「そりゃ痩せるでしょ…」日テレ番組の“ずさん”なダイエット企画に批判

「そりゃ痩せるでしょ…」日テレ番組の“ずさん”なダイエット企画に批判

「そりゃ痩せるでしょ…」日テレ番組の“ずさん”なダイエット企画に批判
(C)Merla / Shutterstock 

4月7日の『それって!? 実際どうなの課』(日本テレビ系)でダイエット企画が放送された。芸人が減量に成功したものの、視聴者はダイエットの効果に疑問を呈している。

フリーアナウンサー・加藤綾子のモノマネで有名な『駆け抜けて軽トラ』の餅田コシヒカリが企画に挑戦。以前、餅田はバランスボールに1週間乗り続ける企画に臨み、ウエストが27センチ減の90センチになった。番組は新たにダイエットに向く道具を見つけたという。

今回、餅田が試したのは直径20センチの「ビニールボール」で、100円ショップでも購入できるそう。内ももに挟むだけで内転筋が鍛えられ、骨盤の歪みが解消され、「スリムなボディ」が手に入れられるらしい。

番組は、餅田に1週間ビニールボールを内ももに挟み続けるように指示。体重、ウエストなど5項目の数値を確かめた。

1週間で3キロ減も…「食事制限で減ったんだろうな」

専門家の指示を受けながら運動したほか、番組サイドは初日の昼食として671キロカロリーのハンバーガーを用意するなど食事面でもサポート。すると初日から体重が0.9キロ減の92.7キロ、ウエストが2センチ減の106センチに 。餅田は便秘が解消されたと感激した。

番組では「普段より食事は少ないが、ボールを挟んでいるだけでこれだけの効果はすごい」と強調。結局、1週間で体重は3.1キロ減の90.5キロ、ウエストは8センチ減の100センチ、太ももは5センチ減の66センチと結果を出した。

ただ、視聴者は体重減がビニールボールだけでなく、番組側が用意した食事の効果が大きかったのではと疑問を投げかけている。

《ご飯の影響結構ありそう》
《骨盤ボール(ビニールボール)の影響は果たして何割なのか? 番組でやってるから、食生活も管理されてた訳だし》
《体重は食事制限で減ったんだろうな》
《骨盤ボールのやつやってるけど、食事制限の影響めっちゃあるでしょうw》
《ビニールボール足にはさむダイエットやってるけど、食事も管理されてるからこれはビニールボールより食事では…》
《だ~か~ら~前回もそうだったけど、食事を体にいいものに変えたらそれだけで痩せるでしょ》
《体重は食事の影響が70%くらいあるから何ともいえんけど、効果あるでしょう》

なぜこの検証で、食事制限をプラスしたのだろうか…。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

みちょぱ“占い師”へのダメ出しに視聴者共感「キツいこと言うな」

Next Post

『東大王』ファン騒然! 新企画に東大生の不満爆発「泣きそう」

Related Posts

『news every.』藤井アナがトンデモない言い間違い「ツボに入ったw」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock  『news every.』(日本テレビ系)のメインキャスターを務める藤井貴彦アナウンサーが、12月10日の放送で〝らしくない〟ミスをしてしまった。 問題のシーンがあったのは、「ワンポイント天気」のコーナー。普段、同コーナーは気象予報士の木原実氏が務めているが、家族が新型コロナウイルスに感染した関係で自宅待機しており、現在は気象予報士の杉江勇次氏が代打で担当している。 コーナーは藤井アナが「木原さん、そらジロー!」と呼びかけて始まるのがお決まりであり、この日も、杉江氏とマスコットキャラクター・そらジローに「杉江さん、そらジロー!」と呼びかけようとする。しかし、藤井アナは「杉江さん、さるジロー」と名前を間違え、自身でも言った直後に「さるジロー?」と失笑してしまった。 まさかのミスに自ら吹き出すと、うなだれながら「そらジロー…」と言い直し、中継先の杉江氏は「藤井さん珍しいですねー!」とニヤケ顔。藤井アナは「木原さんを杉江さんに変換したときに、そらジローがさるジローになってしまいました…」と釈明したが、そらジローは思わずズッコケたポーズを取った。 「さるジロー」が実際に誕生する可能性も!? 藤井アナは「落ち込んでるよね、ごめんね、本当にごめんね」とそらジローに謝罪し、ネット上には 《藤井アナかわいい!(笑)》 《藤井アナがトレンド入ってて、今日もなんかいいこと言ったんかなと思ったら、そらジローをさるジローって》 《お天気コーナーが終わったら何事もなかったかのようにフツーに進行www》 《藤井アナが言い間違えた!? めっずらしー…》 《言った瞬間のハッとした表情がツボにはいったw》 《普段間違えることのない人だからこそ稀に間違えたときはなんだかほっこりする》…
詳しく見る

クリスマス前に仕掛けてみない? 中村愛が考えた恋人が嬉しいサプライズ10選

サプライズが嬉しい人の割合は? ベタなサプライズから中村愛オススメのサプライズまで教えます! イベントごとでもない、記念日でもない、そんな何もない日にサプライズされると嬉しい中村愛です。 え? だいたいの女性ってばそんなもんですよ。ということで、今回のコラムはクリスマス前に恋人にちょっとサプライズしたくなっちゃう、そんな内容を綴っていきたいと思います。 画像をもっと見る■何もない日のサプライズが嬉しい まずは、どれくらいの人が何もない日のサプライズが嬉しいのか? しらべぇ編集部が、全国10~60代の男女1,844名を対象に調査してみました。すると…全体の57.0%が「何もない日のサプライズが嬉しい」と回答しました。 やはり嬉しいものですよね。過半数以上を超える結果となりました。でも、男女で見てみると、これまたちょっと面白い結果になったのです。それがコチラ! そうです! 圧倒的に、女性のほうが“サプライズ”をされると嬉しいと答える人が多かったのです。男性のみなさん、分かってあげてください。そしてぜひ女性にサプライズを。 それにしても…男性はそこまで多くないことにも驚きを隠せませんが、とにかく一番気になるのは、どんなサプライズをされたいか? だと思います。 関連記事:テレ東、隅田川花火大会中止でも生放送 「今年も花火が見たい」の声受け ■ベタでも嬉しいサプライズ まずは「ベタだけど嬉しいサプライズ」から、紹介していきたいと思います。 ・プロポーズ:女性のほとんどは、サプライズでプロポーズされたいものです。記念日とかでなんとなく気づいてしまう女性も多いですが、ちょっとオシャレなレストランなどで指輪持って…というようなサプライズに憧れちゃいます。…
詳しく見る

有村架純が「姉恋」の魅力を語る!「自然とみんながつながっているような世界観」

有村架純主演のフジテレビ系連続ドラマ「姉ちゃんの恋人」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)は、女手一つで和樹(髙橋海人)ら弟3人を養う主人公・安達桃子(有村)と吉岡真人(林遣都)など、個性豊かな登場人物たちが織り成すラブ&ホームコメディーだ。物語もいよいよ終盤に差しかかり、“肝っ玉姉ちゃん”桃子を演じてきた有村が、桃子というキャラクターや作品について率直な思いを語った。 本日12月8日放送・第7話では、晴れて恋人となった桃子と真人からの報告に、2人と同じ職場で働く市原日南子(小池栄子)、高田悟志(藤木直人)をはじめとしたホームセンターのメンバーや、桃子の叔父・川上菊雄(光石研)も祝福。真人の母・貴子(和久井映見)は涙を流し、息子が新たな一歩を踏み出したことを喜ぶ。桃子の幸せそうな笑顔に、弟たちも自分のことのように大喜びするが、真人の過去を知った和輝は、1人で出勤前の真人のもとを訪ねる。そして、桃子が選んだ道を応援すると告げた友人の浜野みゆき(奈緒)は、ついに和輝との関係を桃子に打ち明ける。 まず、桃子に関しては「もともと“肝っ玉”な性格だったわけでなく、“肝っ玉姉ちゃん”に『ならざるを得なかった』んだと思います。両親を失い、弟たちを養っていかなきゃいけない責任感、正義感、使命感によって、母性や愛情深さが形成されたのかなと感じています。一生懸命が故に、時に空回りして、それが雑に見えるところがありますが、その根本は生きるために必死だったことが大きいと思います。そんな桃子の一生懸命なところが映ればいいなと思いながら演じています」と、現在のたくましく明るい桃子になるまでの道筋について感想を述べた。 桃子を演じる際に気を付けていることとして「桃子にもつらかったこと、苦しかったことがあったことを忘れちゃいけないなって思いますし、桃子が笑うたびにその背景にある人間味を出せたらいいなと考えてきました。それは3人の弟たちと一緒にいる場面というより、真人さんや親友のみゆきや菊雄おじさんといった外の人との場面で本音が見えることで、うまくバランスを取れたらいいなって思いながら、これまで演じてきました」と明かし、キャラクターについて深く理解し、その思いをのせて演じているようだ。 また、「私自身、このドラマは優しいとか温かいだけではなく、もっと先のテーマがあるはずだと思っていたのですが、岡田(惠和)さんが『祈りのようなドラマ』とおっしゃっていて、すごく腑(ふ)に落ちたんです。目に見えるつながりではなく、精神的なところでつながることが大事だと思いますし、人の幸せを祈るって、やっぱりそこに愛がないと生まれない感情だと思うんです。『姉恋』の世界に生きている人たちは、みんながみんなの幸せを祈っていて、『どうか悪いことが起きませんように』と願っています。そんな登場人物みんなの祈りが重なり合うことで、自然とみんながつながっているような世界観が出来上がっているのかなと思います」と、脚本を担当した岡田の言葉を紹介しながら、作品の魅力を語った。 最後には「第7話は和輝との関係をいつ桃子に言うのか頭を悩ませていたみゆきにとっては、ようやくそれが解消される回になりますし、みんながハッピーで、笑顔が多い回です。だからこそ、一緒に『何も起きませんように』『幸せになってほしい」って祈りながら見てもらえたらと思います!」と視聴者にメッセ―ジを寄せた。  
詳しく見る