みちょぱ“占い師”へのダメ出しに視聴者共感「キツいこと言うな」

みちょぱ“占い師”へのダメ出しに視聴者共感「キツいこと言うな」

みちょぱ“占い師”へのダメ出しに視聴者共感「キツいこと言うな」
(C)まいじつ 

〝みちょぱ〟こと池田美優が、4月7日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。占い師に「ダメ出し」を繰り返して話題になっている。

この日は、木下レオン氏が女優の米倉涼子を占った。木下氏は米倉を「不安症」などと占った後に「心の支えが合った方がいい。家族を作った方がいい」と促した。

米倉は最近、犬を飼い始めたと明かし、「家族と思っちゃだめですか?」と問い掛ける。木下氏は「いいですけど…でも家族(米倉の犬)は約12年ぐらいしたら…『ずっと』じゃないじゃないですか」と説明。米倉は「そうですね…」と下を向いた。

みちょぱが木下レオン氏に「寂しいこと言わないでよ!」

これを聞いたみちょぱは「いやー、そんな寂しいこと言わないでよー! ひどいなー。そうだけどさー」と木下氏にダメ出し。スタジオの沢村一樹、水野美紀は噴き出して苦笑いした。

視聴者も木下氏の物言いを疑問視。占いにダメ出しをしたみちょぱに共感する声もあった。

《前々から思ってたけどみちょぱ木下レオン苦手だよね? 言動に出すぎててちょっとうるさいwww》
《家族を持った方が良いって言われて米倉さんが『犬が家族』って言ったら犬は~12年で居なくなるからダメ…みたいな発言しててびっくり…》
《は? 犬は12年たったらとかムカつく》
《「犬は12年でいなくなるからそうじゃない」きっつ!》
《犬も家族ですが12年くらいで亡くなるでしょ?とか、レオンさん結構キツいこと言うな~》

米倉を占うシーンの前、タイの寺院でピンクのガネーシャと映る木下氏の記念写真を見て「レオンさんいらないのよ!」と吐いたみちょぱ。この日も毒舌は止まらなかった。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

『有吉の壁』パンサーのガチ不仲に驚き…「共演NG?」「嫌いなんだ」

Next Post

「そりゃ痩せるでしょ…」日テレ番組の“ずさん”なダイエット企画に批判

Related Posts

池江璃花子 4位は悔しいけど…「思ったよりも早いタイムだった」

取材を前に笑顔を見せる池江(代表撮影) 競泳の日本学生選手権初日(1日、東京辰巳国際水泳場)、女子50メートル自由形決勝は白血病のため長期休養していた池江璃花子(20=ルネサンス)が25秒62で4位に入った。 本人も驚きを隠せなかった。プールに勢いよく飛び込んだ池江はほぼ出遅れることなく上位に食らいつくと、後半からはギアが上げたかのような泳ぎでフィニッシュ。3位とはわずか0秒04差で表彰台まであと一歩という結果に「正直、(復帰後してからの自己)ベストは確実に出ると思っていたんですけど、思ったよりも早いタイムだった」と振り返った。 この舞台を目指していた。昨年、闘病中だった池江は一時退院してスタンドから日大選手の姿を見守ることはできたが「応援だけで1点も稼げなかった」と学校対抗レースに参戦できず、今年にかける思いは人一倍強かった。練習再開後は今大会に照準を合わせて8月29日の東京都特別大会で594日ぶりとなる実戦に出場。26秒32で参加標準記録を突破し、同種目のランキング17位で40人の出場枠に入った。 そして迎えたこの日は予選で25秒87をマークするなど、さらにタイムを上げ「予選で6番(位)通過して、1点でも多く取ってやろうという気持ちだった。(決勝で)4番(位)という結果は正直悔しいんですけど、今の段階では上出来かな」と自己評価した。 2024年パリ五輪を大目標に掲げる池江にとって〝短期目標〟に掲げていたのが今大会。これで月延期となった日本選手権の標準タイムも上回り、気になる今後は「予定はまったく決まっていない。日本選手権は出ずに次に向けるのか、出て自分のまたそのときの状況を把握するのか。今やることはとにかく泳ぎ込んで自分の実力を戻していくこと」と未定だという。 それでも、池江の「第2の水泳人生」は始まったばかり。焦らず自分のペースで復帰ロードを歩むつもりだ。  
詳しく見る

星野源「うちで踊ろう(大晦日)」フル・バージョン公開

星野源 星野源が8日、「うちで踊ろう(大晦日)」のパフォーマンスをNHK YouTubeチャンネルでフル・バージョンで公開した。 ソロデビュー10周年を迎え、昨年12月31日に放送された「第71回NHK紅白歌合戦」に出場した星野源。去年の外出自粛期間中公開され、多くの人がコラボし日本中を勇気づけた「うちで踊ろう」の2番を含むフルバージョンを紅白で初めてフルコーラスで披露した。 コロナ禍にありながら、“今この時間を生きているすべての人に向けて書いた”というあたらしい歌詞、フルバージョンのパフォーマンスが大反響を呼び、急遽、YouTube NHKチャンネルおよびNHK音楽番組情報サイト「NHK MUSIC」でフル・バージョンで公開されることが決定した。  
詳しく見る

横田真悠、麒麟・川島明のTBS新番組『ラヴィット!』への出演が決定

横田真悠が、29日スタートのバラエティ番組『ラヴィット!』に出演することが決定。MCの麒麟・川島らと、どのような掛け合いを見せるのか注目だ。 25日、モデルで女優の横田真悠が、29日よりスタートするTBSの新バラエティ番組『ラヴィット!』(毎週月曜~金曜あさ8時)に、4~5月の「ラヴィット!ファミリー」木曜担当として出演することが発表された。 ■ライフアイデア発見バラエティ TBSのあさ8時がバラエティに生まれ変わった同番組。MCを務めるのは、お笑いコンビ・麒麟の川島明と、TBSの田村真子アナウンサーだ。 今の暮らしが10倍楽しくなるライフアイデア発見バラエティとして、「衣」「食」「住」「遊」をテーマに、一流のプロたちの本当は教えたくない「お気に入り=Love it(ラヴィット)」を通じて、すぐに手が届く「楽しい!」を届ける。 関連記事:設楽統、麒麟・田村の常軌を逸したエピソードに困惑 「覚醒剤やってるだろ?」 ■モデルや女優としても活動 横田は「ミスセブンティーン2014」のグランプリに選ばれ芸能界入りし、ファッション誌『Seventeen』(集英社)専属モデルに。 ティーンからカリスマ的人気を誇り、単独表紙も務めるなど同誌を代表するモデルとして活躍した。また、女優として活動の場を広げており、数々のドラマに出演している。 ■どのような掛け合いを見せるのか注目 現在は、ファッション雑誌『non-no』(集英社)で専属モデルを務めながら、幅広いジャンルで目覚ましい活躍を見せている、今最も目が離せない女性タレントの一人である。 MCの川島と田村アナウンサー、さらに木曜レギュラーのNON STYLE・石田明、ギャル曽根、ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政らと、どのような掛け合いを見せるのか注目だ。 (文/しらべぇ編集部・maitama)  
詳しく見る