『ONE PIECE』黄猿は革命軍のスパイだった!? 怪しすぎる言動の数々

『ONE PIECE』黄猿は革命軍のスパイだった!? 怪しすぎる言動の数々

『ONE PIECE』黄猿は革命軍のスパイだった!? 怪しすぎる言動の数々
『ONE PIECE』98巻(尾田栄一郎/集英社)

『ONE PIECE』には海賊や海軍といった勢力の他に、世界政府を打ち倒そうと暗躍する「革命軍」が登場する。元王下七武海のバーソロミュー・くまはそのメンバーだが、身分を隠して海軍にスパイとして潜り込んでいた。しかし実はもう1人、同じようにスパイ説が囁かれている人物が存在する。それは〝黄猿〟の通称で知られる海軍大将、ボルサリーノだ。

黄猿が革命軍のメンバーと疑われている理由は、マリンフォード頂上決戦での謎めいた振る舞いにある。彼はかなりの猛者であり、覇気すら習得していない当時のルフィでは相手にならなかった。しかしこの戦闘では、ルフィに何度も攻撃をしかけているにも関わらず、致命傷を与えていない。それどころか、ルフィの味方であるジンベエや白ひげのいる場所に蹴り飛ばすなど、攻撃するフリをして助けているようにも見える。

また、ルフィたちがマリンフォードから逃げる際に、ささやかな手助けをしたのも黄猿だった。黄猿が最後に放った「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」は、水中だろうと相手を貫く光の弾丸で、海中で避けるのは至難の業だ。しかし、追い打ちとして放たれた弾丸の雨はルフィたちに当たることなく、みすみす逃走を許してしまう。これはたんにルフィが幸運だったとも取れるが、黄猿が彼らを逃がすためにあえて弾を外したとも考えられるだろう。

違和感のある行動を繰り返す黄猿に対して、ネット上では《青雉や赤犬に比べてルフィに対する決定的な殺意ってなかったように感じるんだよね。殺そうとしてないし、ルフィへの追撃も止めてたからもしかしたら…》《シャボンディで居合わせ、麦わらの一味を形的に助けたクマは革命軍。黄猿もその後、クマをすぐに処罰することはなかった。ワンチャンあるかも》と疑う声が上がっている。

「どっちつかずの正義」の真意とは?

他にも、黄猿が「革命軍のスパイ」だと示す根拠はある。それは、黄猿の執務室に掲げられている「どっちつかずの正義」という文字だ。これが〝海軍と海賊どちらの味方でもない〟ことの伏線なのではないか…と推測する読者は少なくない。

また、黄猿のモデルとなった人物は、3月24日に亡くなった名俳優・田中邦衛さんだとされている。その田中さんが、映画『仁義なき戦い』で裏切り者の役をやっていたことから、黄猿も同様のポジションを演じるのではないか…と推測する読者もいるようだ。

最近の描写でも、黄猿は「ワノ国」で起きている戦いに参戦しようとしていた。その動機は、「海軍としてカイドウとビッグ・マムの接触を止めるため」といったものだが、実際にはルフィたちをこっそり手助けするのが目的だったのかもしれない。

今のところ、黄猿の真意を明らかにする決定的な証拠は出ていない。今後もニオわせを見逃さないように、その動向を見守っていきたい。

文=野木
写真=まいじつエンタ

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

『チェンソーマン』作者も絶賛!「ジャンプ+」に現れた“鬼才”漫画家が話題

Next Post

高橋みなみ「30歳になりました」、篠田麻里子「ようこそ」

Related Posts

Sexy Zone・中島健人、映画情報番組でMC挑戦。「2021 年、すごいことになりそう!」

2021年1月16日からWOWOWプライムとWOWOWオンデマンドでは、Sexy Zoneの中島健人がMCを務める映画情報番組「中島健人の今、映画について知りたいコト。」(初回は時間未定。2月以降は毎月第1金曜午後10:00)がスタート。ハリウッドをけん引する映画監督やクリエーター、さらに世界へ羽ばたく日本の映画監督へのインタビューや、映画制作現場の取材等を通じて、中島が知りたい“映画の今”について学ぶ。 中島は今年2月の「第92回アカデミー賞授賞式」において、WOWOWスペシャルゲストとしてレッドカーペットから授賞式前の現地リポートを担当。その映画愛あふれる熱のこもったリポートが好評を博したことが記憶に新しい。そんな熱い映画ファンで、より深く映画について知りたいと願う中島と共に、映画の最前線に迫っていく。 中島は「めちゃくちゃテンションが上がりました。とてもうれしくてしょうがなかったです。2020年の今から『2021 年、すごいことになりそう!』とソワソワしています。皆さんの期待に応えられるように、全力で臨まなければと思っています」と喜色満面。番組内容については「僕自身、映画についてたくさん知りたいことがあるので、まさに今映画の最前線で活躍されている方々のお話をたくさん聞いて、視聴者の皆さんと一緒に学んでいきたいです。この番組でしか、この時間でしか見られない、得られない、“映画財産”のようなものを皆さんと共有できたらいいなとも思います」と意気込む。 また「自分自身、いろいろなことをとても考えさせられ、いかにエンターテインメントが自分の力になっていたかを感じた1年でした。今このコロナ禍で劇場への熱が下がりつつあるかと思うのですが、番組を通して、映画・劇場に興味を持っていただけるように頑張っていけたら」と熱っぽく語っている。  
詳しく見る

函館・五稜郭公園は歴史も楽しめる散策スポット 開放感抜群の景色が最高

紅葉が最高潮の北海道函館市。短期移住中の筆者が、人気観光スポットである五稜郭公園を堪能してまいりました! 画像をもっと見る ■五稜郭公園とは? 先日ご紹介した「五稜郭タワー」から、その見事な五角形を見せてくれた、特別史跡・五稜郭公園。 時代が明治に移り変わるころ、旧幕府軍と新政府軍の間で勃発した戊辰戦争における「箱館戦争」、最後の砦となった場所です。 もともとは、江戸幕府が開港にともない築造したもので、函館山の麓にあった「奉行所」の移転先とされた城郭。 敷地内は水掘りで囲まれた五芒星。中世ヨーロッパの城塞都市を参考に設計された作りなのだそう。 関連記事:函館「香雪園」で、もみじフェスタ開始! 穴場スポットで秋を堪能する休日 ■橋を渡って歴史の舞台へ お堀の内側だけで東京ドームの約3倍もあるという五稜郭公園。見た目にもかなりの広さがあり、開放感抜群です! 公園内には貸ボートやカフェスペースなど、散策以外にも楽しめる場所がたくさんありますが、やはり目指したいのは復元された「箱館奉行所」(函館は明治2年まで「箱館」表記でした)。 公園内に入ってほどなくすると二の橋が出現。 綺麗な景色を堪能しながら渡りきると、奉行所への門へ到着。 門に入って、とりわけひらけた場所に「箱館奉行所」があります。 現在建っている建物は、明治4年に解体された元の奉行所を、可能な限りの当時の材料や工法で1/3復元したもの。まさに歴史の転換期となった場所…心なしか気持ちがシャキっとする想いです。 ■復元された「箱館奉行所」 復元された奉行所は、靴を脱いで中を見学することが可能。入ってみると、とても開放感のある、木の色彩が美しい空間が広がっていました!…
詳しく見る

吉田鋼太郎“セクハラ三昧”で好感度ダダ下がり「職権乱用」「キモい」

(C)ilolab / Shutterstock  ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の〝ヒロイン役〟で一躍女性人気を獲得した俳優の吉田鋼太郎が、ここのところ好感度を下げまくっている。 12月21日放送の『ごごナマ』(NHK)に出演した際も問題発言が飛び出した。番組で吉田にまつわるウワサとして、〝台本に書かれていないのにキスをする〟という話が持ち出された。具体的なお相手として仲間由紀恵、白石加代子、そして男性の林遣都まで、そうそうたる名前が並ぶ。 すると吉田は、明らかに動揺した素振りを見せながら「結果として良かったわけですからね」「キスはしたい。したいかしたくないかって言うと、したいですよそりゃ」などと弁解していた。 「仲間とのキスは、NHK連続テレビ小説『花子とアン』の時でしょう。吉田は仲間の額にキスをしたのですが、以前、吉田自身がこれはアドリブだったと明かしていました。このシーンはファンの間で〝名シーン〟だと評されており、吉田のアドリブでドラマが盛り上がったのです。しかし、台本に書いていないにも関わらずキスをするという行為は、現代の風潮とは相性が良くないのも事実です」(芸能記者) 「海外なら訴えられるレベル」 実際、今回の暴露話について、ネット上では 《これって、俳優の演技上の演出だから許されるの? おかしくない?》 《こんなセクハラの極みを許したらマズイでしょ!》 《海外なら訴えられるレベル》 《職権乱用したセクハラじゃん。くそきも》 といった声があがっている。 「今年9月放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、当時21歳だった女優の鈴木杏が、当時49歳の吉田鋼太郎に〝アドリブ〟で、軽いキスのはずが舌を入れてキスされたと明かしていました。こういった前科があるため、ネット上では吉田のセクハラ系の話に拒否反応を示す人が多いのでしょう」(同・記者) 私生活では、4回目の結婚を果たした22歳下の妻との間に子どもができたばかり。このバイタリティー溢れる言動は、いつまで続くのだろうか。 【画像】…
詳しく見る