フワちゃんがポロリ “リモート出演”で仕事への影響が心配な芸人2人

フワちゃんがポロリ “リモート出演”で仕事への影響が心配な芸人2人

芸能界でも新しい日常が根付いてきたが、当初はリモート出演に戸惑った人も少なくなかったよう。

フワちゃんがポロリ “リモート出演”で仕事への影響が心配な芸人2人

突如として「新しい日常」が求められるようになり、上手く対応できた人もいれば、戸惑ってしまったという人も少なくないはず。

15日放送の『有働&水卜の知らなかった!2020』(日本テレビ系)でも、芸能界における「新しい日常」に関する苦労話がこぼれた。

■ノブコブ吉村、リモート出演に苦戦

ゲストたちがそれぞれの「新しい日常」を振り返る中、平成ノブシコブシの吉村崇は、「リモート出演をしないといけないから照明機材とかを買ったんですが、サイズが分からなくて…」と、機材を揃える段階で苦戦したと語る。

サイズをあまり確認しないまま購入した結果、「工事現場で使うやつなんじゃないの? っていう高さです。ナイターやるんじゃないかってぐらいのやつを間違って買っちゃって…」と、“ニューノーマル”の難しさを痛感したという。

関連記事:北斗晶、ちゃっかりパジャマで生放送出演 「恐ろしい格好してます」

■フジモンもリモートに苦戦?

吉村の失敗談に、共演者からは「フワちゃんに相談すればよかったのに」との声も。するとフワちゃんは「吉村とフジモン(FUJIWARA・藤本敏史)は本当にリモートで仕事なくしたって聞いたよ」とポロリ。

突然飛び出したどストレートな手厳しい言葉に、吉村は大爆笑しつつも「なくした! 仕事、見事に失いましたね」と、実際に仕事に大きな影響が出ていることを明かした。

■テレワークで仕事に支障が出た人は…

スタジオは爆笑に包まれていたが、テレワークに切り替わり、勝手が分からず苦労したという人は決して少なくない。

しらべぇ編集部が、全国に緊急事態宣言が発出されていた今年4月24日~27日にかけて、全国の10代~60代のテレワーク経験のある男女323名を対象に実施した調査では、全体で22.3%の人が「テレワークの勝手が分からず仕事に支障が出た」と回答している。

フワちゃんがポロリ “リモート出演”で仕事への影響が心配な芸人2人

多くの人が、戸惑いながらも懸命に新しい日常と向き合ってきたことがわかる。

■テレワークにも様々な悩みが

インターネット上でも、テレワークに切り替わったと思しきユーザーたちから、日々様々な悩みもつぶやかれている。「朝からテレワーク用の機材トラブルで苦戦中」「来週からテレワークのつもりだったけど機材の準備が遅れそう…」など、吉村と同じく機材問題に悩まされている人は少なくない様子。

また、コミュニケーション不足や「テレワーク、メンタルがきつい」と精神面への影響も懸念されており、この問題については様々なメディアが報じている。

吉村が誰かに相談していれば適切な機材を買うことができたように、悩んでいることは1人で抱え込まず、些細なことでも、誰かにSOSを出すことは大切なことだろう。

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日
対象:全国10代~60代テレワーク経験がある男女323名(有効回答数)

 

Total
1
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

きゃりー、チョコレートラーメンに興味津々 幸楽苑に全力エール

Next Post

有働アナ、小池都知事の女性キャスターへの態度に「厳しくない?」 思わず本音

Related Posts

明日花キララ、森咲智美、なっちー、バズる企画を作る! 新番組『キラ×バズTV!?』OAスタート

明日花キララ、森咲智美、なっちー、バズる企画を作る! 新番組『キラ×バズTV!?』OAスタート 明日花キララ、森咲智美、なっちーがメインキャストを務めるTOKYO MX『キラ×バズTV!?』が、4月6日(火)より放送をスタートする。 同番組は、恋愛、音楽、エンタメ、マネーなどさまざまなジャンルのゲストを迎え、話題のバズる企画を作り上げていくバラエティ番組。 MCを務めるのは、“10~20代の女性がなりたい顔No.1”の明日花キララ。 また“日本一エロい エロすぎるグラビアアイドル”森咲智美、ダンスボーカルグループ・TiiiMO所属の“人気TikToker”なっちーがアシスタントとしてレギュラー出演する。 さらに、カミナリが4月マンスリーゲストとして登場。番組の初回を華やかに盛り上げる。 バズる企画を作り上げる「バズ×ラボ」コーナーには、ラッパーのACEが出演。明日花、森咲、カミナリがラップバトルに挑戦する。 加えて、思わず胸キュンしちゃうような動画を撮影する「胸キュンTikTok」のコーナーには、ドラマや映画で活躍中のイケメン俳優・中島健、藤田富が登場。『キラ×バズTV!?』でしか観られない豪華ゲストの一面も観られるとのこと。 そのほか、「プレ×バズ」コーナーもお届け。今バズっている/これからバズる商品をいち早く紹介するほか、視聴者へのプレゼントも。 なお同番組は、TOKYO MXが映らない地域のために、WEB配信も実施。 また、WEB限定の『キラ×バズTV!?WEB』が毎週金曜21:00に配信される。YouTube公式チャンネル、ビデオマーケット、GYAO!、番組公式サイト内でも視聴可能だ。 ※WEB配信『キラ×バズTV!?WEB』は、4月9日(金)が初回になります。 『キラ×バズTV!?』4月出演者 『キラ×バズTV!?』…
詳しく見る

江野沢愛美、オススメGUコーデ動画 実弟登場に「江野沢姉弟尊い!」「ほっこり幸せ」

江野沢愛美、オススメGUコーデ動画 実弟登場に「江野沢姉弟尊い!」「ほっこり幸せ」 江野沢愛美が、自身のYouTubeチャンネルに「【男子必見】メンズファッション!秋におすすめしたいGUコーデ【GU】」を公開した。 『non-no』専属モデルで、現在Abema TV『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss On The Bed~』(以下『ドラ恋』)に出演中の江野沢。 今回の動画では、タイトルどおりGUコーデを紹介していくことになったが、モデルとして江野沢の実弟が登場。 この展開に、動画の視聴者からは、 「江野沢姉弟尊い!」 「姉弟の絡みが見れてほっこり幸せ」 「(ファンの方の)彼氏がこれを見て買いに行くって言ってました!」 といったコメントが寄せられた。 江野沢のYouTubeチャンネル『江野沢愛美のわたしらしいこと』では、『ドラ恋』初日のモーニングルーティンやルームツアー、カレンダーメイキングなど、モデルならではの企画をはじめ、なかなか見ることのできないプライベートや仕事の裏側など、さまざまな動画を公開している。 江野沢愛美 江野沢愛美  
詳しく見る

「鬼滅の刃」<柱合会議・蝶屋敷編>の全国ネット放送が決定

フジテレビ系では、人気アニメ「鬼滅の刃」の第22~第26話を「『鬼滅の刃』<柱合会議・蝶屋敷編>」と題して、12月20日(午後6:59)に放送することが決定した。 人気さなかに惜しまれつつ今年5月に「週刊少年ジャンプ」での連載が完結し、12月4日には最終巻となる23巻が発売され、シリーズ累計発行部数が1億2000万部を突破した漫画「鬼滅の刃」。昨年テレビアニメ化され、人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟(けんげき)、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、LiSAが歌う主題歌「紅蓮華」ともども大ヒットした。10月に公開された「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は公開3日で、日本国内で公開された映画の動員数・興行収入の歴代1位を記録。公開から10日で興行収入100億円を最速記録で突破すると、公開から52日間で観客動員数は2152万人、興業収入は288億円を越え、日本における興行収入の歴代2位となっている。 作品の舞台は、大正時代。親兄弟を人食い鬼に殺された少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう/声・花江夏樹)が、唯一生き残るも、鬼となってしまった妹の竈門禰豆子(ねずこ/声・鬼頭明里)を人間に戻す方法を探すため、鬼たちとの戦いに身を投じる物語。19年に放送されたテレビアニメ「~竈門炭治郎 立志編」では、炭治郎が禰豆子と共に旅立ち、鬼を討つ組織・鬼殺隊(きさつたい)に入隊。時を同じくして隊に入った仲間・我妻善逸(あがつまぜんいつ/声・下野紘)や嘴平伊之助(はしびらいのすけ/声・松岡禎丞)、そして“柱”と呼ばれる強力な剣士たちと出会い、鬼の始祖である宿敵・鬼舞辻無惨(きぶつじむざん/声・関俊彦)を倒す決意を固めながら、鬼殺隊士として成長していく姿を描いている。 「竃門炭治郎 立志編」の完結編であり、現在空前の大ヒットを記録している劇場版へと続くストーリーだ。劇場版にも登場する炎柱・煉󠄁獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう/声・日野聡)をはじめとする“鬼殺隊”の主軸をなす最強剣士である“柱”たちが、初めて一堂に会し登場する“柱合会議”を含む重要エピソードとなっている。炭治郎が隊士でありながら鬼となった妹・禰󠄀豆子と共に行動していることに対して“隊律違反”を犯したと“柱”たちから裁判を受ける。また、那田蜘蛛山で負傷した炭治郎と善逸、伊之助の“蝶屋敷”での修行模様などを描いている。 なお、<柱合会議・蝶屋敷編>は、今回の放送のために制作された新規映像を追加した特別編集版。キービジュアルはアニメーション制作を手掛ける総合映像プロダクション「ufotable」が今回のために特別に描き下ろした新作ビジュアルで、新たな描き下ろしによる新規提供イラストやスペシャルエンドロール、新作映像も加わる。 さらに、放送を見ながら楽しめる、豪華プレゼントが当たるデータ放送プレゼント企画「鬼滅の刃キャラクターコレクション」も実施される。  
詳しく見る