「GoToトラベル利用者はコロナ発症が2倍」東大チームが初調査 「根拠あり」で菅首相はどうする?(1)

「GoToトラベル利用者はコロナ発症が2倍」東大チームが初調査 「根拠あり」で菅首相はどうする?(1)

「GoToトラベル利用者はコロナ発症が2倍」東大チームが初調査 「根拠あり」で菅首相はどうする?(1)
「GoToトラベル」に執着する菅義偉首相

大阪市や旭川市が医療崩壊して自衛隊の救援をあおぐ事態になっても「GoToトラベル事業」に執着する菅義偉首相。「GoToトラベルによって感染が拡大したというエビデンス(根拠)がないと専門家も言っている」というのが、菅首相の拠りどころだった。

しかし、GoToトラベルキャンペーンの利用者のほうが、利用しなかった人よりも新型コロナウイルス感染を疑わせる症状が多いという調査結果を東京大学などの研究チームが発表した。この専門家の見解を菅首相はどう受け止めるのか。

新型コロナ特有の嗅覚・味覚の異常が2倍多い

今回、研究結果を発表したのは、宮脇敦士・東京大学大学院助教、田淵貴大・大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部副部長、遠又靖丈・神奈川県立保健福祉大学大学院准教授、津川友介・米カリフォルニア大学ロサンゼルス校助教授によって構成される共同研究チームだ。

研究論文は通常、「査読」(論文が学術誌に掲載される前に行われる同じ分野の研究者らによる評価・検証)が行われた後に正式に発表されるものだが、今回は「緊急性が高い」として、査読前の原稿を12月6付でインターネット上に公開した。

研究チームによると、GoToトラベルと感染リスクの関係を示す調査は国内では初めて。菅首相は感染拡大を受けたGoToトラベルの見直しには否定的で、感染拡大の主要因とする「証拠はない」という専門家見解を繰り返しているが、本当に関係ないといえるのかを調査した。

PCR検査による確定診断とは異なるが、嗅覚・味覚の異常など、新型コロナ特有の症状を訴えた人の割合が、GoToトラベルの利用者では、利用していない人に比べて、統計学上、約2倍もの差があることがわかった。

調査は15~79歳の男女約2万8000人を対象に今年8月末から9月末にインターネットで実施した。過去1か月以内に新型コロナを示唆する5つの症状(発熱、咽頭痛、咳、頭痛、嗅覚・味覚異常)を経験していた人の割合との関連を調べた。

その結果、たとえば、嗅覚・味覚の異常を訴えた人の割合はGoToトラベルの利用者で2.6%なのに対し、利用しなかった人は1.7%だった。年齢や健康状態の影響などを取り除く統計処理を施すと、有症率の差は約2倍に上った。発熱や咳、頭痛を含めた計5項目すべてで、利用者のほうが有症率は高かった=下図参照

ところで、菅義偉首相と小池百合子都知事は、東京発着のGoToトラベルについて、「高齢者と基礎疾患を持っている人は自粛してほしい」と要請している。そこで、研究チームは高齢者と基礎疾患と持っている人についても、GoToトラベルとの関連を調べた。

年齢別では65歳未満の若い世代のほうが感染を疑わせる症状を経験している割合が高かった。これは、高齢者のほうが新型コロナ感染を恐れているため、たとえ旅行をしても慎重に行動し、結果的に感染リスクを増加させていなかった可能性があるという。

「高齢者と基礎疾患ある人は自粛して」も効果なし?

また、主要な基礎疾患である「過体重・高血圧・糖尿病・心疾患・脳卒中・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・がん」のうち、少なくとも1つを持つか否かを聞いたうえで、Go Toトラベル利用と有症率との関係を調べた。しかし、基礎疾患の有無と有症率との間で特に関連性は認められなかったという。

こうしたことから研究チームは、

(1)GoToトラベル利用によって新型コロナ感染のリスクが増加した可能性がある。

(2)新型コロナの感染リスクの高い人のほうがより積極的にGoToトラベルを利用している可能性がある。

(3)現在検討されている高齢者と基礎疾患のある人をGoToトラベルの対象外とする方法が、感染拡大のコントロールにあまり有効ではない可能性が高い。

などとして、

「現在のGoToトラベルのやり方は新型コロナ感染リスクの高い集団にインセンティブ(推奨する動機)を与える形となっており、感染者数の抑制のためには、対象者の設定や利用のルールなどについて検討することが期待される」

と訴えるコメントを掲載した。

ただし、研究チームも今回の調査の「限界」として、次の課題を指摘することも忘れていない。

(1)GoToトラベルの利用が直接的に新型コロナ症状の増加につながったという因果関係は断定できない。

(2)新型コロナ症状を持つ人が、必ずしも新型コロナに感染しているわけではない。

(3)GoToトラベルの利用と新型コロナ症状の発生率との間の時系列的関係が不明。

(4)新型コロナ症状を持つ人が、その原因としてGoToトラベルの利用を思い出しやすい可能性(思い出しバイアス=偏見)がある。

などの点だ。

東京新聞(12月8日付)「GoToトラベル利用者 味覚異常など発症2倍」によると、同紙の取材に応じた研究チームの津川友介・米カリフォルニア大学助教授は、こう語っている。

「GoToトラベルの影響を評価することが目的だったので、(新型コロナとの)相関が弱いという結果が出ても公表しようと思っていたが、実際には強い相関が示された。(特に)臭覚や味覚の異常は他の疾患ではあまり認められず、新型コロナである可能性は高い。調査結果を踏まえれば、事業を中止する必要はないと思われるが、感染拡大が落ち着くまでは一時停止を検討すべきだ」

GoToトラベルの一時停止については、政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長も12月6日のNHK番組「日曜討論」で、こう危機感をあらわにしている。

「GoToトラベルも含め、人々の動きと接触を短期間に集中的に減らすことが感染を沈静化するために必須だ。(60歳以下の無症状や軽症の人が都道府県境を越えて移動するケースを挙げ)全く意図せず、感染拡大の重要な原因になっていると分かってきた。早く感染のレベルを沈静化させないと(医療現場が)長くは続かない」

などと、GoToトラベルが感染拡大の要因の1つになっていると認めているのである。

ところが、菅首相は12月4日の記者会見で、来年1月に終了する予定だったGoToトラベルの延長を明言した。また、朝日新聞(12月6日付)「訪日観光、来春にも実証実験検討 小規模、五輪後見据え」によると、来年の東京五輪・パラリンピックを前に、海外からの観光客受け入れの「実験」を開始するという。朝日新聞がこう伝える。

「新型コロナ感染拡大で激減したインバウンド(訪日外国人客)の回復をめざし、政府は来春にも、海外から小規模分散型のツアーを受け入れる検討に入った。ツアーはオリパラとその後に向けた『実証実験』と位置づける。ツアー客には貸し切りバスで移動してもらうなど感染防止策を徹底。中国や台湾など感染状況が落ち着いているアジアからの受け入れを想定する」

「インバウンド推進は菅義偉首相の肝いり政策で、政府はコロナ後も『2030年に訪日客6千万人』の目標を堅持する。一方で『観光客を入れて感染が広がると、オリパラが開けなくなる』(政府高官)として、五輪前に同ツアー以外の観光客の入国は認めない。オリパラの観客を全世界から迎えた後、一般観光客の受け入れを段階的に再開するのが政府の描く道筋だ」

というわけだ。

(福田和郎)

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

「GoToトラベル利用者はコロナ発症が2倍」東大チームが初調査 「根拠あり」で菅首相はどうする?(2)

Next Post

菅内閣にチラつく「早期退陣」の影 コロナ対策で支持率急落、識者の見立ては?

Related Posts

井筒和幸監督、東京コミコン初参戦!8年ぶり新作への思い語る

デロリアンに大興奮だった井筒監督 映画『パッチギ!』『黄金を抱いて翔べ』などで知られる映画監督の井筒和幸が6日、オンライン開催中の「東京コミコン2020」の取材会に出席し、初参加となる東京コミコンや、8年ぶりとなる新作映画『無頼』(12月12日より全国順次公開)について語った。 【動画】映画『無頼』予告編(井筒和幸監督のコメント入り) 井筒監督は、「東京コミコン2020」で行われた楽曲イベント「YANAGIMANショーケース vol.2」にゲスト出演。音楽プロデューサーのYANAGIMANとLINE LIVEがコラボレーションしたステージで、アメコミ作品にまつわるエピソードを披露した。「東京コミコン」初参加となった監督だが、「普段はたくさんの観客がいらっしゃるんでしょ? ステージに立った気分はないよ(笑)」と井筒節をさく烈。「いつもの会場の雰囲気を味わえてないから、来年も参加したい。主催者にもお願いしてきた」と早くも来年度のコミコン参加に意欲を示した。 そんな井筒監督は今週、『黄金を抱いて翔べ』(2012)以来8年ぶりとなる長編映画『無頼』の公開を控える。本作は、高度経済成長、オイルショックやバブル崩壊といった激動の戦後史を、己の信念を貫きながら生き抜いたアウトローたちの群像劇を通して描き出す。キャストには松本利夫(EXILE)、柳ゆり菜、中村達也、ラサール石井、小木茂光、升毅、木下ほうかといった実力派が揃った。 社会のはみ出し者たちを描いてきた井筒監督は、「僕らは『ゴッドファーザー』や『仁義なき戦い』を観て、刺激を受けて育ってきたので、欲にまみれた昭和で、アウトローたちがどうやって生き抜くかを映した」とコメント。「そういった昭和の世界を『ガキ帝国』(1981)以来、見つめてきたわけですから。ここでもう一度、アウトローの視点でその時代を描いた」と監督にとって本作が一つの集大成であると自信をのぞかせた。 また、本作を現代の若者に届けたいとも語った井筒監督。「若い人たちにとって、この映画は生きるためのヒントになると思う。平成になってから氷河世代と呼ばれて、欲がなくなっている。アウトローについて是非を問うつもりはありませんが、昭和の人々は欲望のかぎりを生きた人々。若者にもう少し外に出て、もう少し人と話してほしい。そういったヒントを受け取ってもらいたいですね」と力強く訴えていた。(編集部・倉本拓弥)  
詳しく見る

ユニクロ・柳井氏がウイグル発言で失うものは何か。「ノーコメント」が悪手だった3つの理由

中国の新疆ウイグル自治区をめぐる問題について、ユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が「人権問題というよりも政治問題であり、われわれは常に政治的に中立だ」としてコメントを控えたことが物議をかもしている。 4月8日の決算会見でのこの発言が報じられた後、翌9日の同社の株価は大きく値を下げ、終値は前日比マイナス3090円の8万7890円だった。 新疆ウイグル自治区で採れる綿花は「新疆綿」と呼ばれ、高品質なことで知られているが、背後にウイグル族の強制労働という人権問題が存在することが指摘されている。 一方で、強制労働を批判したり新疆綿の使用を否定したりする企業の製品に対し、中国で不買運動などの反発も広がっている。 中国という巨大なマーケットにおける経済成長と、人権のどちらを優先するのかーー。 踏み絵を迫られるような状況の中で、企業はどう対応するべきなのだろうか。 「ビジネスと人権」の国際的な議論に詳しい佐藤暁子弁護士は、3つの理由から柳井氏が企業としてメッセージを説明すべきだったと指摘する。 ①「政治的に中立だからコメントしない」は強制労働を追認するに等しい NHKなどの報道によると、柳井氏は新疆ウイグル自治区から調達した綿花を使用しているかという記者の質問に対し、強制労働などの問題がある工場との取引は否定したうえで、「これは人権問題というよりも政治問題。われわれは政治的に中立なんで。これ以上発言する政治的になりますんで、ノーコメントとさせていただきます」と回答を控えたという。 改めて同社に取材を申し込んでも、「新疆の問題につきましては、現在国際的に政治問題化してしまっていることから、弊社として関連のご質問へのコメントは差し控えさせていただきたいと思います」と返事が返ってきた。 佐藤暁子弁護士は「政治的だからノーコメントというのは論理的におかしい」と語る。 「企業として中国市場に出てサプライヤーと取引し、中国という社会のあり方の中にあるマーケットで活動して利益を得ているのなら、その社会で起きていることと無関係ではいられません」 「新疆ウイグル自治区で強制労働があることは、国際社会で一定の証拠を持って伝えられているのに、『中立だからコメントしない』というのは、強制労働がある現状を追認しているということになります」 ②目先の中国の売り上げと引き換えに失うものがある 2020年3月にオーストラリアのシンクタンクが公開した調査報告では、ファーストリテイリング社を含む日本企業14社など少なくとも83のグローバル企業が、ウイグル族らを強制的に労働させている中国の工場と取引があったと名指しされた。 これを受けて同社は8月、問題がある工場との取引を否定するコメントを発表。一方で、ウイグル問題については「人権問題を懸念する各種報告書や報道については認識しています」という表現にとどめた。 同様に名指しされたナイキが、取引の否定に加えてウイグル族の強制労働に関して「懸念」を表明するまで踏み込んだのとは対照的だった。 企業がこうしたメッセージ発信を求められる背景には、ビジネス文脈での人権意識の高まりがある。欧米では、民間企業に対し、サプライチェーンなどで人権侵害が起きていないかを確認し是正することを求める「人権デューデリジェンス」が法制化される動きも広がっている。…
詳しく見る

ラウール、大人びた印象のミステリアスな表情…主演映画の私服姿シーン公開

アイドルグループ・Snow Manのラウールが主演を務める、映画『ハニーレモンソーダ』(7月9日公開)の場面写真が7日に公開された。 同作は村田真優による集英社「りぼん」連載作品で、累計発行部数400万部突破の大ヒット作の実写化。中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花(吉川愛)は、その高校を選んだ理由であるレモン色の髪をした三浦界(ラウール)に出会う。2人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密があった。 本作の主人公である、レモン色の髪をしたイケメン高校生・三浦界は、クールで自由奔放な性格でありながらも、同じ中学校出身の高嶺友哉(濱田龍臣)、瀬戸悟(坂東龍汰)、遠藤あゆみ(岡本夏美)らと共に、学校中の人気者。ある日、界はいじめられていた石森羽花を助け、自称「石森係」として、なかなかクラスに馴染めなかった羽花の世話を焼き始める。 普段は何を考えているか分からないクールなキャラクターの界だが、「変わりたい」と願い不器用ながらも一生懸命にもがく羽花の姿を見るうちに、今までにない気持ちが芽生え始め、羽花の前ではいつもと違う暖かい表情を見せるように。徐々に惹かれあっていく。 今回公開された場面写真では、どこか遠くを見つめる少しミステリアスな表情をした界が捉えられた。私服姿のシーンで、制服姿の時よりも少し大人びた印象のクールな界となっている。  
詳しく見る