EXILE TETSUYA「EXPG高等学院」エンタメ感満載の二期生オンライン入学式開催

EXILE TETSUYA「EXPG高等学院」エンタメ感満載の二期生オンライン入学式開催

EXILE TETSUYA「EXPG高等学院」エンタメ感満載の二期生オンライン入学式開催
EXILE TETSUYA、佐藤暖、村上琉貴

EXILE TETSUYAが学長を務めるEXPG高等学院の二期生の入学式が4月7日、バーチャルステージにてオンライン形式で開催された。

EXPG高等学院とは、ダンスを本格的に学びながら高校卒業資格を取得することができる、新しいスタイルの学校。「ダンスを仕事にしたい」という学生たちのために、総合エンターテインメントスクール「EXPG STUDIO BY LDH」と「学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校」が提携して、2020年4月に開校。東京・名古屋・大阪校にて、総勢118名の一期生を迎えてスタートした。

EXILE TETSUYAが学長を務め、制服のディレクションはEXILE NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)が担当。昨年度は『特別講義』の講師としてEXILE HIROを筆頭に、EXILE AKIRA、EXILE NESMITH、小林直己、世界、佐藤大樹、白濱亜嵐、中務裕太、佐野玲於、岩谷翔吾ら、EXILE TRIBEメンバーたちが参加するなど、EXPG高等学院にしかできない授業を展開している。今年は新たに福岡校も開校し、総勢130名の二期生を迎えることになった。

入学式は、LDHの公式動画サービス CLを通じて無料で公開され、新入生は各校舎から参加する形に。離れたところに住む家族や親戚とも記念すべき式典を共有できるのはオンラインの良さともいえる。

開式時刻になると、流れてきたのはEXILEの「I Wish For You」。そして一期生たちが眩しい笑顔でダンスパフォーマンスを披露していく。MVさながらの映像は、二期生を歓迎するお祝いムービーだ。

カメラは各校をつなぎ、ついには入学式会場のスタジオへ。すると、そのパフォーマンスの輪に、学長のTETSUYA、さらに中務裕太、佐藤大樹も加わっていく。入学式とは思えないライブのような華々しさ。まさにダンスが好きな生徒たちにとって「こんな学校があったらいいな」が形になった学校の入学式が目の前に広がっていた。これが新しい学生生活の始まりとなる新入生にとっては、より一層胸が高鳴ったに違いない。

司会はMC USKが担当し、ラップで自己紹介するのも、まさにEXPG高等学院らしいシーン。TETSUYAによる学長挨拶では「夢」についての熱い想いが語られる。TETSUYA自身が20代前半にEXILEになりたいという夢を抱いたこと。そして、実際にEXILEになることができたとき、また新たな夢がいくつも生まれたこと。「夢は何個持っても、何個追ってもいい」「登りたい山をいくつもリストアップしてほしい」と新入生たちを鼓舞した。

来賓祝辞では、学校法人角川ドワンゴ学園 理事の夏野剛がVTRで登場。勉強面でのサポートを約束し、ダンススキルと知性を兼ね備えた人になってほしいと訴える。さらに、TETSUYAが早稲田大学大学院生時代、共に学んだという青山学院大学陸上競技部監督・原晋も合宿先の新潟よりビデオメッセージで出演。学校生活もスポーツも、なかなか活動しにくいご時世だが、そういうときこそ一人ひとりの想いや熱量が感動や勇気を届けるのだと語り、「得意を伸ばして成長していく3年間に」とエールを送った。

また、スタジオでは世界初&日本発のダンスのプロリーグ『D.LEAGUE』を立ち上げた、株式会社DリーグCOO 神田勘太朗の姿も。「ダンスを仕事にしたい」というパッションで駆け抜けてきた神田だが、才能豊かなダンサーが「Dリーガーになりたい」と思えるような未来を築き続けており、新入生にも「パッショニスタを自分の中に見つけて、カッコいい大人になってほしい」と熱い言葉を投げかけた。

入学式の後半には、一期生を代表して佐藤暖がステージに。彼女はEXPG高等学院の在校生でありながら、LDHの3人組ガールズユニット iScreamのHINATAとして2021年6月にメジャーデビューすることが決定している。学生生活という二度とない青春を謳歌しつつ、メジャーデビューやDリーガーとして活躍するなど、夢を叶えている先輩たちがいるのもEXPG高等学院の魅力。佐藤暖は、EXPG高等学院で多くの仲間と共に過ごしたこの1年間の充実した日々について振り返り、「緊張や不安があると思うけど、夢を持ってダンスに全力で向き合い、学生生活を楽しみましょう」と心強いコメントを寄せた。

そんな入学を歓迎する多くの声に応えるように、新入生を代表して村上琉貴が堂々とした挨拶を披露。ダンススキルのみならず人間力を向上させ、当たり前のことを当たり前に行ない責任ある行動を取ること、そして何よりも全力で楽しむことを誓う。あまりにしっかりとした挨拶に、TETSUYAも「今日(登場した人の中で)一番緊張してないかも」とニッコリ。頼もしい二期生たちの活躍に期待が高まる挨拶となった。

さらに昨年度、特別講師を務めたEXILE TRIBEメンバーたちからもお祝い動画も届くという豪華さ。現役アーティストから、ライブの作り方やパフォーマンスをする上での心構えなど、知りたいことをダイレクトに聞くことができる夢のような特別講義が、本年度もきっと行われることだろう。新型コロナウイルスの猛威が終息した際には、オフラインで参加できる授業参観やイベントも開催していきたいと語られ、ますます進化が楽しみなEXPG高等学院である。

いち生徒としてだけではなく、新しく始まったばかりの学校を作り上げる一員として、同じエンターテインメントを作り上げていく仲間として、そしてダンスの世界を盛り上げていく同志として、迎え入れられることが伝わってきた熱い入学式。新入生には、大事な仲間と共に、夢を見つけ、可能性を広げ、3年間をフル活用して大きく羽ばたいていってもらいたい。

LDHの公式動画サービス CLにて、番組放送終了後〜4/11(日)23:59まで、無料でアーカイブを視聴が可能。 【CL無料生放送】令和3年度 EXPG高等学院 入学式(2021年4月7日放送分) https://www.cl-live.com/programs/live/dFuk7vaao4tWSMuFvhEWwn?utm_medium=social&utm;_source=referral&utm;_campaign=url_share

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

浮所飛貴&白石聖「胸が鳴るのは君のせい」撮影現場レポート

Next Post

芳根京子、運命の分岐点を切り撮った場面写真8点解禁

Related Posts

梅沢富美男 渡部会見で質問した記者らをバッサリ「国民はそんなこと聞きたいと思ってないから」

梅沢富美男 俳優の梅沢富美男(70)が3日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に生出演。謝罪会見を行ったお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)について、自身の見解を語った。 6月に「週刊文春」で報じられた多目的トイレ不倫をきっかけに芸能活動を自粛中の渡部が、3日午後7時から記者会見を実施。渡部は、冒頭「謝罪会見が遅くなってしまったこと、大変不適切な場所での不貞行為、これに関しても深くおわび申し上げたいと思います」と謝罪。今後の仕事再開については意欲的な姿勢を見せたものの、コンビとしての活動は「これからです」とした。 梅沢はこの会見について「囲み取材要らないんじゃないか。誰のための囲み取材だよ。カメラがどうの、1万円がどうのって。国民の人たちはそんなこと聞きたいと思ってないから」と記者の質問を疑問視した。 続けて「みんなに関係ないだろ。横に来て、密になってんだよ。近くでガーガーガーガー。『どうしてトイレでやった』『なんで1万円なんですか』とかって大きなお世話だよ」とキッパリ。「そういうことじゃなくて、彼が復帰をするためにどういう考えでいるのかを聞いてあげればいいんだよ」とした。 ネット上でも渡部の記者会見中、記者たちの質問に不快感を示すコメントが数多く投稿されており、この梅沢の発言には「スッキリした」「やっぱり変だと思ってた」など賛同する声が寄せられていた。  
詳しく見る

NEWS・小山慶一郎、姉で料理研究家・みきママは「やっぱりすげぇ」! 何度も電話がかかってきたワケ

12月8日深夜に放送された、NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)。ラジオ収録前日、母親が家に来たといい、2人で“おうちキャンプ”をしたと語った。 現在、すっかりキャンプにハマっている小山は、料理グッズなどさまざまなキャンプ用品を購入しているようで「これ使って“おうちキャンプ”してみない?」と提案したところ、母親は「やろう!」とノリノリで快諾したとか。そこで、クッカー(キャンプ用調理器具)を出してお米を炊いたり、フライパンでお肉を焼いたりしながら「ここがキャンプ場だとしたら調味料は何があるかな?」と話し、キャンプ気分を楽しんだよう。 最後は「オイルランタンに火を灯し、家の電気を全て消し、母親と2人でランタンを眺めるという絶妙な時間を過ごした」とのこと。すると、翌日に母親はさっそく同じクッカーをネットで注文していたようで、「キャンプじゃなくてキャンプ用品にハマったようで。そんなこともあるんだな。楽しい1日を過ごしました」と報告していた。 また、増田貴久がレギュラー出演している『ぐるぐるナイティナイン』(日本テレビ系)内のグルメチキンレース「ゴチになります」に出演した際、料理研究家・みきママとして知られている姉のエピソードを明かしていた小山。 姉は普段から弟のテレビ出演をチェックしているようで、「ゴチ」でビリになり全額支払いをする羽目になったことについて、「ゴチ、本当に支払いしたの?」と確認の電話もかかってきたという。 さらに、「ゴチ」で流れた幼少期の再現VTRでは“昔、姉が作ってくれたご飯がまずく『マズイ』と言ったら、姉がフライパンを投げてきた”とのエピソードを明かしていたが、姉のほうは「あたし、フライパンなんて投げた!?」と、すっかり忘れてしまっていたとか。小山は「やっぱり覚えてないんだ。トラウマを抱えたほうは覚えてる」とブツブツ言っていた。 とはいえ「あのとき、あんなに『料理ちょっとどうなんだろう?』と思ってた姉が、今は何作ってもうまいからね。それはやっぱりすげぇなと思いますよ」と、現在の料理の腕は認めていたのだった。 仲睦まじい家族のエピソードにファンからは「親子でキャンプごっこする36才の息子と母親。仲良しで可愛すぎるし羨ましすぎる」「慶ちゃん家族は仲良しだな。慶ちゃんが優しいのはこの家族あってこそかな」「慶ちゃんファミリー本当にみんな楽しい人たちで微笑ましい」などの声が集まっていた。  
詳しく見る

松たか子主演「大豆田とわ子と三人の元夫」スピンオフ配信決定。本編とは異なるパラレルな世界の物語

フジテレビ系では本日4月13日から、松たか子主演の連続ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」(火曜午後9:00=関西テレビ制作)がスタート。このほど、同作のスピンオフドラマ「チェインストーリー 大豆田とわ子を知らない三人の男たち」がドラマ本編の地上波放送終了後から、GYAO!(https://yahoo.jp/Db-dBE)で独占配信されることが決定した。 本編の「大豆田とわ子と三人の元夫」は脚本家・坂元裕二氏による完全オリジナルストーリーで、3回結婚して3回離婚したバツ3の子持ち独身女性・大豆田とわ子(松)が、3人の元夫に振り回されながら日々奮闘する姿を描くコメディー。とわ子のことを忘れられない元夫として、最初の夫・田中八作を松田龍平、2番目の夫・佐藤鹿太郎を角田晃広、3番目の夫・中村慎森を岡田将生が演じる。 スピンオフドラマでは「元夫たちがとわ子と出会っていないパラレルな世界」で生活していたら…という設定となっており、本編でも登場するレストラン「オペレッタ」を舞台に物語が繰り広げられていく。 本編では「オペレッタ」のギャルソンである八作も、弁護士の慎森も、カメラマンの鹿太郎も、こちらの世界では「オペレッタ」の日替わりシェフとして働いている。そして、3人はとわ子のことを知らない。また、本編ではとわ子の部下・松林カレン(高橋メアリージュン)が、スピンオフドラマでは配達員として店を出入りするなど、そのほかの登場人物たちも“個性的なキャラクターを生かした別の設定”で現れ、3人の下で働くスタッフ・丸田タカト役で小泉光咲が出演する。 ストーリーを手掛けるのは、坂元氏自身が教鞭をとる東京藝術大学大学院・映像研究科の卒業生で、坂元氏のゼミで鍛え上げられた若き2人の脚本家、市之瀬浩子氏と兵藤るり氏。演出・瀧悠輔氏をはじめ、ドラマ本編のスタッフが制作を担当する。  
詳しく見る