藤原季節、主演作への思い告白「退屈な世界を少しでも変えられたら」

藤原季節、主演作への思い告白「退屈な世界を少しでも変えられたら」

藤原季節、主演作への思い告白「退屈な世界を少しでも変えられたら」
主人公・悠二を演じた藤原季節

俳優の藤原季節が28日、渋谷シネクイントで行われた映画『佐々木、イン、マイマイン』(公開中)の公開記念舞台あいさつに出席し、圧倒的な熱量で疾走する映画の撮影で感じた思いを語った。この日は、細川岳萩原みのり遊屋慎太郎森優作内山拓也監督も登壇した。

【画像】主要キャストが集結!イベントの様子

『佐々木、イン、マイマイン』は、King Gnu平井堅などのMVを手掛けた内山監督による青春ドラマ。売れない俳優の悠二(藤原)が、高校時代の同級生・多田(遊屋)と再会したことをきっかけに、学校内でカリスマ的存在だった佐々木(細川)と過ごした日々を回想しながら、自身の現状と向き合い、葛藤していく。

主演として作品に挑んだ藤原だが、「僕が中心にいる意識はあまりなく、タイトルの通り、真ん中にいる佐々木をどう見つめるかが大事だった」と現場での立ち振る舞いについて述べる。続けて、「佐々木演じる細川岳を信じることはたやすかった」と信頼に値する男であることを強調すると、悠二の元恋人・ユキ(萩原)とのシーンが難易度の高いチャレンジだったと明かす。

それを聞いた萩原は「自分よりも年上の役を演じる壁を感じていた」と撮影前の心境を述べたが、そんな不安は、藤原との現場での空気感で一蹴できたという。「あまり強気なことは言いたくないのですが」と前置きしつつも、「季節くんが悠二だったら、ユキはわたししかいないと思えた」と二人で作り上げた関係性に胸を張った。

閉塞感漂う現在に風穴をぶち明けるような、力強さがある本作。藤原は「僕は日々の生活を送ることで精一杯なのですが、退屈だなと思える世界が、ちょっとでも変えられたらいいなと思って過ごしている」と前を向くと、佐々木を好演した細川も「僕も生きていると毎日退屈だなと感じるのですが、そういうものを壊す映画になってくれれば」と思いを吐露した。

本作で2020年度「新藤兼人賞」の銀賞を受賞した内山監督。「僕はこの作品でバカみたいに世の中を打ち破りたいと思っている。これまでの人生はコンプレックスだらけだったのですが、ここにいる登壇者のおかげで、自分の人生が好きになりました。この映画を観終わったあと、シネクイントから出る景色が変わってくれたらいいなと思っています」と力強く観客に呼びかけていた。(磯部正和)


 

Total
1
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

外岡秀俊の「コロナ 21世紀の問い」(27)感染が再拡大した欧州の「いま」と日本の「あす」

Next Post

愛する母のために!『女優 原田ヒサ子』念願の舞台挨拶に原田美枝子らファミリー集結

Related Posts

BTS「2021ビルボード・ミュージック・アワード」で 「Butter」ステージ初披露

BTS(Photo by Billboard Music Awards SNS) BTSがが11日、「2021ビルボード・ミュージック・アワード」(BBMAs)でデジタルシングル「Butter」のステージを初公開することがわかった。 「ビルボード・ミュージック・アワード」の主催者側は11日(以下現地時間)、公式SNSチャンネルを通じて23日に開かれる「2021ビルボード・ミュージック・アワード」にBTSがパフォーマーとして参加すると公式発表した。 これでBTSは「ビルボード・ミュージック・アワード」に4年連続パフォーマーとして参加することになった。BTSは2018年の「ビルボード・ミュージック・アワード」で「FAKE LOVE」のステージを初めて披露し、世界的に注目を浴びた。2019年には歌手ホールジー(Halsey)と共に「Boy With Luv」のステージを飾った。 昨年はコロナの影響でオンラインを通じて仁川国際空港を背景に「Dynamite」のステージを披露し、大きな話題を集めた。 BTSは今回の「ビルボード・ミュージック・アワード」で「トップデュオ/グループ(TOP DUO/GROUP)」、「トップソングセールスアーティスト(TOP SONG SALES ARTIST)」、「トップソーシャルアーティスト(TOP…
詳しく見る

【ビーバームーン】今夜は半影月食でしかも満月。いつ見える?

11月30日は満月。さらに、夕方頃から半影月食が起こります。 日本気象協会によると、30日の天気は、日本海側は雪や雨が降りますが、太平洋側はおおむね晴れるとのこと。 1月11日、6月6日に続き、2020年3回目にして、最後の半影月食。見頃はいつなのでしょうか。 半影月食とは? いつ見える? 見られるのは夜の早めの時間。東の空です。 ウェザーニュースによると、11月30日の半影月食の始まりは16時32分頃、最大となるのが18時43分頃、終わるのが20時53分頃です。 半影月食(はんえいげっしょく)とは、月が地球の半影に入り、月の一部が部分的に隠れること。半影は薄い影のため、肉眼ではっきりと確認するのは難しいですが、月がうっすらと暗くなっている様子がわかります。また、写真撮影などでは欠けている様子がわかることも。 11月の満月は「ビーバームーン」 11月の満月は「ビーバームーン」とも呼ばれます。 アメリカの先住民は、季節を把握するため、それぞれの月に見ることができる満月に名前をつけていました。 Old Farmer’s Almanacによると、この時期は、ビーバーが長い冬に備えて巣作りを始め、また、人々が毛皮にするためにビーバーを捕獲するため罠を準備する季節でもあります。 そのことから、「ビーバームーン」と呼ばれるようになりました。 なお、11月の満月は、ビーバームーンのほかにも、フロストムーンなどと呼ばれることもあります。 気温は下がりそうですが、今夜は室内から、もしくはあたたかい服装で外に出て、夜空を見上げてみてはいかがですか?  
詳しく見る

DEAR KISS、「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」先行配信スタート!

DEAR KISS、「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」先行配信スタート! 【画像はこちら】 DEAR KISSが、本日4月7日(水)より「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」(CDリリースは4月14日)の先行配信をスタートした。 「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」(Global Edition)と銘打たれた配信音源は、同曲の日本語Ver.に加え、中国Ver.、英語Ver.、さらに、CD版収録の「スパークルグリッター」「World Smile」を含めた計5曲入りとなる。 「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」(Global Edition) 配信サイトはこちら! また、先行配信を記念して4月9日(金)20:00よりビクターLINE LIVE公式アカウントにて配信ライブが決定。 同配信ライブでは人気曲をはじめ、「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」英語Ver.をライブで初披露する。 加えて、『ビクターオンラインショップ』にて、「ダンスはキスのように、キスはダンスのように」購入者に先着でプレゼントされるオリジナルブロマイド写真の絵柄28種類も公開。 なお、DEAR KISSは、本日4月7日(水)20:00より、ビクター公式音楽情報番組『月刊#6時のラジオ』にゲスト出演する。 DEAR…
詳しく見る