志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」

志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」

志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」

【画像はこちら】

志田音々が、4月10日(土)放送の情報番組『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』(TOKYO MX/毎週土曜12:00~)にレポーターとして出演する。

同番組は、東京の魅力を再発見する情報番組。4月10日(土)の放送には、番組レギュラーの朝比奈彩と松尾雄治、田中雅美、堀口茉純が生出演する。

江戸時代の歴史を学ぶコーナー「ぐるり東京 江戸散歩」では、<ミス・ティーン・ジャパン>で準グランプリ(2014年)に輝き、現役女子大生タレントとしてマルチに活躍する志田音々がレポーターとして出演。今週は“江戸っ子の一生”をテーマに、堀口と江戸の庶民の暮らしを体験する。

『江戸東京博物館』(墨田区横網)では、江戸っ子が誕生してから就職するまでの様子を学ぶ。また、『有職組紐 道明』(台東区上野)では、江戸時代から現代まで続く“組紐”作りに挑戦。時代を超えて引き継がれる、職人の技を体験した。

江戸時代のデートスポット『浅草 梅園』(台東区浅草)では、“あわぜんざい”を堪能。続けて、『諸宗山 回向院』(墨田区両国)では、江戸庶民の“弔い”について学び、ロケを終えた志田は“教科書で学ぶ歴史より、断然身に沁みます”と歴史を体験し、学ぶことの奥深さを実感した様子。

さらに、スタジオでは松尾が“江戸・東京都市クイズ”を出題する。

ご当地の歴史と名産品を紹介する「ニッポン!お国自慢」では、『島根県 松江市』を特集。

お茶処『松江市』の魅力的な歴史情報を紹介する。さらに、絶品お茶菓子も登場する。

志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』より
志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』より
志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』より
志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』より
志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』より
志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」
『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』

『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』

放送日時:毎週土曜 12:00~12:55(TOKYO MX1)

スマートフォン用アプリ/Webサイト『エムキャス』で同時配信

出演者:朝比奈彩、松尾雄治、田中雅美、堀口茉純、志田音々(VTR出演)

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

まねきケチャ、タワレコ「NO MUSIC, NO IDOL?」登場! 全員のサインが入ったポスター&ポストカードが当たるスペシャル企画も

Next Post

フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

Related Posts

ティファール、生地作りからパンも焼ける調理モード充実の電気調理鍋

グループセブ ジャパンは4月14日、調理家電「ラクラ・クッカー プラス コンパクト電気圧力鍋(CY352AJP)」を発表した。4月の発売で参考価格は30,250円。 今回のCY352AJPは、2020年4月に発売した「」の機能強化版。「圧力」「蒸す」「煮る」「炒め」「低温」という調理モードに加えて、新たに「無水」「発酵」「ベイク」を搭載した。 例えば、発酵モードの温度設定は22℃~59℃で、ヨーグルトや味噌といった発酵料理を作れる。パン生地を発酵させたあと、そのままベイクモードにしてパンを焼くことも可能だ。 内蔵レシピも拡充。炊飯モードはこれまでの「白米」「玄米」に、「餅米」「お粥」が加わっている。炊飯量は最大4合。レシピモードは定番の「カレー」「角煮」に、「豆類」「なべ」を追加した。合わせて全16種類のモードによって多彩な調理が行える。 そのほか機能面では、最大12時間の予約調理を搭載。設定した時刻に料理ができあがる(炒め、低温、発酵、ベイク、保温モードを除く)。できあがった料理は、63℃で最大24時間まで自動保温し、最大3分・114℃の再加熱にも対応する(炒め、低温、発酵、ベイクモードを除く)。また、ボタンを押すことで内部にたまった蒸気を排出できるため、やけどの心配がない。 内鍋は料理がこびりつきにくいフッ素加工、内ぶたはステンレス製なので、簡単に洗える。内鍋の容量は、だいたい4人分となる満水3リットル・調理2リットル。本体サイズは約幅260×奥行き285×高さ283mm、重さは約4.2kg、着脱式の電源コードは焼く1.5m、定格消費電力は700Wとなっている。製品には、蒸し料理用の蒸し台、炊飯用カップ、レシピブックが付属。  
詳しく見る

2020年、本当においしかったアレンジレシピ5選 ハマるメニューが勢揃い

今年話題となったアレンジレシピ。一番ウマかったメニューは… コロナ禍の2020年は、自宅で料理を作る機会が多かった年といえる。そこで今回、記者が試して本当においしかったアレンジレシピ5選を紹介したい。 ■ビールが止まらない悪魔的レシピ 第5位は、ビールに相性抜群の「チーズロールの食べるラー油焼き」。お手軽メニューとして『家事ヤロウ』(テレビ朝日系列)でも放送された一品で、番組に出演していたバカリズムも「肉を食べている感があって、おいしい」と絶賛。 中に入っているチーズがトロトロで、カリカリとしたパンとの相性が最高。ニンニクとラー油のスパイシーな風味が特徴のビールが止まらなくなる一品だ。 関連記事:三村マサカズが大絶賛した究極のもちアレンジレシピ 簡単なのに激ウマだった ■アレンジ嫌いの三村マサカズも絶賛 第4位は、家にあるものだけで完成してしまう、「簡単モチアレンジ」。用意するものは、ごま油とバターだけ。『さまぁ~ず×さまぁ~ず』(テレビ朝日系列)で紹介されたメニューで、アレンジレシピが嫌いな三村マサカズも「これすごくうまい」と絶賛したほど。 バターのまろやかさと、ごま油とめんつゆで作ったタレとの相性が抜群な一品。正月のモチはこのメニューで決まりだ。 ■スープが10秒で完成するズボラレシピ 3位は、つけダレが10秒で完成する「茶碗蒸しめんつゆ」。料理が苦手な人でもできる超簡単ズボラレシピだ。 茶碗蒸しの卵の風味がめんつゆに深みを持たせており、10秒でつけダレを作ったとは思えないほど濃厚な味をしている。口当たりも柔らかで一気に食べきることができるぞ。 ■甘いのにしつこくならない不思議な味 2位は、セブン-イレブンの「チョコレートのバブカ」(税込149円)をトースターで焼くだけというモノ。バブカとは、パンの中に甘いチョコレート味のペーストが巻き込まれたロールパンを指す。 オーブンで焼くことにより、サクサク食感が強くなったデニッシュ生地と、しっかりとした甘さのチョコクリームが最高。甘いのに食べていてしつこくならない不思議な味だ。コーヒーなどの苦い飲み物との相性は抜群だといえる。 ■ジャンキーな「ラーメンスープ鍋」 1位は、ジャンキーな味がたまらない「ラーメンスープ鍋」。お持ち帰りの天下一品セットのスープで鍋をして、シメでラーメンを食べるというモノ。こってりとしたスープが白菜と豚肉にベストマッチ。…
詳しく見る

家事と育児と男と女 第125回 夫婦揃って子どもの行事に行くよしあし

「家事も育児も家計も全部ワリカン! 」バツイチ同士の事実再婚を選んだマンガ家・水谷さるころが、共働き家庭で家事・育児・仕事を円満にまわすためのさまざまな独自ルールを紹介します。第125回のテーマは「夫婦で子どもの行事に行くよしあし」です。 → 我が家は子どもの行事や保育園の集まりなど、夫婦どちらも行きたいので2人揃って参加しています。でも書きましたが、参加権を争うくらいなら2人で行こうということになっています。 子どもは6歳になりましたが、相変わらず子どもが発表などする行事(運動会や学芸会)以外でも、保護者会などに夫婦揃って参加しています。この前は子どもの就学前健診に行ってきました。 私はアラフォーでの出産で、ひとり息子の子育てです。なので、子ども関連の事柄については「必要なタスク」でもあるのですが、同時に「積極的に知りたいこと」なのです。就学前健診は保育園のお友達以外の人達もたくさん来ますし、小学校で行われます。小学校でどのように健康診断が行われて、ほかのご家庭やほかのお子さんがどんな感じなのか知りたいのです。 これに関してはパートナーも同じで、「興味があるし、知りたい」から行きたいという考えです。パートナーには前の結婚で2人の子どもがいます。「子育て経験者なのだから、私に譲ってくれてもいいじゃない? 」と思ったりもしたのですが、前にも行ったことがあるとは限らないし、そういえばパートナーもこれが最後の子育て……と思うと、機会を奪い合うのもなんだなと思っていました。 なのですが、改めて確認したら「(息子の)お兄ちゃんやお姉ちゃんのときもだいたい行ってた」とのこと。パートナーのスタンスはなにも変わっていませんでした。「子育ての経験値」としての興味じゃなくて、自分の子どもに関わることを知りたいから積極的に参加していたんですね。 ちなみに離婚後も、パートナーはお兄ちゃんやお姉ちゃんの運動会などを見に行っていました。お姉ちゃんは中学生になって、「頼むから来ないでくれ」と言われて行かなくなったそうです。 我が家は異母きょうだいの交流があり、離婚後も別居親である父親と子どもたちの交流がある家庭です。パートナーが離婚前に深く関わっていたのはおもに保育園~小学生時代ですが、パパ友・ママ友やお友達のことにも詳しく、「○○ちゃんが」とか「○○くんが」という話は大きくなった今も親子でしています。パートナーの「子どもの行事を見に行く」という行動は、それにより子どもの周辺情報にも詳しくなり、親子で共有していることが多くなるんですよね。 子どもが大きくなって父親と会話が減るようなパターンは、父親が子どもの情報を知らない場合もあるのではないかと思います。離婚後は月1回の面会でしたが、私が見る限り、パートナーが子どもと関わった分だけ子どもからの信頼感に繋がっているのだろうなあと思いました。 そう考えると、やっぱり親が子どもの行事に積極的に参加することは、子どもにとっていいことなので、「うちだけいつも夫婦2人……」という恥ずかしさを抱える必要はないのだろうと思います。いや、でもやっぱり健康診断に夫婦で行くのはやっぱりやりすぎな気もする……! しかし、今回の健康診断で息子の目が悪いということが判明しました。これは私は結構ショックで、このことを夫婦ですぐに共有できたのはよかったなと思いました。 私自身は、どんな使い方をしてきてもずっと目がよかったので、「○○をすると目が悪くなる」みたいなことにまったく意識が向かなかったのです。しかし、息子はすでに目が悪くなっていて、それに気が付かなかったことも、目の使い方に気をつかっていなかったことも含めて「わたしに責任が……」と落ち込んでしまいました。こういうときに、「大丈夫だよ」とか「これから気をつけよう」と、ほかでもないパートナーが言ってくれるのはとても心強かったです。 ちなみにパートナーは目が悪く、子どものころからメガネをかけています。私は目が悪いということがよくわからないのですが、パートナーには経験値があり、今後の方向性や生活の指針についても一緒に考えていけるので、一緒に来てよかったなあと思いました。 ちなみに、子どもの通院などは片方が行きます。さすがに病院は人数が多いと迷惑なこともあるので、最少人数で行っています。息子が手術を受けるために半日入院したときなどは夫婦揃って行きましたが、普段近所のクリニックに行くときなどは夫婦で分担しています。ほどんどは私が付き添うことが多いですが、タスクによってはパートナーが行きます。 健康診断のあと、眼科に息子の視力検査に行きましたが、それは夫婦のどちらも行きたかったのでちょっと奪い合いになりました。結局私が連れて行き、私は息子が視力検査をしているのを見ていました。同席して後ろから見ていたのですが、私が裸眼で見えるものが、息子には見えていないのが結構ショックでした。ショックでしたが、息子の初めての視力検査(健康診断は簡易的なものだったので)を見ることができてよかったです。…
詳しく見る