森七菜、春の日差しに戯れるなど愛くるしい姿を披露!『CMNOW』表紙巻頭初登場

森七菜、春の日差しに戯れるなど愛くるしい姿を披露!『CMNOW』表紙巻頭初登場

森七菜、春の日差しに戯れるなど愛くるしい姿を披露!『CMNOW』表紙巻頭初登場
『CMNOW vol.210』表紙((C)矢西誠二/CMNOW)

森七菜が、4月9日(金)発売の『CMNOW vol.210』の表紙巻頭に初登場する。

NTTドコモや大塚製薬の「オロナミンC」、フジパンなどのCMに登場し、次期CM女王と呼び声の高い森。

本誌ではモード系の衣装で春の日差しに戯れる姿や、リラックス感溢れる三つ編み、フィルムカメラを手にはしゃぐシーンなど、愛くるしい表情を見せている。

また付録には、森のB3ポスターがつく。

森七菜、春の日差しに戯れるなど愛くるしい姿を披露!『CMNOW』表紙巻頭初登場
森七菜((C)矢西誠二/CMNOW)
森七菜、春の日差しに戯れるなど愛くるしい姿を披露!『CMNOW』表紙巻頭初登場
森七菜B3ポスター

『CMNOW vol.210』

4月9日(金)発売

・読者が選ぶCM大賞2020新人俳優賞を獲得した森七菜が、『CMNOW』の表紙・巻頭特集に初登場! その魅力をたっぷりとお届けします。

・僕らはショートカットが大好きなんだ。 志田彩良

・美女と、食べる。 其原有沙

・春風そよぐNEW CM COLLECTION

髙橋ひかる/上白石萌歌/池田エライザ/茅島みずき/伊藤沙莉/福本莉子/田畑志真

・CREATORS NOW

スタイリスト・有咲

・STU48

2期研究生(川又あん奈・田中美帆・吉田彩良)

1期生(石田千穂・甲斐心愛・瀧野由美子)

・連載

白石聖の「聖なる声」

・初出演! 輝かしい未来を祈願

野口衣織・大谷映美里(=LOVE)、冨田菜々風(≠ME)

・好評連載 グラビア 文学と美少女

マーシュ彩

ジーン・ウェブスター『あしながおじさん』

・NEXT GIRL

瀧七海/並木彩華/志田こはく

・NEXT BUZZ GIRLネット発の美女を直撃

まこ

・NEXT GAL

瀬戸ももあ

・見つけた! キラリ☆ガール

駒井 蓮/白本彩奈/中里萌/橋本乃依/長澤樹/夏海/石山蓮華

・CMNOW BOYS

赤楚衛二 8ページ特集・ロングインタビュー

・Next Boy

荒木飛羽

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

STU48 川又あん奈、田中美帆、吉田彩良、2期研究生の仲の良さを見せつける!『CMNOW vol.210』登場

Next Post

AKB48、メンバー直筆サイン入りオリジナルTシャツが当たる『ロードモバイル』ファン参加型パワーバトル開催中!

Related Posts

松下洸平が明かす理想の恋愛観「大切なことは、スピードが一緒かどうか」——「#リモラブ」出演者インタビュー

波瑠さん演じる久しく恋愛をさぼってきた“おひとり様”の産業医・大桜美々が、オンラインゲームで知り合った顔も名前も分からない相手に恋をする恋愛弱者ラブコメディー「#リモラブ~普通の恋は邪道~」(日本テレビ系)。11月18日に放送された第6話では、ついに“生草モチ”と“生檸檬”がご対面。2人は晴れて付き合うことになり、今後の展開も気になるところです。 今夜(12月2日)放送の第7話を前に、“檸檬”こと青林風一を演じる松下洸平さんを直撃。ドラマの見どころや松下さんの恋愛観についてお伺いしたほか、とうとう残り1カ月となった2020年を振り返っていただきました! ――はじめに、青林を演じてみての印象や感想を聞かせてください。 「青林はとてもおおらかで、優しいですよね。ただその一方で、彼はちょっと頑固な部分があって。自分の中で正しいと思ったことを、なかなか曲げられない性格というか。そこがやっていて面白いなと思いますし、同時に難しい部分でもあります。今まで本編で出てきた中で言うと、(川栄李奈さん演じる)我孫子(沙織)ちゃんに去年のバレンタインにチョコをもらって、1年後のホワイトデーに返事をするっていう(笑)。僕自身が彼を理解してあげたいなとは思いながらも、普通ではありえない彼のこのスパンでの考え方や、恋愛に対してだったり、人との接し方はすごく独特だなと思います」 ――確かに。かなりの時間をかけて決断していますよね。 「はたから見てると『長っ』って思うんですけど、彼にとってはそれくらい大切な一つ一つで。お付き合いをしていても、上司やいろんな人にごあいさつをするまで手もつなげない。いい言い方をすると、とってもピュアなんですけど、変な言い方をすると、めっちゃ面倒くさい(笑)。それを見て『あおちゃんめんどくさ~』と思うんだけど、『まあ、あおちゃんだからな』という説得力を持たせるためにどうすればいいんだろうと、日々演じながら考えています」 ――そんな青林の“頑固さ”と似たものは、ご自身にもありますか? 「俳優は頑固な人が多いですからね(笑)。種類や考え方、一つ一つの出来事は違えど、僕自身も曲げられない部分はありますし。信念を持ってこの仕事をさせていただいているので、絶対に曲げられない部分はあります。そういう意味では、その頑固さは大事だなと思います」 ――ちなみに、本作には個性的な役がたくさん登場しますが、“恋の容疑者”の5人の中で、松下さんが魅力的だと感じるキャラクターはいますか? 「ごもちゃん(間宮祥太朗さん演じる五文字順太郎)はいいですよね。優しくて、うそのない。最初、美々先生とくっつくためにうそをついたりはしていましたけど(笑)。でも、そこからちゃんと本当のことを話して、そこにあおちゃんが入ってきても、静かに美々先生とあおちゃんの恋をちゃんと見守ってくれる。そんなごもちゃんの懐の大きさに、僕もオンエアを見ながら胸をキュンキュンさせています」 ――“あおちゃん&ごもちゃん”はSNSでも話題になっていますね。 「間宮くんと一緒にお芝居をしていて、彼との波長がとても気持ち良くて。彼はすごく…何だろう、独特な包容力がある人だなと思うんですよね」 ――“包容力”ですか? 「優しいんですよね、間宮くん。ものすごく。普段もあんな感じでしゃべりますしね」 ――松下さんから見て、間宮さんはどんな役者さんですか? 「僕よりも年齢は若いですし、いい意味でギラギラした俳優なのかなと思っていたら、すごくソフトで。温かい人でしたね。チクっとしないっていうか、刺されてもチクっとしない鋭さ。間宮祥太朗という俳優が演じると、ごもちゃんはああいう感じになるんだと思って。ごもちゃんのしゃべり方とか間合い、テンポにもすごく影響を受けてあの2人のシーンが出来上がるので。一緒にやっていて、とても楽しいです」 ――今回はSNSでの出会いをきっかけに始まる恋が描かれていますが、松下さんはどんな恋愛の始まり方が理想ですか? 「理想ですか…何でしょうね。でも、出会い方に正解はないと思っているので。SNSだろうが、もともと友達で恋愛に発展するでもいいですし、一目ぼれでもいいし。いずれにせよ、最終的に2人が幸せならどれでもいいと思ってて。出会い方よりも、相手に対する最初の印象の方が重要かなと」…
詳しく見る

石井杏奈、女優として生きる覚悟「自分なんてどうでもいい、身体がどうなってもいいから」

『MONDAY』『DRIVE』など意欲的な作品を数多生み出してきたSABU監督が、「自信しかない作品」と満を持して世に放つ最新作は、竹宮ゆゆこによる小説を実写映画化した『砕け散るところを見せてあげる』。高校生の男女による、常識を覆す衝撃の愛の物語となった本作、W主演を 中川大志 と 石井杏奈 が務め、未知の顔を見せた。 平凡な⽇々を送る濱⽥清澄(中川大志)はある⽇、学年⼀の嫌われ者と呼ばれる孤独な少⼥・蔵本玻璃(石井杏奈)に出会う。玻璃は救いの⼿を差し伸べてくれる清澄に徐々に⼼を開くようになるが、彼⼥には誰にも⾔えない秘密があった。その秘密に気づき始めた清澄に“恐るべき危険”が迫り、友⼈の⽥丸(井之脇海)や尾崎姉妹( 松井愛莉 ・ 清原果耶 )も⼼配するなか、物語は予測できない衝撃の展開を⾒せていく。 劇中、石井は、壮絶ないじめに遭い傷を負いながらも、清澄と出会うことで救われていく玻璃を体当たりで熱演。「もう自分なんてどうでもいい、身体がどうなってもいいから、玻璃に全力を注ぎたいと思った」と振り返る石井に、作品愛から女優としての現在地まで語ってもらった。 「この子のヒーローになりたい」と思ったヒロインで、生きた芝居を経験 ――玻璃を石井さんが演じることで、新たなヒロイン像が生まれた印象を受けました。作品を引き受けるにあたり、どこに魅力を感じていたんですか? 石井: 原作を読ませていただいたときに、ジャンルが絞られていなかったので、いつまでもワクワク感や高揚感が続いて、ページをめくる手が止まらなかったです。読み終わって、小説で描かれている蔵本玻璃という人間が、とても好きだなと思えました。言動や行動に共感して、肯定して、応援したい気持ちが芽生えました。自分自身が玻璃を演じることによって、玻璃を助けてあげたいな、という思いになっていました。 ――応援したいような気持ちとは、特にどのあたりで思われたんでしょう? 石井: 玻璃はいじめられていますが、根は本当にまっすぐで、ピュアで、普通の女の子です。清澄によって本当の姿が見えたときに、とてもかわいい笑顔で笑ったり、相手を思う気持ちを一番大切にしていたので、「こんなにまっすぐで人間らしい女の子が、独りで戦うなんてー!」と、思って。愛をすごく感じて、清澄の気持ちがわかりましたし、「この子のヒーローになりたい」という風に私も思いました。…
詳しく見る

「来年には消えていそうな芸能人YouTuber」は誰? 江頭2:50、佐藤健、手越祐也ほか【サイゾーウーマン世論調査アンケート】

芸能人が続々とYouTubeに進出した2020年。圧倒的な知名度を生かし、チャンネル登録者数も再生回数もYouTuberを圧倒すると思われたが、意外にも伸び悩んでいる芸能人は少なくない。一方で、今年から動画投稿をスタートしたばかりにもかかわらず、一気に“人気YouTuber”の仲間入りをした猛者も。ただ、知名度の高さゆえに「とりあえずチャンネル登録してみた」といった視聴者も見受けられ、来年以降が彼らの“正念場”と言えそうだ。 そこで今回は、2020年に公式YouTubeチャンネルを開設した芸能人かつ、チャンネル登録者数上位10組の中から、「来年には消えていそうな芸能人YouTuber」をアンケート調査。下記から1組を選んで回答してください。 投票締め切り:11月22日24時  
詳しく見る