心中未遂から70年…恋人同士だった女性たちの人生描くコミック『夢の端々』

心中未遂から70年…恋人同士だった女性たちの人生描くコミック『夢の端々』

なぜ彼女たちは心中を選んだのか。“未遂”後の70年にわたる恋と人生。

心中未遂から70年…恋人同士だった女性たちの人生描くコミック『夢の端々』

「百合マンガは読むのも描くのも好きですが、若い人同士の“百合のその後”を描いてみたかったんです」

百合のその後として冒頭で描かれる時代は、2018年。認知症で一緒に暮らす家族のこともわからなくなりつつある85歳の伊藤貴代子のもとに、同い年とは思えないほど若々しい園田ミツが訪ねてくる。お互いの近況など他愛もない会話を楽しむふたりは、70年ほど前の女学生時代に心中を図り、世間を騒がせた恋人同士だった。

「最初に思いついたのは、時間が遡る設定です。だいぶ前のことなのですが、現代から過去に戻っていくお芝居を観て、いつか自分もマンガでやってみたいと思っていました」

1話目で読者に明かされるのは、85歳の貴代子が鍵付きの日記帳のなかに“指”を大事に隠し持っていること。たしかに彼女の左手の小指は第一関節から先がなく、ひ孫には戦争で失くしてしまったと説明する。そしてミステリーのような雰囲気を漂わせながら、ふたりの間に何が起こり、どんな思いで心中に至ったのかが少しずつ語られていく。

「認知症の方は最近のことから忘れていき、昔のことは比較的覚えているといわれるので、忘れる順に描きたいという思いもありました」

時代を遡って描くにあたり、須藤さんは最初に年表を作成。彼女たちが出会った戦後間もなくから現代までに日本で起こったことと、ふたりの人生を一覧にしてプロットを組んだ。内気でどことなく影のある貴代子と、快活で男勝りなミツは、月と太陽のように呼応し合うキャラクターだ。女性は学校を卒業したらほんの少し外の世界を見て、ほどよい頃に結婚して家庭に入るのが一番の幸せと考えられていた時代。女性同士の恋愛はおろか、自立して生きることさえ大きな困難を伴う時代に、貴代子とミツはお互いを思い続けながらそれぞれの人生を選択していく。

「未来を先に描いているので、過去をどう描くかかなり悩みました。心中するまでは、夢の中というか幻覚のようなイメージで、心中未遂後は社会に出て、現実が少しずつ見えてくるイメージで描いています」

ふたりが見ていた長い夢と現実から、こぼれ落ちる記憶の断片。同時代を生きた女性たちの息づかいまで聞こえてきそうな作品だ。

心中未遂から70年…恋人同士だった女性たちの人生描くコミック『夢の端々』

『夢の端々』 上・下戦後の女学校時代、心中を図った貴代子とミツ。未遂後、見合い結婚をした貴代子と、起業して独身を貫いたミツ、それぞれの人生が離れては重なる一代記。祥伝社 各880円 ©須藤佑実/祥伝社フィールコミックス

すどう・ゆみ マンガ家。『ミッドナイトブルー』『みやこ美人夜話』など短編に定評あり。初の上下巻となる本作では、新たな魅力を垣間見ることが。

※『anan』2020年12月30日-2021年1月6日合併号より。写真・中島慶子 インタビュー、文・兵藤育子

(by anan編集部)

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

セガ エンタテインメント、「株式会社GENDA SEGA Entertainment」へ社名変更

Next Post

彼が「見たくなかった」と呆然… 彼女の家に泊まったときに「彼がドン引きしたモノ」4つ

Related Posts

西武・熊代聖人 FA権行使して残留「ライオンズのために一日一日過ごしていきたい」

熊代聖人 西武は1日、ムードメーカーの熊代聖人外野手(31)が国内FA権を行使して残留が決まったことを発表した。 熊代は球団を通して「埼玉西武ライオンズでここまでプレーをしてきた中で、まさにライオンズファンの応援や後押しというのが僕の力の源でした。これからも、このチームの一員としていることの幸せとこのメンバーで勝つ喜び、そういった想いをこの先もずっと感じながら、ライオンズのために一日一日過ごしていきたいという気持ちです」とコメント。 続けて「この度、監督、コーチ、そして支えていただいた数多くのスタッフの皆さまのお陰でこのような権利を取得できたことは大変うれしく誇りに思います。宣言残留という形で、これからもライオンズに貢献し、ファンの皆さまにはたくさんの笑顔を届けられるよう、一生懸命頑張っていきます!」とプロ入り9年目で獲得したFA権取得への喜びを語った。 熊代は2010年のドラフト6位で王子製紙から西武入団。9年間で打率2割2分5厘、0本塁打、29打点、15盗塁と数字は残していないが、恒例となっている試合前の声出しなどでナインを和ませるムードメーカーとして存在感をアピールしてきた。  
詳しく見る

石原裕次郎・まき子夫妻の半生を描く「裕さんの女房」で松下奈緒と徳重聡が共演

松下奈緒と徳重聡が、2021年3月にNHK BS4Kで先行放送、4月にNHK BSプレミアムで放送される特集ドラマ「裕さんの女房」(日時未定)で石原裕次郎・まき子夫妻を演じる。 1987(昭和62)年7月17日に、俳優・石原裕次郎さんがこの世を去った。そして2021年1月には、生前の石原さんが設立し、映画やテレビの世界に新風を巻き起こした「石原プロモーション」が58年の幕を閉じる。石原さんの没後、「石原プロモーション」を支え、彼の存在を守り続けたのが、妻のまき子さんだった。本作は、“スーパースター・石原裕次郎”の“女房”であり続ける女性の愛の物語で、石原夫妻の怒濤(どとう)の半生を描く。 映画界のトップ女優・北原三枝として活躍していたまき子さんは、結婚を機に女優を引退。破天荒でやんちゃな石原の妻でしか知ることのできない夫の素顔に触れ、無二の理解者としてスーパースターを輝かせ続けることが、自分の役割だと腹をくくった。ドラマでは、まき子さんだけが知っている石原の素顔や秘められた夫婦の生きざま、さらに苦難と成功、借金と再起、病魔など次々と襲いかかる試練に立ち向かい、羅針盤であり続けた妻・ まき子さんの姿を中心に映し出す。  
詳しく見る

お通夜やお葬式のマナーとは?女性が気をつけたい服装・振る舞い

大人として身につけておきたい冠婚葬祭のマナー。中でもお通夜やお葬式はいつ機会がやってくるかなかなか予想がつかないため、日頃の準備がそのまま立ち居振る舞いに現れがちです。さらに男性と比べると、女性はメイクやアクセサリーなどさまざまなポイントに気をつける必要があります。 まずは喪服の基本からご紹介します。 立場でも変わる喪服・ブラックフォーマル 喪服は格式が高い順に正式礼装、準礼装、略式礼装の3つに分類されます。お通夜か葬儀か告別式か、あるいは遺族なのか参列者なのか、など状況や立場によって適した服装は変わります。 基本的には黒一色で、肌の露出が少なく体のラインが出にくいものを選びます。また、毛皮や特徴的な革製品など、殺生を連想させるものはふさわしくありません。 正式礼装 格式のもっとも高い喪服が正式礼装です。葬儀や告別式の場で、主催側である遺族や三親等(本人のおじ・おば、甥・姪、ひ孫、それらの配偶者など)までの親族が身につけます。 女性が和装をする場合、五つ紋付きの黒無地の着物を選びます。洋装ならばワンピースやアンサンブル、スカートスーツです。素材は光沢や透けのないものにしましょう。 正式礼装は喪主や喪主に近い立場の親族が着るものであり、参列者が着ていくのはマナー違反であることに注意してください。 ただし、逆に遺族や親族が準礼装でもマナー違反にはなりません。近年では主催側が準礼装を着ることも増えてきています。 準礼装 正式礼装からひとつ格式の下がった喪服が準礼装です。一般的に喪服と聞いてイメージすることが多い服装がこちらです。一般の参列者としてうかがう場合は、準礼装を選びましょう。 和装であれば三つ紋や一つ紋付きの地味なものが準礼装に該当します。洋装の場合は正式礼装と同じく、ワンピースやスカートスーツです。派手なものはいけませんが、準礼装はややデザインが柔軟で、控えめなレースがついたものなども着ることができます。 突然のお通夜で喪服の準備がない時は? 思いがけず訃報を受け取った場合、お通夜にうかがいたくてもすぐには正式礼装や準礼装の用意ができない場合があります。そんな時は喪服でなくても、黒やグレー、紺など地味な色のワンピースやスーツを略式礼装として着ていくことができます。パンツスーツも含まれます。 お世話になった人の仮通夜やお通夜では、まず駆けつけることの方が大切です。また、喪主側から「平服でお越しください」と指定される場合もあります。 靴と鞄にも気配りを 靴の選び方…
詳しく見る