売された。三省堂書店有楽町店(東京)、紀伊國屋書店梅田本店(大阪)ほか、全国の主要書店で週間ベストセラー(新書部門)1位に。発売わずか一週間で2万部の増刷が決定した。

著者の精神科医、アンデシュ・ハンセン氏は、ノーベル賞選定で知られる名門カロリンスカ医科大学を卒業。ストックホルム商科大学にて経営学修士(MBA)を取得したという異色の経歴の人だ。最新の脳科学の膨大な実験結果をもとに、スマホが脳に与える以下のようなリスクを指摘している。

・1日2時間を超える利用はうつのリスクを高める。

・睡眠眠障害にスマホの影響は否定できない。

・大企業は脳科学者を雇用してアプリ開発を行っている。スマホの依存性は、最先端の脳科学研究に基づき、アプリが脳に快楽物質を放出する〈報酬系〉の仕組みを利用して開発されている。

・学習現場では、スマホを傍らに置くだけで学習効果、記憶力、集中力が低下するという実験結果が報告されている。

どうすれば依存せずにすむのか。自分は、わが子は大丈夫なのか。本書は警告と同時に回避の方法も教える。

価格は980円+税。

「許せない!」がやめられなくなる

類書は、すでに日本の研究者によっていくつか刊行されている。『スマホ依存から脳を守る』(朝日新書)は、インターネット依存症やゲーム依存症に警鐘を鳴らしている。著者の中山秀紀さんは、神奈川県横須賀市にある独立行政法人国立病院機構「久里浜医療センター」精神科医長。同センターは、アルコール依存症の専門治療で知られる。

川島隆太・東北大学加齢医学研究所所長も著書『スマホが学力を破壊する』 (集英社新書)でスマホの危険性を訴えている。仙台市立の小中学生約7万人を5年間追跡調査、スマホを使用することで成績が下がり、止めると成績が上がることが分かったという。自宅での学習時間が同じ場合、スマホの使用時間が短い子の方が、成績が良かった。川島さんは多数の著作で知られるが、本書は特に力を入れたという渾身の労作だ。

『スマホに負けない子育てのススメ』(主婦の友社)は、スマホが子育てにどのような影響があり、それを克服して上手に付き合うにはどうすればいいか分かりやすく示す。著者の諸富祥彦さんは明治大学文学部教授。教育学が専門だ。

『「許せない」がやめられない―― SNSで蔓延する「#怒りの快楽」依存症』(徳間書店)はスマホには「怒り」という「麻薬」が仕組まれていると解説している。スマホを開けば常に怒りの対象が見つかる。「怒り」を炎上させることができれば大きなカタルシス(感情浄化)になる。「怒り」を常用していると、中毒にもなる。スマホが「ネット炎上」の導火線になっていることが理解できる。著者の坂爪真吾さんは。東京大学文学部卒。多数の著書があり、風俗店で働く女性の無料生活・法律相談などの社会活動でも知られる。

世界保健機関(WHO)は2019年5月、スマホなどのゲームにのめり込んで日常生活に支障をきたすゲーム依存症が、「ゲーム障害」という疾患であると認めているという。

日本シリーズで巨人「2年連続全敗」が現実味 近年目立つ「強いパ・リーグ」の裏側

「鬼滅の刃」とうとう下着やランドセルに コスメも…とまらない商品化

[坂本冬美「ブッダのように私は死んだ」
ポップス系の情念の歌](https://www.j-cast.com/trend/2020/11/24399566.html?utmmedium=provide&utmsource=smartnews&utmcampaign=trend399738&utm_content=related3)

 

Total
1
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

持続化給付金の不正受給や特殊詐欺、強盗…。手軽に稼げるとうたう「闇バイト」に手を出す若者が急増中だ。闇バイトを斡旋する人物を追跡すると、SNSを通じて簡単に若者を取り込むネット犯罪の実態が見えてきた

Next Post

ネット環境に不満、イライラする人過半数以上 でも回線変更は解約手続きが面倒

Related Posts

蛯原英里『H&M』のセールでゲットした子ども服を紹介「着るのが楽しみです」

※蛯原英里オフィシャルブログより モデル・ 蛯原友里 の双子の妹でチャイルド・ボディ・セラピストとして活躍する蛯原英里が7日に自身のアメブロを更新。ファッションブランド『H&M』のセールで購入した子ども服を紹介した。 この日、蛯原は「H&Mで買ったもの」というタイトルでブログを更新。「子供の日にH&Mがセールだった」と明かし、「可愛いものをいくつかゲットしました」と報告した。 続けて「かむちゃん用とお姉ちゃん用」と述べ、セールで購入した子ども服を写真で公開し「注文して翌日に届いたから嬉しい!」とコメント。また「週末あたたかくなりそうなので着るのが楽しみです」と期待を寄せ、ブログを締めくくった。  
詳しく見る

最近のJ-POPは地味すぎる? マツコ・デラックスの苦言に共感殺到

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ  4月6日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で、ヴィジュアル系を特集。遠回しにマツコ・デラックスが今の音楽シーンに苦言を呈したのではないかと、視聴者が盛り上がる一幕があった。 番組では、『LUNA SEA』や『黒夢』など、1990年代に絶大な人気を誇ったバンドをライターの藤谷千明さんが紹介。そして「等身大の時代はもう飽きた。非日常をもっと体験してほしい!」とコメントする。 するとマツコは「似たようなこと私も考えておりましたよ。なんで日本のエンターテインメントってのがこんな地味になってしまったんだろうって思った時に、みんなは自分と近いところにいる人に対して、そこまでワーキャーしたくないじゃん。日常と全く違う何かに憧れて、その人たちに何か想いを託すことをしたいじゃん。でも今の日本(のエンタメ)は、あまりにも等身大の人が多すぎない? そんな時に、ヴィジュアル系ってすごかったと思った」と力説するのだった。 続けてマツコは、男が化粧することで話題になった〝ジュリー〟こと沢田研二についても「すげーことしてたよな」と語っている。 「ありのまま」ブーム終了で非日常が再燃? これにネット上では 《マツコが言ってた等身大のバンドが多すぎるっての、めちゃくちゃ同意 自分が最近のバンドに惹かれない原因はこれなんだなー》 《マツコが「日本の音楽はなんで地味になった?」って言ってたけど、ハイスタみたいな、Tシャツ短パンとかで演奏するバンドが出てきたからだよね?》 《マツコの「等身大の人多すぎない?」に、それだー!最近のモヤモヤ!ってなった》 《確かにそうだなーと思う。 初期クイーンのあのキラキラ感は、正に人々の憧れの的だよね》 《マツコが等身大の日常のバンドをdisってて草》 《わかる。ステージ立つなら、オジーみたくコウモリくらい食え!》…
詳しく見る

『プロフェッショナル』庵野秀明監督の独占密着で“マリ”のモデルが明らかに!?

(C)Krakenimages.com / Shutterstock  3月23日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)は、現在上映中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の総監督を務めた庵野秀明に独占密着。密着には妻で漫画家の安野モヨコも登場したのだが、彼女の言葉に視聴者は〝一つの確信〟を持ったようだ。 今回の密着は4年にわたって行われた、番組史上最長の密着。独特な感性のせいか、ナレーションでも「この男に安易に手を出すべきではなかった」などと言われ、「(密着が)苦行のような日々の始まりだった」とも紹介される。 そんな庵野監督の密着では、映画制作の壮絶な裏側が明かされるだけでなく、妻・安野のインタビューによる庵野監督のプライベートな一面が明らかに。安野は、自分のことを全くしない庵野監督について「死んじゃうんじゃないかなと思った」「誰もお世話しない? じゃあ私するけど」と馴れ初めのようなエピソードを語る。 また『エヴァ』シリーズを制作する過程で、ユーザーの批判から〝死〟を考えていたという庵野監督へ、安野は「みんながいなくなっても、私はいなくならない」と励ましの言葉を投げかけたことも語られていった。 安野モヨコはあのキャラのモデル!? 安野が告げた「私はいなくならない」という言葉で、視聴者は同作の登場キャラである真希波・マリ・イラストリアスの〝モデル〟が彼女であることを確信。さらに密着内で庵野監督が「自分の状況と作品がリンクする」と話していたこともあり、ネット上には、 《迷えるシンジを大人の言葉と行動で導いてくれる謎のメガネ美少女:真希波マリの正体は、庵野監督の奥様、漫画家の安野モヨコで間違いない!》 《これはモヨコさん=マリで解釈していいのかな?》 《もう庵野監督を側で支えた奥さんのモヨコさん=マリ確、か》 《これ、監督の言質とれたし、ほぼほぼモヨコさん=マリでよくねーか?》 《マリのモデルもよこってことは、やっぱりシンジくんは庵野だったんだな》 などの考察が続出している。 「今回話題になったマリというキャラクターは、劇中で『どこにいても必ず迎えに行くから、待ってなよ、わんこくん』と主人公の碇シンジへ告げています。このセリフと安野の言葉がリンクして視聴者は盛り上がったようですね。シンジは庵野監督自身を投影したキャラクターとも言われているので、どこか納得できる部分がありますね」(アニメライター)…
詳しく見る