『チェンソーマン』作者も絶賛!「ジャンプ+」に現れた“鬼才”漫画家が話題

『チェンソーマン』作者も絶賛!「ジャンプ+」に現れた“鬼才”漫画家が話題

『チェンソーマン』作者も絶賛!「ジャンプ+」に現れた“鬼才”漫画家が話題
(C)PIXTA

4月6日、漫画アプリ『ジャンプ+』にて新たな作品の連載がスタートした。そのマンガのタイトルは『ダンダダン』。公開直後からツイッター上でトレンド入りを果たすなど、多方面を巻き込んでダンダダン旋風が巻き起こっている。

同作は高倉健に憧れる女子高生・綾瀬と、オカルトマニアの男子・高倉が出会ったところから動き出す青春物語。綾瀬が幽霊を信じる一方、オカルトマニアの高倉は宇宙人の実在を信じており、お互いに相手の意見を認めようとしない。そこで2人は相手を説得するために、とある勝負を始めるのだった──。

作中ではSFやホラー、バトルといったジャンルがごちゃまぜになっており、まるで闇鍋のような作風。とはいえ第1話のサブタイトルは『それって恋のはじまりじゃんよ』と題されているため、今度の展開では2人のラブストーリーが物語の軸となるのかもしれない。

https://platform.twitter.com/widgets.js

異色の世界観で描き出されるボーイ・ミーツ・ガールに、ネット上では《「ダンダダン」えぐいて色々ぶっ飛んでて面白すぎた》《漫画の第1話でこれ以上面白いのできる?ってくらいには面白かった》《ダンダダンおもしろっ。2021年No.1新連載きたかもしれん》《先の読めないハイスピード展開で次はどうなるんだろうってワクワクが止まらない! 画力の高さもすごい》《開始数ページ読んだ段階でオチ予想出来た人、この世に居ないんじゃない?って感じする。鬼才すぎる…》と驚嘆の声が相次いでいる。

“鬼才”を育てた作家たち

同作は、「ジャンプ+」で数々のヒット作を生み出している名物編集者・林士平の担当作品だ。林のツイートによると、著者の龍幸伸は『チェンソーマン』の藤本タツキと『地獄楽』の賀来ゆうじのもとでメインアシスタントを務めていた人物らしい。

藤本は龍の才能を買っているようで、作品の公開が始まった直後に〝ながやまこはる〟名義のツイッターで「ダンダダン、めちゃくちゃ馬鹿で面白かったです。おすすめです」と絶賛。また、賀来も卓越した画力について「僕の知りうる限り、総合的な画力が最も高い人」と太鼓判を押している。

https://platform.twitter.com/widgets.js

その他、アシスタントとして関わった人物だけでなく、『アイシールド21』の村田雄介や『左ききのエレン』のかっぴーといった人気作家たちも「ダンダダン」に賛辞を贈っていた。

ちなみに龍は以前にも、「山田キキ一発」という読み切り作品で話題を呼んだことがある。同作は巨大化して怪獣と戦う女子高生の乙女心を描いた作品で、「ダンダダン」と通じるユニークな発想が満載。こちらも根強い人気を誇っており、《山田キキ一発、ジャンプラの読み切りの中で一番好き》《掲載されてから今までに5回ぐらい読んでる。好き》といった声が後を絶たない。

ひそかに人気を集めてきた実力派作家の新連載「ダンダダン」。今後、「ジャンプ+」の新たな看板作品となっていくかもしれない…。

文=猿田虫彦

【画像】

Kostiantyn Postumitenko / PIXTA

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

『ジャンプ』重要シーンで“誤植”発覚! 作者が謝罪するもツッコミ殺到

Next Post

『ONE PIECE』黄猿は革命軍のスパイだった!? 怪しすぎる言動の数々

Related Posts

【付録レビュー】「小学一年生」1月号、『ポケモン』ソーラーライトクリスマスツリー」と『すみっコぐらし』がこの季節にピッタリ♪【児童向け総合雑誌】

いまや付録で雑誌を選ぶのは当たり前。毎月魅力的な付録が登場し、どれにしようか迷いますよね。そこで、付録を実際に手にして、見た目や使い勝手を徹底レビューします! 今日の付録:「小学一年生」1月号、「ポケモンソーラーライトクリスマスツリー」「すみっコぐらし 金はがし」他 お得度:★★★★★(1,000円で電池不要のソーラーライトが付いてきます!)役立ち度:★★★★☆(クリスマスツリー・年賀はがきとこれからの時期にぴったりな付録♪)クオリティ:★★★★★(お家飾ってクリスマスを楽しめるツリー、それ以外の付録も◎。) 「小学一年生」(小学館)1月号の付録は、この4つ。 ・ポケモンソーラーライトクリスマスツリー ・<巻頭付録>すみっコぐらし カラフルまい日金はがし ・<巻頭付録>小学一年生 オリジナル年がはがき ・HugKum 1月号 メイン付録は、この季節を盛り上げる、クリスマスツリー型のライトが入っている「ポケモンソーラークリスマスツリー」。完成時のツリーの高さは約20cmで、ポケモンたちがあちこちにいる、かわいいデザインです☆ ツリーの土台に入っているソーラーライトは太陽光発電を利用した充電式なので、乾電池不要で繰り返し使えますよ。 早速組み立てて行きます! 今回はセロハンテープが組み立てに必須です。 まずは厚紙を手で切り離して、ツリーの飾り部分を全てくり抜きます。ハサミは不要です。 この作業は小1の娘1人で、できました。…
詳しく見る

【大相撲】カド番の正代が合同稽古で朝乃山に苦戦「足が出なくなる」

合同稽古で精彩を欠いた正代 大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)を控えた19日、国技館の相撲教習所で合同稽古が行われた。 大関正代(29=時津風)は大関朝乃山(27=高砂)との三番稽古で3勝12敗と苦戦。稽古後は「ちょっと一方的な相撲が多かったので、場所までの期間できっちり調整しないといけない。立ち合いはちゃんとぶつけられていたと思うんですけど、そこからの足が出なくなるというか、組み止められているので。もっともっと足が出るようにしないといけない」と反省しきりだった。 3月の春場所は7勝8敗と負け越し、来場所は自身2度目のカド番で迎える。「いろいろ考えても仕方ないので、とりあえずできることをやって。思い切り場所に合わせていけたら」と無心で臨む構えを見せた。  
詳しく見る

ウーマン村本の「好きなところ」を告白 松田ゆう姫、交際認め「ヤバい」と赤面

画像はジャストプロ公式サイトのスクリーンショット 故松田優作さんの長女で、モデル・アーティストの松田ゆう姫さんが、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」村本大輔さんとの「熱愛」を報じた「女性セブン」(小学館)報道について、テレビの生放送で交際を認めた。 松田さんは2020年12月6日放送の「サンデージャポン」(TBS系)に生出演。共演者らから「どうして付き合うことになったのか」、「どこが好きなのか」といった質問が次々に飛び、松田さんが「ヤバいヤバいヤバいヤバい」と赤面する一幕も…。 サンジャポ共演陣から質問相次ぐ 「ラブラブなの?」と直球質問を投げかけたのは、同番組の司会者、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さん。松田さんは時折頬を覆う仕草を見せながら、「ああ…いやいや、そんなことない…」と否定したが、直後に「ヤバい」を連呼。照れ臭そうな様子だった。 続いて太田さんが「あいつのどこが好きなの」と詰め寄ると、松田さんは 「右脳と左脳がバランスが興味深いなと思って」 と回答。太田さんが「バランスが『いい』わけじゃなくてね」と頷き、松田さんが「興味深い」と表現したことに理解を示していた。 アプローチは、松田さんからだと言う。出会ったきっかけについては「まだ、表に出てないんですけど、映像作品で一日だけ一緒になって」とコメント。その時は一言もしゃべれなかったそうだが、「その後に、いろいろちょっとこう、仲の良い人にちょっと言っといて、と」と知人の協力を得て交際に発展させたことを明かすと、太田さんは「そうなの!?マジで!?信じらんないよ」と驚愕していた。 デーブ「過激なコメントやツイート見て好きになったのか」 村本さんと言えば、かつてテレビ番組のインタビューで「炎上したら広がる。広がったら考える人が増える」と発言するなど、過激なコメントやツイートで知られる。出演者の一人で、テレビプロデューサーのデーブ・スペクターさんはそうした点を踏まえ、 「(村本さんは)発言が過激で知られてるんですけど、そういったコメント、ツイートを見て好きになったのか、あるいは討論したりはしないのか」 と質問。松田さんは「漫才見て面白いなと思ったから」と答え、過激発言については触れなかった。  
詳しく見る