STU48 川又あん奈、田中美帆、吉田彩良、2期研究生の仲の良さを見せつける!『CMNOW vol.210』登場

STU48 川又あん奈、田中美帆、吉田彩良、2期研究生の仲の良さを見せつける!『CMNOW vol.210』登場

STU48  川又あん奈、田中美帆、吉田彩良、2期研究生の仲の良さを見せつける!『CMNOW vol.210』登場
STU48 川又あん奈、田中美帆、吉田彩良((C)大塚素久(SYASYA)/CMNOW)

STU48の川又あん奈、田中美帆、吉田彩良が、4月9日(金)発売の『CMNOW vol.210』に登場する。

STU48は『STU48 CHANNEL』内の企画で、『CMNOW』特装版表紙争奪バトルを開催。1期生の石田千穂、甲斐心愛、瀧野由美子と、2期研究生の川又あん奈、田中美帆、吉田彩良が白熱のバトルを展開した。

今回は、そのバトルに僅差で勝利を収めた2期研究生3名のスペシャルな撮り下ろしをお届けする。

STU48  川又あん奈、田中美帆、吉田彩良、2期研究生の仲の良さを見せつける!『CMNOW vol.210』登場
『CMNOW vol.210』表紙((C)矢西誠二/CMNOW)

『CMNOW vol.210』

4月9日(金)発売

・読者が選ぶCM大賞2020新人俳優賞を獲得した森七菜が、『CMNOW』の表紙・巻頭特集に初登場! その魅力をたっぷりとお届けします。

・僕らはショートカットが大好きなんだ。 志田彩良

・美女と、食べる。 其原有沙

・春風そよぐNEW CM COLLECTION

髙橋ひかる/上白石萌歌/池田エライザ/茅島みずき/伊藤沙莉/福本莉子/田畑志真

・CREATORS NOW

スタイリスト・有咲

・STU48

2期研究生(川又あん奈・田中美帆・吉田彩良)

1期生(石田千穂・甲斐心愛・瀧野由美子)

・連載

白石聖の「聖なる声」

・初出演! 輝かしい未来を祈願

野口衣織・大谷映美里(=LOVE)、冨田菜々風(≠ME)

・好評連載 グラビア 文学と美少女

マーシュ彩

ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』

・NEXT GIRL

瀧七海/並木彩華/志田こはく

・NEXT BUZZ GIRLネット発の美女を直撃

まこ

・NEXT GAL

瀬戸ももあ

・見つけた! キラリ☆ガール

駒井 蓮/白本彩奈/中里萌/橋本乃依/長澤樹/夏海/石山蓮華

・CMNOW BOYS

赤楚衛二 8ページ特集・ロングインタビュー

・Next Boy

荒木飛羽

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

=LOVE 野口衣織&大谷映美里、≠ME 冨田菜々風、神社で素顔を見せる!『CMNOW vol.210』登場

Next Post

森七菜、春の日差しに戯れるなど愛くるしい姿を披露!『CMNOW』表紙巻頭初登場

Related Posts

ももクロ<第4回 ももいろ歌合戦>、第1弾に木梨憲武、HYDE、えなこ、エビ中、たこ虹、アプガら

(C)AbemaTV,Inc. ももいろクローバーZが、2020年12月31日(木)に開催する<第4回 ももいろ歌合戦>の第1弾出場者を発表した。 2017年からスタートし、毎年日本を代表する大御所歌手をはじめ、ももクロと親交の深い人気歌手や、ヒットチャートの最前線で活躍するアーティストが続々と登場し、一夜限りの豪華なコラボライブを披露する<ももいろ歌合戦>。 11月30日(月)に実施された本大会の記者会見では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で『グランドプリンスホテル新高輪 飛天』にて史上初の“無観客”で開催すること、またテーマが“ニッポンの底力”であることが発表された。 メンバーの百田夏菜子は、“2020年は新型コロナウイルスなどの影響で、みなさんからの笑顔が少なくなってしまいました。そのみなさんの笑顔を2020年の最後に盛り返すくらいの勢いでやっていきたい。今も大変な状況が続くので「負けないぞ」という気持ちを込めて、みなさんの笑顔を盛り返したい”と、今回のテーマについて説明。 ももクロメンバー内の組み分けは、昨年同様に玉井詩織と高城れにが“紅組”、百田夏菜子と佐々木彩夏が“白組”に。前回大会で“白組”に敗れて悔し涙をのんだ玉井と高城がリベンジを誓った。 今年は“史上最多”となるアーティストの出演を予定。会見では第1弾大会出場者として、人気実写&アニメシリーズ・アイカツプラネット!、株式会社夢グループの石田重廣社長と保科有里、4人組バンド・HY、コスプレイヤーのえなこ、アニソンシンガー・オーイシマサヨシ、次世代ボーイズグループ・OWV、歌舞伎俳優の尾上松也、シンガーソングライターの川崎鷹也、お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武、大人気YouTuber兼アーティスト・スカイピース、ザ・ドリフターズの高木ブー、女優の戸田恵子、バンド・703号室、L’Arc~en~CielのHYDE、メディアミックスプロジェクト『D4DJ』に登場するユニット・Happy Around!、ピアニストYouTuber・ハラミちゃん、TikTok発シンガーソングライター・ひらめ、ガールズグループ・mirage²、コミック系ラウドバンド・夕闇に誘いし漆黒の天使達、夢スター春・秋の選抜メンバーであるあべ静江・石井明美・桑江知子・ZERO・平浩二・高道・保科有里・三善英史、シンガーソングライター・Reolの初出場を発表。 また、昨年に続き、さだまさしや水前寺清子、松崎しげるといった大物歌手をはじめ、氣志團、Creepy Nuts、倖田來未、西川貴教など近年の音楽界を代表する人気アーティストやヒプノシスマイクなど、ジャンルも世代も超えた豪華な顔ぶれが勢揃いする。 加えて、会見では、数々の記録的ヒット作を手がける本広克行監督が演出する“機動戦士ガンダム〜はじまりのはじまり〜”のコーナーや、ヒプノシスマイクによる“特別応援ラップ”、夢グループによる“オールスター歌謡ショー”、昨年も大好評を呼んだ“最強アイドルメドレー”など、バラエティに富んだコーナー企画の詳細も発表された。 新型コロナウイルスによって人類史に残る未曾有の事態となった2020年は、エンタテインメントの存在意義が改めて問い直されるとともに、その“灯火”が暗い世の中を静かに照らし続けた1年でもあった。そんな年の最後に、大いなる歌の祭典に挑むにあたり、百田は“今だからこそ届けられるエンタテインメントを”と意気込みを語った。 また、本会見が生中継されている間に番組の公式ハッシュタグ「#ももいろ歌合戦」がTwitterの日本トレンド2位にランクインするなど、早くも注目度を高めている。 『第4回 ももいろ歌合戦〜ニッポンの底力〜史上最多アーティストと年越し7時間生放送』は、2020年12月31日(木)18:00から7時間にわたり『ABEMA』で全編生中継、BS日テレでは19:00〜24:45、ニッポン放送では22:00から放送となる。 『第4回…
詳しく見る

米津玄師×是枝監督のMVが大不評!「初めて人選ミスったんじゃない?」

画/彩賀ゆう (C)まいじつ 11月19日、人気アーティスト・米津玄師による『カナリヤ』のミュージックビデオがYouTube上で公開された。ノスタルジックな雰囲気が漂う完成度の高い映像に仕上がっているものの、ファンの間では批判の声が上がっているようだ。 「カナリヤ」は8月5日にリリースされたアルバム『STRAY SHEEP』に収録されている楽曲。今回解禁されたミュージックビデオは、『万引き家族』などで知られる大物映画監督・是枝裕和が手掛けており、ファンから大きな注目を集めることとなった。 映像は薄暗い部屋で米津が歌っているシーンからスタート。全体としてドラマや映画のようなストーリー性を感じさせる構成となっており、壮大な男女の物語が情感たっぷりに描き出されていく。 米津玄師だけでいい? 映画のようなMVに不満続出! 今回のミュージックビデオは、音楽と映画という異なるジャンルのトップランナーによるコラボを実現。しかし、米津が歌っているシーンが少ないことについて、一部のファンからは、 《正直好きなアーティストが歌ってるシーンだけ出してくれればいい。知らない俳優やモデルが出演してもそんなに…と思う》 《アーティストのガチオタから言わせたらアーティスト本人の映像が至高で至福なんだよね。こんな映画チックなの要らないんだよなぁ》 《出演者そんなに必要? LOSERみたいに米津が一人ぐにゃぐにゃ踊ってるだけでいい》 《正直な感想このカナリヤは失敗だと思う。残念。是枝を見せられただけの残念動画》 《ドラマ仕立て要らない。だったら米津さんが何かしてるところを撮ってくれたほうが嬉しい》 《米津玄師さんに対して、初めて人選ミスったんじゃない?って思った》 といった不満の声が相次いでいる。 「今回の作品は、米津のミュージックビデオとしては異色の構成となっていますね。これまでの映像はあくまで米津を魅せることをメインとして、ダンスや歌唱のシーンが描かれていました。山田智和監督とコラボした『カムパネルラ』も米津以外の人物が出演していますが、あくまで彼の添え物。しかし『カナリヤ』では、ミュージックビデオのストーリーを優先したのか、米津の出番は少なめとなっています。米津目当てのファンは納得いかなかったのでしょう」(カルチャー誌ライター)…
詳しく見る

ストレイテナー「前に進みたい」ライブで見せたロックバンドの可能性

ストレイテナー【Photo by Viola Kam(V’z Twinkle)】 ストレイテナーが12月17日、渋谷CLUB QUATTROでワンマンライブ『STRAIGHTENER20201217』を開催した。彼らにとって2020年唯一のワンマンライブであり、会場は彼らが過去に名演を繰り広げてきた渋谷CLUB QUATTRO。また、このライブは会場にオーディエンスを迎えると同時に、生配信でも届けられた。 開演前、見慣れたクアトロには見慣れない椅子がズラリ。でも、座って静かに待つ人たちのTシャツには「STRAIGHTENER」のロゴがあり、腕にはラバーバンドが見える。そして暗転すると、すかさず立ってマスク越しに笑顔をのぞかせながら、ハンドクラップで大歓迎! この時点で、どんな状況でも楽しもうとするオーディエンスが揃っていることがわかった。 1曲目は、『Applause』に先駆けて10月にリリースされたシングル『叫ぶ星』。のちのMCで、ナカヤマシンペイ(Dr)「久しぶりに出てきて新曲はよくないね」、ホリエアツシ(Vo/G)「肝が縮んだね」という会話もあったが、彼ららしい攻めの姿勢が出たオープニングだったと思う。続いては『泳ぐ鳥』。『叫ぶ星』は『泳ぐ鳥』のオマージュでもある。過去と今をつなぐ、とても物語性のある曲順だ。次の『FREEZING』も、長らく彼らのライブを沸かせてきたナンバー。ストレイテナーがライブハウスに帰ってきた――そんな感慨が胸に押し寄せてくる。 「俺たちストレイテナーっていいます。久しぶりで力入っちゃってます。そして、ちょっとカッコつけちゃっています」という、なんとも正直なホリエの挨拶から、ほぐれるように伸びやかな『彩雲』へ。そして、彼らが新たなダンスチューンとして提示した『Graffiti』。2020年4月リリースなので、まだそこまでライブでは披露されていないけれど、客席は心地よさそうにゆらゆらと揺れていた。続く『DAY TO DAY』では、ナカヤマ、日向秀和(B)、大山純(G)の見せ場も映える。このアンサンブルが体感できるのは、ライブならではだ。 ここからは、冬のにおいがする楽曲が続く。澄んだメロディのピアノがきらめく『Toneless Twilight』、笑みを称えながら歌うホリエが印象的だった『灯り』、そして11月にリリースされたシングル『さよならだけがおしえてくれた』。これは、じっくりと聴き入るイメージの楽曲だったのだが、ライブになるとエモーショナルに響いてきて、さらにグッときた。 中盤を迎え、4人全員が口を開くMCタイム。楽屋やオープニングの裏話では、ライブのモードがカッコつけているみたいで気になったことや、「緊張した!」「いいなあ、この感じ!」といった言葉が飛び出していて、人間味に溢れていた。ナカヤマが「『さよならだけがおしえてくれた』のアウトロで、みんなの解放された顔が忘れられない」と言っていたけれど、百戦錬磨の彼らのそんな表情が見られるのは、このタイミングのライブだけだと思う。 そこから、待ってましたと言わんばかりにコブシがあがった『Melodic…
詳しく見る