『めざまし8』谷原章介の“差別発言”に激怒「関西を馬鹿にしてる」

『めざまし8』谷原章介の“差別発言”に激怒「関西を馬鹿にしてる」

『めざまし8』谷原章介の“差別発言”に激怒「関西を馬鹿にしてる」
(C)まいじつ 

4月7日放送の『めざまし8』(フジテレビ系)では、巨大なカニの看板が破壊されたニュースを報道。そこでMCの谷原章介が放ったコメントが、ネット上で物議を醸している。

番組が取り扱ったのは、4月5日の早朝に大阪ミナミの繁華街にあるカニ料理店の看板、通称〝カニタワー〟が2人組の男によって破壊されたというニュース。2人組の男は助走をつけて看板を蹴りとばし、しまいには看板を引き倒して逃走した。警察は逃げた2人組の男を器物損壊罪で捜査、行方を追っているという。

このニュースを受けて谷原は「うわぁバラバラじゃないですか」とコメント。そして、SPキャスターのお笑いトリオ『3時のヒロイン』福田麻貴に「よく関西ってケンタッキーのカーネルおじさんがダイブしたりとかありますけど…これ文化的なものなんですか?」と投げかける。

これに福田は、「いえいえそんなことないです。ほんとに稀なケース」と返答。すると谷原は「カニね~なんで壊したんだろう? 残念!」と、どこか無感情のようにも見える表情で漏らすのだった。

谷原章介のサイコパスな一面が垣間見えた?

谷原の〝器物損壊は関西人の文化〟という疑問に対して、関西人は大激怒。ネット上には、

《器物損壊が関西の文化とかふざけてんのか? ヘイト野郎、谷原章介を許すな》
《谷原さん、カニのオブジェを壊したニュースの際、「文化的なものですか?」ってなんですか? 貴方も関西を馬鹿にしてるんですか?》
《むちゃくちゃ問題発言じゃない? この人の大阪に対する差別発言じゃん》
《オブジェ破壊は大阪の文化ですか?って聞いとって、お前の頭どうなってんのって思った》
《谷原章介ってサイコパスっぽい》
《そもそも、犯人は関西人って確定したんか?》

などと怒りの声が飛び交っている。

谷原は4月1日の「めざまし8」でもデリカシーのない発言を繰り出している。教師の体罰の話題になった際、尾木ママこと尾木直樹に「尾木ママは授業に竹刀持っていったことあるんですか?」と煽るような疑問を投げかけたのだ。尾木は笑って受け流していたが、谷原の発言は悪意がないからこそ、時に猛毒になりかねない。小さいことに目くじらを立ててしまうタイプの人間は、同番組を視聴しない方が身のためだろう…。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

長濱ねるも興味津々!『セブンルール』アルピー平子に高評価「面白すぎる」

Next Post

『スッキリ』近藤春菜“再登場”に批判殺到「私物化してる」「ケジメがない」

Related Posts

水卜麻美が小池知事を直撃。 コロナ対策について果敢に切り込む!

12月15日に日本テレビ系で放送される「有働&水卜の知らなかった!2020~あのニュースの真実~」(火曜午後7:00)では、有働由美子と同局の水卜麻美アナウンサーが3年連続となるタッグを結成する。 番組では、今年報道されたさまざまなニュースの中から多くの人が目撃した映像を取り上げ、取材の中に判明した「知らなかった!」真実に再現ドラマやクイズで迫っていく。スタジオには、ヒロミ、吉村崇、Hey! Say! JUMP・伊野尾慧、トラウデン直美、フワちゃんがゲストとして登場する。 昨年末に放送された特番で、当時官房長官だった菅義偉総理に直撃し、元号発表などに関する取材を敢行した水卜アナ。今年は、11月末に東京都庁で小池百合子知事と対面し、新型コロナウイルス対策の最前線で情報発信する責務を担う小池知事による、注目を集めた“言葉”や“パネル”の実情を引き出した。取材前に「テレビを熟知している方だからこそ、会見をうまく使える。その部分を聞きたい」と語っていた水卜アナは、インタビューで小池知事の迫力に気を押されながらも、果敢に切り込んでいった。その様子を見たヒロミが「本当に頑張った!」と称賛する水卜の質問と、小池知事の回答に注目だ。 また、8月に新型コロナに感染した伊野尾が、当時の様子を告白する。嗅覚異常や体調、さらには不安に感じたことなどに言及。「怖さは直った後もある」という、当事者の伊野尾だからこそ知るコロナ感染の実態が明かされていく。 そのほか、新型コロナ拡大を防ぐため封鎖された中国・武漢から日本人828人を帰国させた救出劇を、実際に使用された飛行機を使って再現する緊張感あふれるドラマの模様を紹介。さらに、藤井貴彦アナがメーンキャスターを務める同系報道番組「news every.」(月~金曜午後3:50)で呼びかけたコロナ関連のメッセージについて、本人を直撃してその思いなどを掘り起こす。  
詳しく見る

ソフトバンク・今宮 母校・明豊の決勝初進出にエール「優勝目指して頑張ってほしい」

ソフトバンク・今宮 ソフトバンクの今宮健太内野手(29)が31日、初の決勝進出を決めた母校・明豊(大分)にエールを送った。 自身も2年春、3年春夏と甲子園に出場して聖地を沸かせた。 球団を通じて「決勝進出おめでとうございます。ここまできたら優勝目指して頑張ってほしいです。全国の代表校という責任感をもって、最後まで勇気、希望を日本中に与えらる試合を期待しています。明豊らしく、元気ハツラツと熱いプレーをして欲しいです。自分も沢山の刺激をもらっているので、球児に負けず頑張っていきます」とメッセージを発表した。  
詳しく見る

「勝負の3週間」は完敗と言うけれど、誰が勝負してたの? 東京の新規患者過去最多の822人、小池知事は警報出すだけ

東京都の新型コロナ新規感染者はきのう17日(2020年12月)、前日から100人以上増えて、過去最多の822人にのぼった。都のモニタリング会議では、都医師会の猪口正孝副会長が「通常医療との両立が困難な状況。医療提供体制側は余力の部分は全部使った。とにかく患者を減らすしかない」と訴え、医療提供体制の警戒レベルが4段階で最も深刻なレベルに引き上げられた。 小池百合子知事は臨時会見を開き、「年末年始コロナ特別警報」を出したが、要はこれまで以上の感染防止を訴えただけ。都の幹部は「予想より若い人が反応しなかったというのが(勝負の)3週間の反省点」、別の幹部は「勝負の3週間は完敗、都内の緊急事態宣言のようなことも考えていかないと」と話していた。 800人超えを予測していたのは、「グッとラック!」に今月15日に出演した日本医科大学の北村義浩特任教授。「遊びに行くとか今まで通りに(生活を)していると、1日800人ぐらいまで行く可能性がある」と指摘していた。北村教授はきょう18日、「予想通りにはなりましたが、800人になるのはもう少し遅いと思っていました」と話した。 メインコメンテーターの田村淳「勝負の3週間と言うと、色んな策を講じたように聞こえますが、僕は勝負すらしてなかったような気がします」 タレントのアンミカ「私たちに勝負を委ねられていた感じでしたね」 北村教授「感染者数を減らそうと思ったら、今までできていたことはやれなくなると覚悟しないといけません。マスクしていることは増やさないぐらいの効果しかない。(東京の)新規感染者を200人ぐらいまで減らさないと、医療がもちません」 1400~1600人まで増える恐れも 北村教授は、今後しばらく会食をゼロにするぐらいの努力をすれば、東京の1日あたりの新規感染者は1000人ぐらいで止まり、来年1月(2021年)の第2週ぐらいから減少に転じると予想するが、「計画していた飲み会はやりたい。帰省はしたい。地元の成人式に出たい、ということになると、1月の半ば以降、1400~1600人まで増える恐れがあります」と警告している。菅義偉首相をはじめとする自民党のみなさんに、ぜひ聞かせたい。  
詳しく見る