嵐、レコ大でSPメドレー披露「これからも嵐の音楽を愛していただけたら」

嵐、レコ大でSPメドレー披露「これからも嵐の音楽を愛していただけたら」

アイドルグループ・嵐が30日、年末恒例の『第62回輝く! 日本レコード大賞』(TBS 17:30~22:00)に出演し、「特別栄誉賞」を受賞。そして、「レコ大スペシャルメドレー」を披露した。

嵐、レコ大でSPメドレー披露「これからも嵐の音楽を愛していただけたら」

年内で活動休止する嵐が『レコード大賞』初出演。日本レコード大賞実行委員会により、長年にわたる活躍で広く大衆の支持を得て、音楽文化の発展に多大な貢献をもたらした人に贈られる賞として新設された「特別栄誉賞」を受賞した。

大野智は「信じられない。子供のときから『日本レコード大賞』は知っているし、それプラス、特別栄誉賞なんてちょっと理解ができない感じ」と心境を告白。二宮和也は「62回も続いている素晴らしい賞レースですし、僕らもデビューしたときには『絶対62回には出ようね』ってみんなで約束して」と笑いを誘い、松本潤らが「ここ(第62回)目指してたの!?」とツッコんだ。

その後、一人ひとり改めてメッセージ。相葉雅紀は「21年目で特別栄誉賞をもらえると思ってもなかったですし、21年間頑張ってきたご褒美だなと思っています。最高のパフォーマンスを見てください」と呼びかけ、松本は「21年間たくさんの方に支えていただいてこれまでやってくることができました。本当にありがとうございます。少し形は変わりますが、これからも前を向いて進んでいこうと思いますので、これからも嵐をよろしくお願いします」と語った。

大野は「みなさんの応援がなかったら僕たちここに立てていないと思いますし、僕ららしいパフォーマンスを最後までやりたいと思います」と誓い、櫻井翔は「栄えある賞を頂戴しまして胸がいっぱいです。来年以降も僕たち嵐の音楽が胸に、耳に響き続けてくれたらなと願っております。これからも嵐の音楽を愛していただけたらと思います」とメッセージ。二宮は「休止前TBSで歌うのは最後になりますが、最後をいただけてよかったと感謝しております。僕らもきっちり最後は歌って締めたいと思っていました。力いっぱい5人で歌わせていただきます」と力を込めた。

そして、「嵐レコ大スペシャルメドレー」と題し、「果てない空」「Love so sweet」「A・RA・SHI」の3曲を披露。途中で松本が「今日は本当にどうもありがとうございます。そしてこれからも僕たちの音楽がみなさんの心に存在し続けますよう」と改めて思いを伝えた。

(C)TBS

 

Total
0
Shares
Previous Post

NiziU、9人そろって『レコ大』出演! 元気いっぱいにパフォーマンス

Next Post

『レコ大』LiSA「炎」が大賞に決定 劇場版『鬼滅の刃』主題歌

Related Posts

空知英秋が描く「炭治郎&柱」全員集合ビジュアル公開!『銀魂 THE FINAL』第4週目の入場者プレゼントに

掟破りの「炭治郎&柱」全員集合ビジュアルが入場者プレゼントに! – (c) 空知英秋/劇場版銀魂製作委員会 人気アニメ「銀魂」の原作者である空知英秋が描き下ろした、「鬼滅の刃」の炭治郎&柱9人全員集合ビジュアルが公開された。このビジュアルはミニポスターとして、映画『銀魂 THE FINAL』の第4週目(1月29日~)入場者プレゼントとして配布される。 バイバイ、銀さん…『銀魂 THE FINAL』フォトギャラリー ミニポスターには「柱(サムライ)達の最後の戦いが始まる! ほぼ参加してないけど。」というコピーも入っており、『銀魂 THE FINAL』には出てこないものの、炭治郎と柱達が映画をさらに盛り上げてくれるよう。このミニポスターは両面仕様で、反対の面は、「ジャンプGIGA 2021 WINTER」の表紙に掲載された、空知英秋が描いた(たぶん?)最後の万事屋イラストとなっている。 第1週目(1月8日~)&第5週目(2月5日~予定)の入場者プレゼントは空知描き下ろし「炭治郎&柱イラストカード<竈門炭治郎、煉獄杏寿郎(※「煉」は「火+東」が正式表記)、胡蝶しのぶをはじめとした全10種類>」。第2週&第3週の入場者プレゼントは、空知が描き下ろした『銀魂 THE…
詳しく見る

森川葵の早乙女芽亜里が主人公「賭ケグルイ双」ドラマ化

森川葵、ツインテール! – (C)河本ほむら・尚村透・斎木桂/SQUARE ENIX (C)2021 ドラマ「賭ケグルイ双」製作委員会 河本ほむら原作・尚村透作画の人気コミック「賭ケグルイ」に登場する早乙女芽亜里を主人公にした「賭ケグルイ双(ツイン)」(「ガンガンJOKER」で連載中 河本ほむら原作・斎木桂作画)が実写ドラマ化されることが発表された。浜辺美波が主演した実写「賭ケグルイ」シリーズで芽亜里役を務めてきた森川葵が主演する。 振り切った演技が話題!『映画 賭ケグルイ』フォトギャラリー 「賭ケグルイ」はギャンブルの強さで生徒たちの階級が決まる私立百花王学園で、転校生・蛇喰夢子が常軌を逸したギャンブルに身を投じていく姿を描いた作品。これまで実写ドラマが2シーズン放送、昨年5月には『映画 賭ケグルイ』が公開。2021年には劇場版第2弾となる『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』が公開される。 「賭ケグルイ双」は夢子が学園に転校してくる1年前を描いた前日譚で、芽亜里が学園のすべてを支配する ギャンブルという掟に翻弄されながら、仲間とともに奮闘する。森川は「まさかの『賭ケグルイ双』実写化ですって……本編と番外編が同時に実写化されることってあります……? なかなか無いですよね。これも賭ケグルイ好きの皆さんのおかげです」とファンに向けて感謝の言葉を送る。 「私はシーズン1撮影時から3つも歳を重ねましたが、今回の双では芽亜里の年齢は一つ下がって15歳。いつまで若っぽくいられるのか、いつまで制服を着ていいのかわかりませんけど、実年齢に抗いそんな違和感を感じさせないように高校1年生の初々しい芽亜里を皆さんにお届けできたらと思います。他の新メンバーも本当に最高ないい人たちばかりで楽しく撮影を終えることができました。お楽しみに!」 撮影はすでにクランクアップを迎えており、作品は2021年スタートと発表されている。リリース日などの詳細は近日発表予定だ。これまでのシリーズに携わってきた英勉が総監督を務めている。英は「可愛くて、勝気で、トボけてて、わーわー言う芽亜里が、膨大なクセ者たちに挑みます。とりあえず森川さん、絶好調です」とコメントしている。(編集部・海江田宗)  
詳しく見る

EXIT・兼近、進むデジタル化に複雑 「一本化したほうが下の世代も助かる」

デジタル庁の人材募集発表などで話題のデジタル構想。EXIT兼近はデジタル化について、世代の情報格差の是正になるのではとコメントした。 お笑いコンビ・EXITが、24日放送の『ABEMA Prime』(ABEMA)に出演。デジタル庁構想や流行禁句大賞などについてコメントした。 ■じつは機械が苦手 判子の廃止などでテレワークへの移行が進んだり、引越しなどの煩雑な手続きがスムーズになることが期待される一方で、個人情報の管理など不安な点も多いデジタル構想。 EXIT・兼近は「僕は圧倒的に機械が苦手なんで、できる限りデジタル化は怖い。やめてほしいって部分もあるんですけど」と慎重派のコメント。 一方で「もちろんデジタル化した方が絶対に何事もスムーズにいくって話も聞くんで、僕もデジ対応していかないとなって」と前向きな姿勢を見せた。 関連記事:EXIT兼近、自分に憧れる先輩芸人に困惑 「後輩に憧れてる場合じゃない」 ■知識の世代格差 デジタル化によって公的な手続きが簡略化されるという解説に、「そもそも信じられないぐらい手続きするのがすごく嫌」と兼近。 「まもなく30ですけど、未だにわかんないこといっぱいありますし、いろんなカードいろんな手続きの方法を知ることが最近になっていっぱいある。それこそ印鑑証明がどうだとか法人になったらこうだとか」と、手続きの苦労を告白。 また「(上の世代は)膨大な量をたぶん覚えられた世代だと思うんですよ。だから僕との世代間(格差)はめちゃくちゃある。それは簡単なことだっていうのと、めちゃくちゃムズイから一本化して楽になったほうが下の人たちも助かるんじゃないか」と若者からの視点を展開した。 ■一番の問題はプライバシー 相方のりんたろー。はデジタル化の問題点について「これの議論ってなんか、結局デジタル化する一方でプライバシーをどこまで保護するかみたいな、そっちのような気がする。デジタル化するのはいいけど成績が入ってきちゃってその人のプライバシーは守られるのか」とコメント。 スタジオからは「お金の流れなどの不正が起きにくくなるんじゃないか」という期待や「生活の汚い部分までわかってしまうが、開き直る覚悟が要求されているんじゃないか」といった意見が上がった。 (文/しらべぇ編集部・みきぽ)  
詳しく見る