フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編
フェンダー新製品を手にしたわーすた三品、エフェクター自作からタトゥー、キリンまで ロックファンの心を揺さぶるアイドルたち|「偶像音楽 斯斯然然」番外編

アイドルがロックバンドのTシャツを着ていれば、反応してしまうのは中年ロックファンの性。本人が意味を知らずに着ていようが、そんなことは関係ない。勝手に想像を膨らませる、それだってアイドルファンとしての愉しみ方の1つである。

とはいえ、アイドルの音楽性も多種多様になっている昨今。アイドルのマニアライクなロック趣向も珍しくはない。そんなピンポイントでおっさんホイホイしてきた最近の注目アイドルをまとめてみた。

三品瑠香(わーすた) それFender新シリーズじゃないですか

まずは、わーすたの三品瑠香。弾き語りで何気にスリーフィンガーをサラッと弾いていたり、アコースティックギターの腕前は申し分ない彼女が“my new gear…”として手にしているのは、Fenderの新シリーズ“Made in Japan Hybrid II”のテレキャスター。

最初にステージで手にしていたエレキギターは、泣く子も黙るSuhrで驚いたものの(借り物だと判明)、その次はFender(Squire)のサイクロン。いいセンスしてます。それで今回のテレキャスター、何がすごいって、こちら3月25日に発表されたばかりの新モデルをその日のうちに手にしているってこと。

それにしても、メイプル指板のホワイトブロンドのテレキャスターなんて、20歳の女性にしてはシブい選択。彼女、最初の頃に手にしていたアコギはヤマハの銘器Lシリーズだし、最近はタカミネのスロテッドヘッドの400シリーズ。女子が選ぶ楽器じゃない。インスタによれば、ヤマハはポジションマークが気にいってるそうで。そうそう、おじさん世代は昔カタログを眺めながら、あの桜やらの象嵌(ポジションマーク)に憧れたもの。当時10万円クラスのギターにしか入ってなかったんだよ。南こうせつとか長渕剛モデルとかすごかったもんなぁ。というか、ヤマハのLにタカミネの400(「浦安の黒ちゃん」モデル)、メイプル+ホワイトブロンドテレキャスター(「TIME GOES AROUND」でお馴染み)とくれば、完全に長渕剛じゃないか!と勝手に興奮する。

先頃20歳になった彼女は初のソロ楽曲「さよなら、わたし」をリリース。作詞&作曲も手掛けたということで多才を見せる。“三品節”と呼ばれるトレードマーク、“がなり”、“しゃくり”を抑え気味にしたストレートな楽曲だ。

三品瑠香「さよなら、わたし」Music Video

作曲の定義は“主メロ(歌メロ)を作った人”であるので、アレンジャーなりがいろいろ手を加える場合が多いのだが、同曲に関していえば、バンド感はもちろんであるが、若さと勢いが迸るいい意味で荒削り感が出ている仕上がりである。初の作詞&作曲ということで、三品瑠香の素、メッセージといった等身大を存分に感じることができる良曲となっている。

弾き語りでいえば、先日NEO JAPONISMの滝沢ひなのがTwitterでBO GUMBOSの名曲「トンネルぬけて」(1989年)を、“保育園の時親とよく一緒に歌ってた曲です!”とギターで弾き語っていた(大人の事情で埋め込めない)。シングルにもなっていない1stアルバム『BO & GUMBO』収録曲を知っているとは……。親御さんがロック好きだと耳にしたことがあるのだが、これはかなりのロック一家と見た。

夢際りん(yumegiwa last girl) エフェクターを自作するアイドルって何者……!?

ギター弾くアイドルは珍しくないし、DTMをやるアイドルもいる。じゃあ、エフェクトペダルを作るアイドルは? え、エフェクター!? 30代以上ならビビっとくるグループ名、yumegiwa last girlの夢際りん。自身のオンラインストアにて、前々から作ってみたかったというエフェクターを販売したとのこと。

ちょっと、想像以上にガチじゃないですか。女子っぽいポップでキュートなルックスではなく、スポンジを使用する本格的なエイジング塗装を施したおっさんホイホイな仕上がり。しかも、ダイモまで貼ってる! 配線キレイだし、いわゆるFulltoneのOCDタイプ(Obsessive Compulsive Drive/オーバードライブディストーション)でしょうかね。いろいろわかってらっしゃる。グループ以外でもソロでDTM活動をしたりと(名義が“UTERO”でIDが“in_utero”!!)、多彩な側面をお持ちの方ですが、ホントにはじめて作ったのかよという出来栄えで参りました。

yumegiwa last girl – 大遊星 (LYRIC VIDEO)

そんな彼女が所属するyumegiwa last girlは、4月29日に新体制お披露目。今までの倍となる6人体制ということでいったいどのような展開を見せてくれるのか、目が離せない。

自作エフェクターで思い出したのだが、Ringwanderungのみょん。自撮りのバックがおれたちの千石電商(秋葉原にある電子部品などを販売する企業。ギター関連のパーツ類の品揃えはおそらく日本一)だった……。なんだこれは……、狙ってる? のか……?

内山結愛(RAY) アイドルによるロック名盤再発見

ロック好き中年の心をわっしゃわっしゃとくすぐってくるのはRAYの内山結愛。当コラム本編でも以前紹介したが、彼女の洋邦名盤のレビューを綴ったnoteが最高なのである。

Public image limited 『METAL BOX』(1979年)、Throbbing Gristle『20 Jazz Funk Greats』(1979年)、Steve Reich『Drumming』(1971年)……といった、めんどくさいロック好き中高年が大好きなアルバムをアイドルがレビューしている。さらには自分の感性を的確に表現する文才もあるのだから、たまらない。当初はマニアライクな古いアルバムを今の女子がどう感じるのか?ということに興味があったわけだが、最近は自分が忘れかけていたアルバムを復習するきっかけにもなっている。

時に、木下理樹(ART-SCHOOL)のようにアーティスト本人が彼女のレビューの存在に気づくこともある。

noteにとどまらず、Twitterでのハッシュタグ“#内山結愛一日一アルバム”も好評。アイドルがあぶらだこの『木盤』をレビューし、それを見てみんなが『青盤』を勧めているリプ欄は、現在のアイドルとヲタクの関係性、ファン層の縮図を物語っている。

往年のアルバムだけでなく、Vulfpeck『Thrill of the Arts』(2015年)、羊文学『POWERS』(2020年)といった、トレンドをおさえた選択も絶妙である。

RAY – 17/Seventeen(Official Audio)

ティム・ヴィンセント(Zsasz) 刻まれたタトゥーが美しい

黒髪清楚アイドルもいいけど、ピアスたくさんつけてるアイドルもカッコいい。タトゥーが似合うアイドルなんて、最高にロックじゃないか。MIGMA SHELTERのブラジルは自分のグループロゴを腕に刻んでいるし、CY8ERの病夢やみいの腕に入っていたハサミのタトゥーも綺麗だった。彼女は特典会でタトゥーを見せてもらいながら、トレント・レズナー(Nine Inch Nails)についてのお話ができるという稀有なアイドルだった。

そして、またここにタトゥーが美しいアイドルが!

センスの感じられる綺麗なタトゥー。

ラウドロックを得意とする鬱Pプロデュースのアイドル、Zsasz(ザーズ)のティム・ヴィンセント。タイと日本のハーフである。

現役アイドルが手の甲までタトゥーを彫るだけの動画

“身長は低め”と自己紹介にあるが、それを感じさせないパワフルな歌声、ステージングが魅力的。

Zsasz – ときどきひかる [Music Video]

ドン・グリ(パピプペポは難しい) キリンが来る

最後は、よもやロックなのかどうなのか、いや、“ミッキーマウスに憧れてキリンになりました”、“アフリカからネリマクに引っ越してきた”というその心意気は紛れもなくロック。パピプペポは難しいのドン・グリ。

【ドン・グリ】睡眠導入刀型耳かきで眠るASMR【ASMR】

もうどこからどうツッコんでいいのかわからない彼女だが、先頃グループのクラウドファンディングのストレッチゴール達成として、ニューフェイスの作成が決定。作成でいいのか、整形というべきなのか。以前AbemaTV『矢口真里の火曜The NIGHT』出演時に、被りものであることを半ば認めたような(おい、設定っ!)……そこはひとまず置いておいて、この先が気になるアイドルの1人(1頭?)である。

【自己紹介】ドン・グリYouTube始めました!

ちなみにパピプペポは難しい楽曲はNEO JAPONISM、SOLなどを手がけるSayaがサウンドプロデューサー。ポップでキャッチーなメロディと細部まで丁寧に組み立てられたエレクトロサウンドが病みつきだ。

パピプペポは難しい「決まりごと」Music Video

過去の連載一覧

偶像音楽 斯斯然然

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

志田音々、“江戸の庶民の暮らしを体験! 『週末ハッピーライフ!お江戸に恋して』出演 「教科書で学ぶ歴史より断然身に沁みます」

Next Post

塩見きら(神宿)×高田もも(かみやど)[対談]あの日から約束された光り輝く再会「神宿だけじゃなくて、かみやどと一緒にライブを作り上げられるのって素敵なこと」

Related Posts

中島健人が宮崎吾朗監督と鈴木敏夫Pを直撃! スタジオジブリの今に迫る

5月7日放送のWOWOWプライム「中島健人の今、映画について知りたいコト。」(毎月第1金曜午後10:00)では、番組MCの中島がスタジオジブリの今に迫る。 同番組は、ハリウッドをけん引する映画監督やクリエーター、さらに世界へ羽ばたく日本の映画監督へのインタビューや、映画製作現場の取材等を通じて、中島が知りたい“映画の今”について学ぶ月1のレギュラー情報番組。 第5回は、中島がスタジオジブリへ潜入し、最新作「アーヤと魔女」でスタジオジブリとして初の全編3DCGの長編アニメーションに挑んだ宮崎吾朗監督にインタビューを敢行する。吾朗監督の本作への思いやこだわりを聞き出すほか、鈴木敏夫プロデューサーのもとを訪ねて本作製作の経緯についても取材する。 本放送に先駆けてWOWOW番組オフィシャルサイトでは、第4回放送の裏側や、第5回でのインタビューの模様を含むプロモーション動画を公開中だ。  
詳しく見る

日本レコード大賞で「竈門炭治郎のうた」生歌唱!椎名豪 featuring 中川奈美

「竈門炭治郎のうた」生歌唱! 「第62回輝く!日本レコード大賞」(TBS・30日よる5時30分~)で「竈門炭治郎のうた」を椎名豪 featuring 中川奈美が東京・渋谷の新国立劇場の舞台から生歌唱することが決定した。 【画像】伊之助、無惨の再現度すごっ!舞台版「鬼滅の刃」 新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で行われる今年の「日本レコード大賞」。司会には安住紳一郎TBSアナウンサーと女優の吉岡里帆が決定し、先日、各賞受賞者と曲が発表された。 「鬼滅の刃」は、特別賞を受賞。「竈門炭治郎のうた」を椎名豪 featuring 中川奈美が生歌唱するほか、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」で大賞候補となる優秀作品賞を獲得したLiSAが生出演し、同曲を歌う。また、国内の歴代興行収入第1位を記録した『鬼滅の刃』を自身の思いと共に振り返るという。 そのほか、Uruが「あなたがいることで」「振り子」、NiziUが「Make you happy」、松田聖子が「SWEET MEMORIES」日本語バージョン「風に向かう一輪の花」、そして「特別国際音楽賞」を受賞したBTSが「Dynamite」「Life Goes On」のパフォーマンスをする。さらに「特別栄誉賞」を受賞した嵐は「レコ大」初パフォーマンスを行う。(編集部・梅山富美子) ■各賞受賞者&受賞曲 ・優秀作品賞 「I’m…
詳しく見る

『進撃』ネタバレの銃弾飛び交うSNSでオアシス発見 担当編集の「神対応」が話題に

本日発売の『別冊少年マガジン』5月号にて完結を迎えた『進撃の巨人』担当編集者のツイートが、注目を集めている。 本日9日発売の『別冊少年マガジン』5月号にて、大人気連載漫画『進撃の巨人』が堂々完結。人気作の最終回が掲載されてから数日の間はネット上で「ネタバレ祭り」が催されるのはもはやお約束だが、そんな中で『進撃』担当編集の配慮が話題となっている。 画像をもっと見る■情報社会の弊害 最近で言えば漫画『鬼滅の刃』の最終話掲載時や、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開直後もツイッターを中心としたSNS上で、作品のネタバレに関する投稿が問題となっていたのは記憶に新しい。 なんの気なしにツイッターを開いたら、作品に関する重大なネタバレを含むツイートがタイムラインに浮上してくるなど、さながら流れ弾が飛び交う戦場のような状態であった。 関連記事:『シン・エヴァ』新映像公開にファンから悲鳴も 「まだ見てないのに…」 ■個々人で異なるネタバレ観 しかしネタバレ問題は判定が非常に難しく、漫画ファンだけでも「ネタバレなんて気にしないよ派」「ネタバレも込みで楽しむよ派」「完結から数週間経ったらネタバレしても良いよ派」「単行派だから単行本が出たらネタバレ許すよ派」など、その流派は様々。 中には完結から数年が経過した作品の解説に対しても「自分がまだ読んでないからネタバレ!」などと噛みつく、狂犬のような人物も少なからず存在する。 9日午前時点では「進撃の巨人」はもちろん「進撃のネタバレ」という物騒なワードまでもがトレンドに浮上しており、前日夜には「最終話を読むまではツイッターを開かない」と決意するユーザーの姿も見られた。 そんな中で『進撃』担当編集の、読者に配慮したツイートが話題を呼んでいるのだ。 ■圧倒的ネタバレ対策に感謝…! 注目のツイートとは『進撃』担当編集者のバック氏こと、川窪慎太郎氏が投稿したもの。 バック氏は9日午前、ツイート内で「別マガ5月号は紙でも電子でも読めるし、マガポケでも読めますので!」とつづり、「今はネタバレとか気にしないといけないし、何を書いても無駄に意味深になってしまいそうなので、14日の別マガLIVEまで進撃関連のことは黙ってますが、引き続きよろしくお願いします!」と決意を表明している。 おはようございます! 別マガ5月号は紙でも電子でも読めるし、マガポケでも読めますので! 今はネタバレとか気にしないといけないし何を書いても無駄に意味深になってしまいそうなので、14日の別マガLIVEまで進撃関連のことは黙ってますが引き続きよろしくお願いします!https://t.co/BoCvAqIgAW…
詳しく見る