ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

インディー開発者・ほたらいず(Hotarise)は、ドット絵で描かれる町の領主となる町復興シミュレーションゲーム「Dottania」(ドッタニア)のiOS版を、App Storeにて本日12月30日より配信する。

App Store内定価は730円だが、リリースから6日間、2021年1月4日(月)までリリース記念セールとして490円で提供。Google Playで先行リリースされたAndroid版も、同期間リリース記念セールとして489円で提供される。

「Dottania(ドッタニア)」は、目的も能力も違う主人公から1人を選んで、領主として町の復興をすすめるゲーム。焼け落ちた建物を建て替えて領民を安心させる者、アイテムを開発して領民の信用を得ていく者など、進む方向性は主人公ごとに異なり、それぞれに異なるミニゲームも用意されている。

また、各国はそれぞれに異なる文化を持ち、選んだ領主によって異なる風景が楽しめる。「Dottania(ドッタニア)」の名前の元となった、こだわりのドット絵を楽しもう。

ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

リリース時には「雪の国 Snowen~ミスティ編~」、「和の国 Lawan~マスミ編~」の2人の主人公が選択できる。主人公はアップデートで今後追加予定だ。

なお、Google Playリリース以降、移動改良や補助キャラ追加などを行い、より遊びやすくパワーアップしているとのこと。

■雪の国 Snowen~ミスティ編~

ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

一年中雪が降りそそぐ国 Snowenは、新興宗教「デストローダ」によって北部を荒らされて危機に瀕しています。雪の国の第一王子ミスティは、北部の領主として町を復興するために派遣されますが……彼は争いごとや外の世界に関心のない箱入り王子。果たしてうまく町を復興できるでしょうか。

ミスティ編では、焼け落ちた建物や施設を建て直し、復興した町を探索する「Dotania」の基本的な遊びと、釣りで魚図鑑をコンプリートするミニゲームを楽しめます。

ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

■和の国 Lawan~マスミ編~

ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

竹に覆われた温暖な国 Lawanは、女王ツクヨによって国中の男性を追放する「男性排斥令」が発せられ大混乱。主人公のマスミは追放された父に代わって領主となったとして町を治めながら、全国民から男性排斥令撤回の署名を集めることになります。

マスミ編では、領内にいる発明家スミレの力を借りて新しい技術や品物を開発できます。開発した品物で領民の悩みを解決し、信頼を得て署名を集めてください。

ドット絵の街を復興させて散策する「Dottania(ドッタニア)」のiOS版がリリース

■「Dottania」の特徴

・領内に好きな建物や施設をたて、お気に入りの領民を働かせられます。
・復興させた町を自由に歩き、領民と話したり、買い物をしたりできます。
・ドット絵で描かれるさまざまな国のさまざまな風景が楽しめます。
・各主人公に異なる目的、能力、ミニゲームが用意されています(リリース時は2名)

■「Dottania(ドッタニア)」アプリ情報

ジャンル:復興シミュレーションゲーム
価格:
App Store 定価730円(※2021年1月4日(月)までリリース記念セールで490円)
Google Play 定価700円(※2021年1月4日(月)までリリース記念セールで489円)
対応言語:日本語、英語
公式PV:https://youtu.be/0STmsQntpHg
App Store:https://apps.apple.com/us/app/dottania/id1543588123
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.Hotarise.Dottania
公式サイト:http://hotarise.info/dottania/
Twitter:https://twitter.com/Hotarise_Info

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

「ロックマンX DiVE」に晴れ着姿のシナモンが登場!ダイヴカプセル「謹賀新年」開催

Next Post

「SINoALICE」でアリス、シンデレラ、ドロシーの新たなジョブ「聖の精霊」が登場するステップアップガチャが開始!

Related Posts

ミスド史上初「エンゼルクリーム」のアイスバーが登場! 再現度の高さに衝撃 

16日からコンビニ限定で、ミスタードーナツのエンゼルクリームをイメージした「ミスタードーナツアイスバー」(162円・税込)が、森永製菓より新発売。早速fumumu記者が実食してみました! 画像をもっと見る ■ミスド史上初のアイスバー ミスタードーナツのロングセラードーナツ「エンゼルクリーム」をイメージしたアイスバーである今回の新商品。実はミスタードーナツの商品をイメージしたアイスは史上初なのだそう! あの、定番ドーナツの味わいがどんな風に表現されているのか、気になるところですね…。 関連記事:クリスピードーナツからチーズケーキ好き必見の新商品! 2種食べ比べレポ ■再現方法にこだわり 粉砂糖がたっぷりかかったまるい形がホッコリする「エンゼルクリーム」は、中に軽くてなめらかな食感のホイップクリームが入っているドーナツです。今回、アイスのベースになっているのは、そのホイップクリームなのだそう。 また、ホイップクリーム風アイスの周りにはチョコレートをコーティング。さらにチョコレートの中には、ラングドシャクランチとドーナツ風味チップを混ぜ込み、ドーナツの生地や粉砂糖を表現しているそうです。 風味やクランチなど、「エンゼルクリーム」をかなり細かく再現しているようですね! ■本当にエンゼルクリームのよう 早速開けてみると、色合いからすでにエンゼルクリームの雰囲気が! 中のホイップクリームアイスも真っ白で、食べてみると確かにホイップクリームの味が。ただのミルクアイスではなくて、ホイップクリーム独特のふわっとした軽い食感とやさしい甘さを感じます。食感は冷凍したホイップクリームのよう。 さらに、こだわりが詰まったチョコレートコーティングも絶品。たくさん混ぜ込まれたラングドシャクランチは、シャリシャリ食感。ドーナツ生地の味わいになっているドーナツ風味チップからは、ザクザクした食感が楽しめます。 再現度高めのハイクオリティなアイス。12月までの期間限定、無くなり次第終了だそうなので、お早めのチェックをおすすめします! (文/fumumu編集部・Nami)  
詳しく見る

HIKAKINと高梨沙羅の“共通点”に驚き「めちゃくちゃ才能の塊!」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ  人気ユーチューバーのHIKAKINが12月24日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演。スキージャンプ女子の選手・高梨沙羅との意外な関係を明かした。 新潟県出身だというHIKAKINは、小学生時代から10年間、スキーのジャンプ競技をしていたことを明かす。「学生生活の思い出がスキーしかなくて、トレーニングで追い込んでました。今でも夢に見るんですよ」というくらい、競技に打ち込んでいたという。 また、高梨と一緒に合宿に参加したこともあるといい、「僕がたぶん中学生くらいの時に、沙羅ちゃんが小学1年生くらいとかで、一緒に合宿して、一緒にご飯も食べてたんです」と明かした。 HIKAKINの意外な才能に驚きの声 このエピソードに、ネット上では 《え、HIKAKINってジャンプ競技やってたんだ。知らなかったわ~。しかも沙羅ちゃんと一緒に練習してたとかかなり本格的だな》 《年の差あるけど、高梨沙羅と一緒に合宿ってすごいな。沙羅ちゃんはこの頃から頭角を現していたのかな》 《HIKAKIN、中学時代は全国大会で8位に入ったんだって。意外と運動神経いいんだな。驚いたわ~》 《HIKAKINってめちゃくちゃ才能の塊なんだな! オリンピック目指せるレベルのスキージャンプの実力あったとか知らんかった》 などと、大きな反響を呼んでいる。 「HIKAKINは雪の多い上越地方で育ち、幼少期からスキージャンプをしていて、小学生の頃の夢は『スキージャンプでオリンピックに出場すること』だったそうです。HIKAKINという名前は、スキージャンプの先輩から、本名の〝光〟をもじって〝ヒカキン〟と呼ばれたことから命名したと、自身の動画で明かしています。ファンの間では、HIKAKINが高梨のフォームチェックのパートナーを務めていたことは有名な話ですね。高梨はテレビ番組でHIKAKINの印象を『面白くて優しいお兄さん』と語っています」(ネットニュースサイト編集者) HIKAKINは、ワールドカップで男女通じて歴代最多の56勝を上げた高梨について「僕が上京しているころにいきなりガッと(活躍し始めた)。まさかこんなすごいことになるとは。ビックリしました」と発言した。 高梨も今や、同じ感想をHIKAKINに対して抱いているのではないだろうか。  
詳しく見る