「定刻になりましたので…」「なってます?」「なってない!?」対局再開で珍場面/将棋・名人戦

「定刻になりましたので…」「なってます?」「なってない!?」対局再開で珍場面/将棋・名人戦

「定刻になりましたので…」「なってます?」「なってない!?」対局再開で珍場面/将棋・名人戦

将棋の名人戦七番勝負第1局が4月8日に2日目を迎え、午前9時から対局が再開した。この再開時、対局者の渡辺明名人(棋王、王将、36)、斎藤慎太郎八段(27)、立会人の中村修九段(58)の間で、開始時間を巡る珍場面が生まれた。

【動画】対局開始の珍場面

名人戦は持ち時間各9時間の2日制。1日目に封じ手が行われ、翌日の対局開始時間を目処に開封、後に対局が再開するという流れになっている。この日も中村九段が2通の封じ手にはさみを入れ、渡辺名人の60手目を公表。再開時間である午前9時を待つだけの状況だった。

ここで中村九段が、「定刻になりましたので…」と再開を告げたところに、渡辺名人が「なってない…なってます?」と、すぐさま“待った”。斎藤八段も自分の時計を確認すると、中村九段も「なってない!?」と記録係に聞くなど、対局場にいる関係者が一斉に時計を確認する事態となった。

結果、約10秒後に改めて再開が告げられ、対局自体には影響がなかったが、珍しいシーンに視聴者からも「びっくりした!」「まさかのツッコミ」といった感想が多く寄せられていた。

(ABEMA/将棋チャンネルより)

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

千日手は回避 形勢互角の中盤戦 渡辺明名人が斎藤慎太郎八段を持ち時間で1時間超リード/将棋・名人戦

Next Post

『有吉の壁』パンサーのガチ不仲に驚き…「共演NG?」「嫌いなんだ」

Related Posts

LiSA「炎」レコード大賞に納得の声 「今年にふさわしい歌と歌手」「ついにアニソン天下か」

2020年に大ヒットした映画「鬼滅の刃 無限列車編」の主題歌「炎(ほむら)」がレコード大賞に輝いたことで、賞への評価が急速に高まっている。 以前とは違い、一番売れた曲が選ばれたとの見方が多いからだ。アニメソングの時代が来たのではと、アニメファンからも喜びの声が上がっている。 「久しぶりに世間の評価と一致した結果」との声も 発表の瞬間、「炎」を歌った歌手のLiSAさん(33)は、両手を顔に当て、うれし涙を流した。 感激の面持ちでステージに上がると、お世話になった人々の名前を挙げ、感謝の気持ちを示す。感極まった様子だったが、それでもエンディングでは、持てる力を振り絞るように歌い上げた。 日本レコード大賞の最終審査会が2020年12月30日夜、東京都内で行われ、LiSAさんの受賞が決まると、ニュースのコメント欄やツイッター上などでは驚きと喜びの声が次々に上がった。 今回は、レコ大を評価する向きが多く、「今年の歌にふさわしい歌と歌手」「久しぶりに世間の評価と一致した結果になった」「ちゃんと売れた曲を大賞にしたらレコ大の権威は上がる」などと書き込まれている。 アニメファンも反応しており、「ついにアニソン天下か」「名実共に日本一のアニソン歌手になれたな」とエールが送られていた。 ヤフーニュースが「第62回日本レコード大賞に納得?」と題して「みんなの意見」を募ると、31日夕現在で86%が「納得できる」と答えている。 「名前を呼ばれた瞬間、これまでの色んな景色や顔が浮かんだ」 LiSAさんは、10年前にメジャーデビューして、アニソンの世界で着実に地位を築いてきた。 その世界を超えて注目を集め始めたのが、2019年だ。テレビアニメ「鬼滅の刃」のオープニングテーマ「紅蓮華(ぐれんげ)」を歌ってヒットし、同年のNHK紅白歌合戦にも初出場した。そして、今回の「炎」で、通算17作目で初のオリコンシングルチャート1位となるなど、社会現象になるまでブレークした。 LiSAさんは、レコ大大賞受賞について、「名前を呼ばれた瞬間、これまでの色んな景色や顔が浮かびました。皆と一生懸命歩いてきたからいただけた賞です」とツイッターで報告した。この快挙に、「炎」を作詞・作曲した梶浦由記さんも、「LiSAさんわざわざ私の名前まで出して下さって、本当にいつもたくさんお気遣いいただいて…」「作曲家冥利に尽きる」とお祝いの言葉を送った。 なお、LiSAさんは、31日夜に放送されるNHK紅白の後半戦で、鬼滅の刃のメドレーを披露する予定だ。 (J-CASTニュース編集部 野口博之)  
詳しく見る

あいのり・クロ、ダイエットの成果を報告「けっこー痩せてるー!!」

※クロオフィシャルブログ・ヘッダー 恋愛バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していたブロガーのクロが19日に自身のアメブロを更新。ダイエットの様子と経過を報告した。 クロは9月16日のブログで「最近地味に1kg太ってまさかの61kg超えていたんですが、地味に1kgくらい痩せました」と自身の体重を公表。しかし、9月23日のブログでは「62.40」の数字が表示された体重計の液晶画面を公開し、「どこまでいっちゃうの?61kgでも、まあまあ衝撃だったのにさ。62.40て!!!!!ひええええ」と現実を受け入れ難い様子でつづり、その後もダイエットに勤しむ様子をブログで報告していた。 この日はInstagramのライブ配信でエクササイズをする様子を公開し、「今日も午前中にたけまりさん30分やりましたー!!!」「楽しくできましたーーーー!!!!」と報告。同じく『あいのり』に出演していたブロガーの桃や友人も生配信を見ていたそうで、メッセージと写真が送られてきたことを明かした。 また「今日体重計乗りましたら」「58.55kgでしたー!!!!!けっこー痩せてるー!!もしかして、3kgもっ?!!!!」と興奮気味にコメント。「本当に食べてるし、食べてるし、毎日運動心がけた!あとはボディ矯正とかかなあ」と振り返り、「引き続き続けられることをコツコツと頑張りたいと思います。食事制限もできる時はがんばるー!!腸活もがんばるぞおおおお!」と決意をつづった。最後に「いつも応援ありがとうございます」と感謝を述べ、ブログを締めくくった。 これに対し読者からは「継続する能力とっても尊敬します!」「クロちゃんすごい!最近かなりスッキリした気がしてた」「有言実行素晴らしい!」などのコメントが寄せられている。  
詳しく見る

十味[アザーカット&インタビュー]教室でジャージから水着姿に!?「何より私のフェチなんです(笑)」『月刊エンタメ』出演

十味 (C)カメラマン 佐賀章広 十味が、12月28日(月)発売の『月刊エンタメ』(徳間書店)の連載企画「魅!ゼロイチ学園」に登場した。同企画では、体育系の部活のマネージャーをイメージした姿を披露した十味。本記事では、その撮影時のエピソードなどについて十味が語ったインタビューをお届けする。 【画像はこちら】 ――黒木ひかりさん、水湊みおさん、森嶋あんりさん、小鳥遊るいさんに続く、『月刊エンタメ』の連載企画「魅!ゼロイチ学園」第5弾としての出演おめでとうございます! 十味: ありがとうございます。ゼロイチ学園に入学できて嬉しいです! ――学校での撮影はいかがでしたか? 十味: 教室も制服も懐かしかったですね。撮影では制服の上にパーカーを着たんですが、うちの学校は指定色のカーディガン以外NGだったので、放課後友達とプリクラを撮る時だけパーカー来ていたのを思い出しました(笑)。屋上でも撮影したんですが、うちの学校は中学も高校も屋上立ち入り禁止だったので、とてもワクワクしたり……! 現役の時に屋上でお弁当とか食べたかったなぁ。できなかった青春を取り戻したような撮影でした! ――どんなイメージで撮影しましたか? 十味: 体育系の部活のマネージャーイメージです。実はこれ、私が提案したんです! たまたまTikTokを見ていたらジャージ姿の女子高校生が出てきて、“あっこれ可愛い! なりたい!”って思って(笑)。普通に制服とかよりもリアル感あるし、何より私のフェチなんです(笑)。 ――最後にひと言お願いします。 十味: いつも応援ありがとうございます。今回は私がマネージャーになってみなさんを応援しちゃいますね、いつもお疲れ様です!…
詳しく見る