PKCZ(R)新曲「GLAMOROUS」が『チャンスの時間』新EDソングに決定

PKCZ(R)新曲「GLAMOROUS」が『チャンスの時間』新EDソングに決定

PKCZ(R)新曲「GLAMOROUS」が『チャンスの時間』新EDソングに決定
PKCZ(R)

EXILE MAKIDAI・VERBAL・DJ DARUMAのオリジナルメンバーに加えて、白濱亜嵐が加入し、今年3月にリリースした新体制初となる配信シングル「GLAMOROUS」が、テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」の「ABEMA SPECIALチャンネル」で配信中の視聴者参加型バラエティ「チャンスの時間」(MC 千鳥)の新エンディングソングに決定した。

昨夜4月7日の配信回より使用され、番組開始から4年目に突入した『チャンスの時間』をさらに盛り上げる。

今回の起用にPKCZ(R)は「大好きな千鳥さんの番組のエンディングソングとして、僕たちの楽曲”GLAMOROUS”を起用していただき嬉しく思っています!是非いつか番組にもお邪魔させていただき、千鳥さんやゲストのみなさんと一緒に何かチャレンジしたいですね…!」と逆オファーともとれる(?)コメントを寄せている。

現在SNSでは「#PKCZグラマラスチャレンジ」が展開中。

楽曲「GLAMOROUS」のサビに合わせて、白濱亜嵐監修の“グラマラスダンス”にチャレンジをするこの企画は、6月にメジャーデビューが決定している新ガールズユニット「iScream」や、LDHの多国籍な新鋭グループ「PSYCHIC FEVER」らもチャレンジしており「かわいい!」「このダンスは覚えたい!」など話題に。PKCZ(R)メンバーも、ファン達の投稿に直接メンションするなど更なる盛り上がりを見せている。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

高橋みなみ「30歳になりました」、篠田麻里子「ようこそ」

Next Post

浮所飛貴&白石聖「胸が鳴るのは君のせい」撮影現場レポート

Related Posts

『M-1グランプリ2020』審査員3年連続同じメンツで不評!? 特に「立川志らくと上沼恵美子」が物議醸すワケ

12月20日に放送される漫才日本一決定トーナメント『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)。5801組の頂点を決める本大会では、毎回、審査員のメンツが視聴者の間で物議を醸すという。今年の審査員は、3年連続で同じメンバーで、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、 サンドウィッチマン・富澤たけし、ナイツ・塙宣之、松本人志、中川家・中川礼二の7名だが、いったい何が問題視されているのだろうか。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、漫才業界は興行的に大きなダメージを負った1年となったが、こと『M-1』に関しては、出場者数が過去最多の5081組を記録するなど、今年も絶好調。準決勝を勝ち上がった9組と、決勝当日の敗者復活戦を突破した1組の計10組で、決勝が争われる。決勝進出を決めた9組はアキナ、マヂカルラブリー、見取り図、ニューヨーク、おいでやすこが 、オズワルド(以上、吉本興業)、錦鯉(ソニー・ミュージックアーティスツ)、東京ホテイソン( グレープカンパニー)、ウエストランド(タイタン)。優勝者には優勝賞金1000万円が贈られる。 年末の話題を独占すること間違いなしの同大会だが、ここ数年毎年のように、ネット上で不満の声が出るのが審査員の顔ぶれだ。 「今年は3年連続で同じメンバーとあって、SNSでは『そろそろ審査員のメンツを替えたら?』『またこのメンバー?』 と不満を漏らす大会ファンの声があちこちで見受けられます。特に志らくと上沼は、毎回その審査や発言に疑問の声が集まり、『別の人にしてほしい』といわれがちです」(芸能ライター) 志らくは18年の大会で、ジャルジャルを「一つも笑えなかった」と言いながら99点をつけた一方、かまいたちについては、一度は褒めたものの「うまさを感じすぎてしまった」と低評価を下すなどして、視聴者の間で「ちぐはぐな評価」と物議を醸すことに。ほかにも、「なぜ落語家が漫才の採点を?」「落語家を審査員にするにしても、志らくより適任がいそう」といった身も蓋もない指摘が多く聞かれた。 「志らくは今年11月、『ワイドナショー』 (フジテレビ系)に出演した際、『M-1』ファンの間で『審査員を辞退すべき』とする声が出ている件を、『知っている』と打ち明けました。その上で、『世間の人が立川志らくというものを知らなすぎる』と不満を述べ、『自分と(立川)談春は落語界のダウンタウン。私が松本さんで談春が浜田さんのポジション』と胸を張り、自分は『M-1』の審査員にふさわしい人間であることをアピールした。こうした志らくの言動を、『思い上がりすぎ』と受け取る視聴者は少なくなかったようですね」( 同) 一方、上沼の場合は、「個人的な好き嫌いが露骨に審査や言動に現れることが、批判の的になっている」(同)という。 「例えば、17年の大会では、今年も決勝戦に駒を進めたマヂカルラブリーのネタを、『一生懸命頑張ってる。頑張ってるのはわかるけど、好みではない』『よう決勝残ったなと思って』と酷評。視聴者からは、『あまりにもひどい』『もっと真摯に審査すべき』とバッシングが巻き起こりました。昨年も、新進気鋭のコンビ・からし蓮根についてコメントをする中、突如、敗者復活戦で勝ち上がった決勝常連・和牛の“慢心”に怒り出し、説教を始めたんです。こうした若手芸人を畳み掛ける上沼の物言いが、特に若い視聴者から敬遠されているようです。ただ上沼の“説教”を楽しみにしている視聴者も多いと思いますが」(同) 今年も志らくと上沼の審査が波紋を呼ぶ展開となるのか。『M−1』の賞レースとともに、見守っていきたい。  
詳しく見る

株式会社TOKIO 事業内容は「福島の復興」と「山口達也の再興」

山口達也元メンバー 2021年春にスタートする「株式会社TOKIO」が、のっけから大忙しとなりそうだ。 ボーカルの長瀬智也が3月末でジャニーズ事務所を退所。残る3人で4月に「株式会社TOKIO」としてスタートを切り、社長を城島茂、取締役には国分太一と松岡昌宏が就任する。 気になる株式会社TOKIOの業務内容については、こんな話が漏れ伝わってくる。 「日テレの『THE!鉄腕!DASH!!』の中で福島の『DASH村』で農業などに携わってきましたが、新会社では東日本大震災で被災した福島の復興を手伝うというのが一つの柱となるといわれています」(テレビ関係者) 福島との接点はDASH村以降も続き、現在も福島のCMに出演し、農産物をPRしている。 「ジャニーズ事務所ではコラボは原則禁止なのですが、株式会社TOKIOならば柔軟に対応できる。農業系の新商品企画や、コラボ商品など『一緒に仕事しませんか?』という申し出が様ざまな方面から殺到しているそうです」(同) ただ、TOKIOメンバーの〝本業〟はタレント業だ。会社の仕事が忙しいあまり、本業をおろそかにするわけにもいかない。そこで白羽の矢が立つのが、昨年9月にバイク事故を起こした元メンバーの山口達也だ。その後、山口は酒気帯び運転で書類送検、罰金35万円の略式命令を受けた。 前出の関係者は「事件のケジメはもうついている。山口と言えば、DASH村で真剣に農業に勤しむ姿が話題になった。新会社に実務要員として合流し、企業との折衝に当たる可能性はあります。メンバーも山口さんのことは見捨てていませんからね」と話す。 山口が病から立ち直るためには、周囲のサポートが必要不可欠。株式会社TOKIOが受け皿になるしかない。  
詳しく見る

MF久保建英「ビリャレアルがヘタフェ移籍を容認」地元紙が報道

移籍秒読み?のMF久保建英(ロイター) スペインメディア「ディフェンサ・セントラル」は同国1部レアル・マドリードが同ビリャレアルの日本代表MF久保建英(19)のヘタフェ移籍を容認したと報じた。 ビリャレアルでリーグ13試合(先発2)に出場した久保はMFジェレミー・ピノ(18)ら若手の急成長で出番が激減。19日のオサスナ戦、22日のビルバオ戦と2試合連続で出場機会がなく、クラブ側も放出に前向きと報じられるなど、移籍市場の解禁に合わせ、他クラブへの移籍がささやかれている。 すでに同1部ヘタフェが久保の獲得に乗り出していると報じられているが、同メディアは「クラブに近い情報源から聞いた」とし「Rマドリードは日本人が素晴らしい才能を発揮できるように隣のクラブに加わることに同意している」と伝え、その理由としてはヘタフェが競争力のあるチームであり「久保にとって最良の選択になる」としている。 もちろん、ヘタフェは資金難のため、半期分のレンタル料となる150万ユーロ(約1億9000万円)の捻出が欠かせないなど、資金面の問題はあるものの、久保の所属元となるRマドリードが1月の退団を容認したことで久保のビリャレアル退団は加速することになりそうだ。  
詳しく見る