東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは

【第93回】(日本)

日本の大手映画会社がコーポレートパートナーとして携わっている東京国際映画祭(以下、TIFF)と、それに対抗する形でアジアのインディペンデント作品をフィーチャーし、2000年に誕生した映画祭「東京フィルメックス」(以下、フィルメックス)。その2つの映画祭がまさかの手を結び、フィルメックスはTIFFとの共催となった。その目的と変化は? 第21回(10月30日~11月7日)について市山尚三ディレクターに聞いた。(取材・文:中山治美、写真:東京フィルメックス)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
オープニング作品『愛のまなざし』の舞台あいさつを行った(写真左から)片桐はいり、中村ゆり、中村トオル、杉野希妃、万田邦敏監督(東京・有楽町の朝日ホール)。

東京フィルメックスの公式サイト

TIFF共催のメリットとデメリット

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
特別招待作品『平静』のQ&A。司会の市山尚三さんと出演者の女優・渡辺真起子がいる東京・六本木のスタジオと、ソン・ファン監督(写真中央)のいる中国をネットでつなぎ、東京・有楽町の朝日ホールのスクリーンにその模様が映された。

TIFFとフィルメックスの提携は2020年8月に発表された。2019年にTIFFのチェアマンに就任した国際交流基金理事長(当時)の安藤裕康氏からの提案で、目的は映画界の連帯強化。フィルメックスを、カンヌ国際映画祭の併設部門としてフランス監督協会が独立性を持って主催している「監督週間」のような位置付けととらえて「共催」とした。フィルメックスも映画関係者の評価は高かったが、スタート時からの主力スポンサーだったオフィス北野が2018年に撤退し、それを引き継ぐ形で特別協賛となった木下グループもわずか1年で手を引くなど屋台骨がぐらついていた。フィルメックスにとってもTIFFのサポートは渡りに船だったとも言える。同時に市山ディレクターは作品選定コミッティメンバーとして、TIFFにも携わった。

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
東京国際映画祭との共同開催を「やってよかった」と語る東京フィルメックス市山尚三ディレクター。

共催のメリットは大きく2つあるという。1つは人材の交流だ。

「TIFFのゲストと、フィルメックスに参加している若手監督や、タレンツ・トーキョー(フィルメックスの関連事業である映像人材育成プロジェクト)の参加者が交流し、さまざまなネットワークを構築できること。若手はなかなか海外セールス会社などと知り合う機会がないのでできるだけタレンツ・トーキョーの講師陣をそうした方々にお願いしているのですが、そう何人も招聘(しょうへい)できません。何せノウハウはあるけど、予算がないという映画祭なもので(苦笑)。一方でTIFFやTIFFCOM(TIFFのマーケット部門)では世界中から多くの業界関係者が参加しているのですが、その方たちと若手監督をつなげる人がいないので、わたしが入ることで紹介することができると思っています。ただ今年はタレンツ・トーキョーもTIFFCOMもオンライン開催になってしまったので形として見えることはありませんでしたが、リアルに開催ができるようになったときには効果が表れるのではないかと思っています」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
特別招待作品の原一男監督『水俣曼荼羅』のQ&Aはコロナウイルス感染予防対策で前列2列を空けて行われた。(東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテ)

もう1つが認知度のアップ。TIFFと共催となったことで今まで取り上げられることのなかったメジャー媒体でもニュースが報じられたという。

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
授賞式で賞状を受け取った(前列左から)池田暁監督、春本雄二郎監督。後方は審査員の(写真左から)万田邦敏監督、映画評論家・クリス・フジワラ、同トム・メス、プロデューサーのエリック・ニアリ、アンスティチュ・フランセ日本 映画プログラム主任・坂本安美。(東京・有楽町の朝日ホール)

「これは目に見える形で表れたメリットで、SNSでTIFFは知っていたけどフィルメックスを初めて知ったという方もいました。コアじゃない、ライトな映画ファンにも届いた。海外でも、TIFFのように国際映画製作者連盟(FIAPF)公認映画祭は渡航費などの助成支援の対象となる国もあり政府関係者にも知られていますが、フィルメックスを知らないという人もいます。ある種の認知度につながったのではないかと思っています」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
コンペティション審査員長の万田邦敏監督。

デメリットはTIFFと同時期開催(TIFFは10月31日~11月9日)となったことで、映画ファンやメディアから掛け持ちは無理と多数の声が寄せられたことだ。一応、TIFF側と協議し、人気の高いアジアの巨匠作品の上映スケジュールが重ならないよう配慮はしていたという。

「それは本当に申し訳なく思っています。ただ今回、コロナウイルス感染予防を考慮して会場に来られない方、上映スケジュールが重なって観られないという方の不満解消のために開催後のオンライン配信を実施しました。1,000人ぐらいの視聴者を予想していたところ、それを上回る1,413人の方にご利用いただいた。やってよかったと思っています」(市山ディレクター)

コロナ禍の影響は?

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
中国・香港での公開はおそらく不可能な『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』を特別招待作品として上映した。

今年のフィルメックスの上映本数は30作品(前年は31作品)。メインの東京・有楽町朝日ホールが新型コロナウイルス感染予防対策で客席数を減らしての上映だったこともあり、劇場観客動員は前年より2,526人減の9,303人。オンラインやタレンツ・トーキョーなどのサイドイベントの入場者数を含めると1万204人(前年は1万2,290人)で、コロナ禍の影響が大きかったことがうかがえる。

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
最優秀作品賞を受賞したヒラル・バイダロフ監督『死ぬ間際』(アゼルバイジャン・メキシコ・アメリカ)。

「それでもオンライン配信を事前に告知していたのにもかかわらず、激減したというわけではない。劇場で映画を観たいという人は、足を運んで下さるのだということを確信しました」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
最優秀作品賞受賞したヒラル・バイダロフ監督はリモートで参加。

感染予防対策で新たに導入したシステムが話題を呼んだ。上映後のゲストとのQ&Aセッションの際、スクリーンに映し出されたQRコードからアクセスしてもらい、サイトから観客の質問を受け付けたことだ。これは会場での飛沫防止だけでなく、マイクランナーが会場内を走り回って質問者にマイクを渡す時間を削減する目的もあった。

「QRコードを使った質問の受付は、今年の釜山国際映画祭でも導入していたようです。マイクを受け渡す時間を省けるのと、受けた質問を簡略化してゲストに伝えることができるのでQ&Aセッションのクオリティーを高めることもでき、思わぬ好評を得ました」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
観客賞を受賞した『七人学隊』のジョニー・トー監督は、受賞の喜びをビデオメッセージで寄せた。

フィルメックスではQRコードを活用した観客賞の投票を3年前から導入しており、これと同じシステムをQ&Aで応用したという。QRコードにアクセスしない人、できない人も当然おり、その分、紙での投票より投票総数が減ってしまうことは否めない。しかしこれにはスタッフの労力の削減、さらにはコロナ禍での密を避けるためにもスタッフの人員を減らさなければならない状況を鑑みての対応だったという。

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
QRコードを使ったQ&Aや、観客賞の投票が好評だった。

「QRコードを導入した理由の1つは、投票用紙を配る人と集計する人の両方で人員を確保しなければならず、人手が大変。しかも結構なハードワークで、事務局の片隅で、せっかくボランティアで応募してくれた方々に単純作業をさせるのは申し訳なく思っていました。そうしたことも考えて導入しましたが、結果的に非接触というコロナ対策に有効な手段となりました」(市山ディレクター)

一方で新たな予算増となったのがリモートでの舞台あいさつ。上映会場の有楽町朝日ホールやTOHOシネマズシャンテは建物の構造上、通信システムが最適ではなかったため、MCを務める市山ディレクターら日本のゲストは六本木にあるスタジオから中継。そのスタジオと海外のゲストを結んだ配信画像を、上映会場に映し出していたという。

「リモート舞台あいさつのために六本木と有楽町を1日に2回も3回も移動するのは大変でしたが、舞台あいさつのクオリティーは保たれた。『ハイファの夜』のアモス・ギタイ監督の舞台あいさつのときには、わたしが六本木に移動する時間がなく、朝日ホールの控室から配信を行ったところ、わたしの映像がストップし、フランスのギタイ監督の映像はスムーズに流れていたということがありましたからね(苦笑)。次回はリモートになるかどうかわかりませんが、これができたおかげで他の映画祭や撮影でフィルメックスに参加できないゲストに、リモート参加をお願いできるノウハウができた。スタジオ代はかかりますけど、トラブルなく進めることの方が大事ですから」(市山ディレクター)

改めて考える映画祭を開催する意義

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
審査員特別賞を受賞した池田暁監督『きまじめ楽隊』(2021年3月26日公開)。(C)2020「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」フィルムプロジェクト

新型コロナウイルスの猛威はさらに広まり、2021年も引き続き映画祭はオンラインか延期か? に揺れそうだ。市山ディレクターは最悪オンラインでも映画祭を続けるべきと力説する。

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
学生審査員賞を受賞した春本雄二郎監督『由宇子の天秤』(2021年公開)。(C)2020 映画工房春組

「映画館も休業を余儀なくされている今、たとえオンラインでも映画祭でなければ紹介されない映画があります。今回のオンライン配信で視聴回数ベスト3は、ツァイ・ミンリャン監督『日子』(特別招待作品)、コー・チェンニエン監督『無聲(むせい)』(コンペティション)、ヒラル・バイダロフ監督『死ぬ間際』(コンペティション)です。『死ぬ間際』は最優秀作品賞を受賞しましたが、賞をとってなければアゼルバイジャンの監督の作品を観ようという人はまずいないでしょう。また(香港の民主化運動を支持する歌手を追った)『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』は香港や中国での劇場公開が決まらず、上映の場を探していた。これらこそ映画祭を必要としている映画であり、それらを紹介する場として映画祭は必要だと思います」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
観客賞に輝いたのはジョニー・トーら香港の7人の監督たちによるオムニバス映画『七人楽隊』。

幸いオンラインでの映画祭開催が続き、海外セールス会社が劇場公開前に配信されることへの抵抗がなくなってきているという。

「まだアジアの作品は違法ダウンロードなどを恐れて配信の許可は得られませんでしたが、海外セールス会社が欧州の場合、今回はすべてOKとなりました。今回はカンヌ国際映画祭のマルシェ・デュ・フィルム(映画マーケット)と同じニュージーランドの動画配信プラットフォーム「シフト72」を利用し、映画業界での信頼を得ているのでそこを使うならいいと快諾してくれました。劇場収入が見込めない今、わずかでも配信料も入りますから」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』が審査員特別賞を受賞した池田暁監督。

ただやはりリアルでの開催の重要性も実感するという。

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
『由宇子の天秤』が学生審査員賞を受賞した春本雄二郎監督。

「映画祭は人が集まる場所であることを考えると、ゲストと観客が集えるのがベストです。今回タレンツ・トーキョーもリモートで開催し、Zoomでの飲み会も開催しましたが、それ以上の効果は得られない。やはりリアルな交流の場がほしいですね」(市山ディレクター)

東京国際映画祭と共催を選んだ東京フィルメックスの目的とは
『熱のあとに』でNew Director Awardを受賞した山本英監督。

2020年の問題点を改善しながら、2021年も引き続きTIFFとの共催を継続する予定だという。

受賞結果は以下の通り。 【最優秀作品賞】
ヒラル・バイダロフ監督『死ぬ間際』(アゼルバイジャン、メキシコ、アメリカ)

【審査員特別賞】
池田暁監督『きまじめ楽隊のぼんやり戦争』(日本)

【観客賞】
アン・ホイジョニー・トーツイ・ハークサモハンユエン・ウーピンリンゴ・ラムパトリック・タム監督『七人楽隊』(香港)

【学生審査員賞】
春本雄二郎監督『由宇子の天秤』(日本)

【New Director Award】
山本英監督『熱のあとに』(日本)

【New Director Award審査員特別賞】
金子由里奈監督『まどろむ土(仮)』(日本)

【タレンツ・トーキョー・アワード2020】
チア・チーサム『Oasis of Now』(マレーシア)

【タレンツ・トーキョー2020スペシャル・メンション】
ネリシア・ロー『Pierce』(シンガポール)
北川未来『KANAKO』(日本)

 

Total
0
Shares
Previous Post

世界が認めた演技派!二宮和也出演のドラマ&映画

Next Post

中居正広、結婚発表した草なぎ剛に祝福メッセージ 縦読みに隠された言葉が話題に

Related Posts

夢アド、新メンバー4人決定 山口はのん「受け継いだことを忘れずに頑張っていきたい」

夢みるアドレセンス 夢みるアドレセンスが26日、東京・池袋HUMAXシネマズで『YUMEMIRULIVE 20201226 brand new ADOLESCENCE』をおこなった。このライブは夢みるアドレセンス 新メンバーオーディション『なれんの!?夢アド!?2020』の結果発表を伴ったライブで、最終候補者(16名+補欠1名)のなかから新メンバーが決まるというもの。オーディションは12月20日・23日・26日の3回行われた。候補者は4人×4組(メンバー固定)に分かれて最終パフォーマンス審査にのぞみ、あきの、聖來、永田彩夏、かれんの4人が新メンバーに決定し8人編成となった。 候補生たちによるパフォーマンスの前に現メンバーの山口はのん、山下彩耶、鳴海寿莉亜、白川蘭珠4人が登場し、最終日の想いをそれぞれ語った。鳴海と白川は今日で先輩になると家族に伝えて来た、とすごく嬉しそうな表情で語っていたのが印象的だった。 トップバッターはチームブルーが「メロンソーダ」をキュートにパフォーマンス。ここまでのオーディションに「みんな意識が高くてとても刺激を受けた期間でした」「今日のパフォーマンスで感謝の気持ちが伝わっていれば…」と目を潤ませ想いを語る候補生も。 2番手のチームグリーンは「ドレミ」をはつらつとしたパフォーマンスを見せた。「一生懸命練習してきました。悔いのないステージになった」とパフォーマンス後にコメント。 3番手のチームイエローは「おしえてシュレディンガー」を歌唱。PPPHが印象的な同曲で会場を盛り上げた。「2カ月間応援してくれてありがとうございます。あっという間で素敵な思い出です。夢アドになれてもなれなくても、夢に向かって歩み続けるので宜しくお願いします」など、このオーディションの思いを話す。 ラストはチームピンク。「MAKING THE NOTE」をステージを広く使い、笑顔いっぱいのパフォーマンス。「皆さんの応援がなかったらここに立ててなかった。歌が苦手なのですが、皆さんのおかげでここまで頑張れました」と目を潤ませていた。 この候補生たちのパフォーマンス後に現メンバーによるライブへ。山下は「(候補生に)負けないように頑張ります」とステージへの意気込みを伝えた。楽曲はまさかの候補生たちと同じ4曲を現メンバーがパフォーマンス。安定感のある歌とダンスで、先輩としての貫禄を感じさせたステージだった。 そして、いよいよ新メンバー合格者発表へ。緊張感が走るなか、新メンバーはあきの、聖來、永田彩夏、かれんの4人に決定。自分の名前がスクリーンに映し出され、驚きを隠せない4人。 さらに新企画も発表された。それは、夢アドを軸に「夢アドSweet(仮)」「夢アドキューガル」という2つの妹グループが加わるというもの。そこに夢アドバーチャルアイドル化計画も始動する。そして、2月27日に神田明神ホールで新メンバーを加えた8人によるお披露目ライブも決定した。 ライブ後に行われた囲み取材では新メンバーがそれぞれ合格したことについて、今の想いを語った。…
詳しく見る

アーティストXの薬物逮捕情報出回る! 「マトリがガサ入れに」マスコミが湾岸署集結、大騒動の顛末とは?

12月7日、一部メディア関係者の間で、“有名人の逮捕情報”が出回ったことにより、取材合戦が繰り広げられたという。複数の“容疑者名”が浮上したのち、有名男性アーティスト・Xの名前が絞り込まれたというものの、結果的にXの身辺には何も変化が見られなかったそうだ。水面下で一体何が起こっていたのだろうか? 「正午を過ぎたあたりから、『マトリ(厚労省麻薬取締官)が、有名人宅をガサ入れ(家宅捜索)したらしい』『その有名人を容疑者として勾留したようだ』という情報が、捜査関係者周辺から聞こえてきました。しかし、一向に動きがみられないため、次第にメディア関係者の間に、不確かな情報ばかりがどんどん広まっていったようです。毎年この時期になると『年内に◯◯が捕まる』といったウワサが流れるだけに、週刊誌を含めた多くのメディアが『先行して取材しよう』と動き始めていました」(警視庁担当記者) この時点では容疑者は不明だったというが、マトリ案件のデータから、次第に何人かの名前が浮上するように。 「夕方になる頃には、警察周りの記者だけでなく、それこそワイドショーやスポーツ新聞の芸能担当者までもが、『Xが逮捕された?』とウワサし始めました。確かにXは、過去に薬物絡みの疑惑が浮上していたこともあるだけに、信憑性がどんどん増していったんです」(同) Xの家族には芸能活動を行う有名人もいるだけに、逮捕されれば業界内外に衝撃が走ることは必至。そのため、芸能人が移送される可能性が高い湾岸警察署、またマトリの拠点である九段下の合同庁舎には、一時多くのマスコミが集結したのだという。 「しかし、その後、まったく続報が出てこなかったんです。本当に逮捕されるのであれば、同日中には警察から発表があるはずだし、肝心のXにしても『身柄を拘束されていない』と裏付けされたため、結局、深夜前に『逮捕情報はガセだった』という結論に至りました。Xと別の人物を取り違えてしまったのか、そもそもガサ入れ情報自体がガセだったのか……。いずれにせよ、ここまで具体的な話になってマスコミ中に広がってしまうのは、前代未聞の出来事かもしれません」(スポーツ紙デスク) 現在、世間では、アンジャッシュ・渡部建の不倫謝罪会見ばかりが注目を集めているが、Xの逮捕が事実だったとすれば、話題は完全に切り替わっていたはず。今後の動向に注視していきたい。  
詳しく見る

ファミチキ&ポケチキ新商品を食べてみた! 衣の中のとろ~りチーズがたまらない…

「クワトロチーズインファミチキ」、「トリプルチーズインポケチキ」(ファミリーマート) 温かくて美味しい軽食が気軽に食べられるとあって、大人気のホットスナック。コンビニへ寄って、ついつい買ってしまう人も多いだろう。そんなホットスナックの王とも言える『ファミリーマート』の『ファミチキ』に、新しい味が登場したようだ! 本稿で実食していくのは、「ファミリーマート」から新発売された『クワトロチーズインファミチキ』と『トリプルチーズインポケチキ』のコンビ。中にチーズが入った贅沢なホットスナックは、どれほどの魅力を秘めているのか…。食べる前から期待が高まってしまう。 サクサク衣とジューシーチキンがチーズを引き立てる! 「クワトロチーズインファミチキ」(ファミリーマート) 今までにも『ファミチキ』は、『BBQ味』や『刺激のブラックペッパー』、『ポケチキ』は『もんじゃ味』や『バター醤油味』など、さまざまな限定商品が発売されてきた。今回のチーズコンビも予告の時点から注目度が高く、《チーズ天国じゃん! どっちも食べたい~!》《え、チーズインは最高すぎる、両方とも買い決定!》《チーズのとろとろを早く食べたいんですが…!》といった声が続出していたようだ。早速、その味わいをチェックしていこう。 先にいただくのは、お馴染みの袋に入った「クワトロチーズインファミチキ」。大きさは直径10cm、厚さは2cmほどで、普通のファミチキと変わらない印象を受ける。かじりついてみると「ザクっ」という音とともに、ジューシーなお肉が登場。いつも食べているファミチキよりも、やや衣がザクザクしているようで、ジューシー&肉厚なお肉との相性が抜群だ。 ひと口ではチーズが入っているゾーンまで到達しなかったので、包丁で半分に割って中身を覗き見。するとチーズがじゅわっと溢れ出てきて、大容量のチーズが確認できた。チーズにはチェダー、ゴーダ、モッツァレラ、パルメザンの4種類が使用されており、香りはちょっぴりクセのあるゴーダチーズの存在を確認できる。 チーズ部分に豪快にかぶりついてみると、チーズが口の中になだれ込んできてひと口でかなりの満足感。衣がザクザクしている上、チーズの濃厚すぎるテイストが〝ファミチキ欲〟を満たしてくれる。 チーズの存在感は、味だけで判断するとモッツァレラが一番強い印象。ゴーダの風味はあまりなく、苦手な人でも食べられそう。 またファミチキにチーズが入っているので、インスタグラムでハッシュタグが作られている『ファミチキアレンジ』の幅も広がりそうな予感。バンズに挟んだ『ファミチキバーガー』や、カレーに投入した『ファミチキカレー』、たまごサンドにインした『ファミチキサンド』といったアレンジが投稿されているが、チーズ要素をプラスしたい時は同商品を使ってみてもいいかもしれない。 ファミチキ&ポケチキ新商品を食べてみた! 衣の中のとろ~りチーズがたまらない…はまいじつで公開された投稿です。  
詳しく見る