窪田正孝のアドリブ力を西野亮廣が絶賛!芦田愛菜も共演に感謝

窪田正孝のアドリブ力を西野亮廣が絶賛!芦田愛菜も共演に感謝

窪田正孝のアドリブ力を西野亮廣が絶賛!芦田愛菜も共演に感謝
声優共演した芦田愛菜と窪田正孝

窪田正孝芦田愛菜が25日、TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された『映画 えんとつ町のプペル』の初日舞台あいさつに製作総指揮・原作・脚本の西野亮廣キングコング)とともに出席。窪田が西野からアドリブ演技に「すごく救われました。完璧でした」と感謝の言葉を送られる一幕があった。舞台あいさつには小池栄子大平祥生JO1)、廣田裕介監督も出席した。

超絶美しい!『えんとつ町のプペル』ビジュアル【画像】

西野が2016年に発表した同名の絵本をアニメ映画化した本作は、煙に覆われた町を舞台に、星を信じるえんとつ掃除人の少年ルビッチと、ゴミから誕生したゴミ人間プペルの冒険を描く物語。声優としてプペル役を窪田、ルビッチ役を芦田がそれぞれ担当した。

初日を迎えたこの日、本作の試写会などでも観客の反応がよく、スタンディングオベーションが起こることもあったという話題がのぼる。窪田は好評であることを喜びながら「愛菜ちゃんが素晴らしすぎて頭が上がりません。愛菜ちゃんがいることで(プペルをどう演じるかを)導いてもらえたんです。僕にとって、監督は愛菜ちゃんや西野さんも含めて3人いる感じだった」と芦田の功績を称えた。

芦田も「プペルとルビッチの友情が素敵な映画。わたしも友達を大事にしたいなと思える作品でした。友達について考えさせられるので、たくさんの人に知ってもらいたい」と感想を述べる。窪田に対しては「一緒に録音させていただいたところで好きなシーンがたくさんあるんです。一緒に演じることができたおかげで、ルビッチの心境に入ることができた気がします」とこちらも感謝の気持ちを明かす。

窪田正孝のアドリブ力を西野亮廣が絶賛!芦田愛菜も共演に感謝
製作総指揮・原作・脚本の西野亮廣

そんな2人の頑張りを西野も絶賛。「この2人で本当によかった」と笑顔を見せ、「声を入れるにあたって、ルビッチとプペルの声に微塵の嘘もあってはいけないと思っていたんです。非常にピュアな方で本当によかった」とコメント。特に窪田については「けっこうアドリブを入れてくださるのですが、これが面白くて。(アドリブは)むちゃくちゃ採用しています。そこにもすごく救われました。完璧でした」と賛辞を送った。

また、ルビッチの元友達のデニスに声を吹き込んだ大平は「(声優は)初めてだったのでむちゃくちゃ難しかったです。西野さんが助けてくれて、なんとかできました。終わった後はホッとしました。映画も見てむちゃくちゃ泣きました」とニッコリ。西野も「大平さんはすごく練習してきてくださった」と奮闘ぶりを紹介した。(取材・文:名鹿祥史)

『映画 えんとつ町のプペル』は公開中

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

吉沢亮、就寝前にラーメンとビール 主演映画で役づくりのため増量

Next Post

香取慎吾&山本耕史、16年ぶりドラマ共演 親友同士が元同僚の設定でバトル

Related Posts

美しき主人公が次々と異物を飲み込む衝撃作、予告編公開

『Swallow/スワロウ』より – (C)2019 by Swallow the Movie LLC. All rights reserved. 孤独な主人公が異物を飲み込むことで自分を取り戻していくさまを追う衝撃のスリラー『Swallow/スワロウ』(2021年1月1日公開)の予告編が公開。主人公が次々と異物を飲み込んでいくショッキングなシーンが見られる。 『Swallow/スワロウ』衝撃の予告編 本作は、監督のカーロ・ミラベラ=デイヴィスが、自身の祖母が強迫性障害により手洗いを繰り返すようになったというエピソードに着想を得た物語。『イコライザー』『マグニフィセント・セブン』『ガール・オン・ザ・トレイン』などのヘイリー・ベネットが製作総指揮、主演を務め、夫や義父母からの重圧に苦悩する主人公ハンターを演じる。 このコレクションは一体…… 予告編は、ハンターの夫の昇進パーティーからスタート。裕福で何不自由ない暮らしを送り、妊娠も発覚して幸せの絶頂だったはずのハンターが、孤独にさいなまれ、ある行動を起こすようになっていく過程が収められている。夫や義理の両親からは蔑ろにされ、「私は本当に幸福なのか?」と深く苦悩するハンターは、思い立ったかのようにケースの中のガラス玉を手に取り口へ。異物を飲み込むときの様子を尋ねられると、「いい気持ち。冷たい金属の感触が特に好き」と晴れやかな表情。その衝動はエスカレートし、最後には鋭利で長い螺子回しを口元へ運んでいく……。 美しい主人公を写した場面写真には、ガラス玉を口にしたり画鋲を手にした不穏なカットもみられる。(編集部・石井百合子)  
詳しく見る

八木竜一&山崎貴監督、懐かしくて新しい『STAND BY ME ドラえもん』シリーズでの挑戦

『STAND BY ME ドラえもん 2』で共同監督を務めた八木竜一と山崎貴 国内興行収入83.8億円を記録した3DCGアニメーション映画『STAND BY ME ドラえもん』で共同監督としてタッグを組んだ八木竜一と山崎貴の両監督。「ドラえもん」50周年を記念して製作された『STAND BY ME ドラえもん 2』では「懐かしくて新しいものを作る」という前作が掲げていたスローガンをさらに進化させた。両監督が作品や新時代のクリエイターたちへの思いを語った。 『STAND BY ME ドラえもん 2』キャラ一覧!【画像】…
詳しく見る

Windowsスマートチューニング 第480回 Win10編: 「設定」のヘッダーを削除する

こんにちは、阿久津です。Windows 10 バージョン20H2の「設定」には、サインインしているユーザーやコンシューマー版OneDrive、Windows Updateの状態を示すヘッダーが加わりました。正確には同バージョン20H2のリリース前後で機能が加わり、同バージョン2004や同バージョン1909でも確認できます。 デスクトップ領域が狭い環境では使い勝手が悪くなるという意見もあれば、各アイコンがリンクを兼ねているため、筆者のように便利に使っているユーザーも少なくありません。それでもヘッダーが不要だと感じるユーザー向けに、今回は「設定」のヘッダーを削除するチューニングをお送りしましょう。 1. レジストリエディターを起動し、HKEY_LOCAL_MACHINESYSTEMCurrentControlSetControlFeatureManagementOverrides44095660171キーを開きます(ない場合は作成します)。 2. DWORD値「EnabledState」を作成し、データを「1」に変更します。 3. DWORD値「EnabledStateOptions」を作成し、データを「1」に変更します。 4. レジストリエディターを終了させ、Windows 10に再サインインします。 以上でチューニングが完了しました。「Win」+「I」キーを押すなどして「設定」を起動しますと、ヘッダーが非表示に切り替わったことが確認できるでしょう。 「設定」のヘッダーはWindows 10 Insider…
詳しく見る