斎藤工がNetflix×テレ東ドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」に主演。パートナーは上野樹里

斎藤工がNetflix×テレ東ドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」に主演。パートナーは上野樹里

斎藤工がNetflix×テレ東ドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」に主演。パートナーは上野樹里

斎藤工と上野樹里が、Netflixとテレビ東京が共同で企画・制作し、2022年に全世界独占配信する予定のNetflixオリジナルシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」(日時未定)で共演することが分かった。

ドラマの原作は、坂井恵理氏による同名コミックス(講談社「BE LOVE KC」所載)。「もし男性が妊娠したら?」をテーマに、男女逆転生活やギャップをコミカルに描きながら、妊娠をきっかけに、今まで見えなかった社会に潜むさまざまな問題に直面した主人公が、奮闘しながらも徐々に周囲の人や自分自身を変えていく姿を描いた成長の物語だ。

監督を務めるのは、CMディレクターとして活躍する箱田優子氏と、「ハローグッバイ」「望郷」で第9回TAMA映画賞最優秀新進監督賞とおおさかシネマフェスティバル2018新人監督賞を受賞した、新進気鋭の実力派監督・菊地健雄氏。脚本は「全裸監督」シリーズ(Netflix)などを手掛けた山田能龍氏、映画「あのこは貴族」の岨手由貴子氏、映画「ミセス・ノイズィ」の天野千尋氏の3人が担当する。

斎藤が演じるのは、男性が妊娠・出産するようになった世界で、広告代理店の第一線で仕事をこなしてきた主人公・桧山健太郎。桧山は、ある日自分が妊娠していることを知る。パートナーの瀬戸亜季(上野)も自分が親になることは考えていなかったため、想定外の出来事に最初は戸惑う。妊娠したことを告げた日から、社内や社会から向けられるまなざし、妊婦が体験する苦労を、妊夫として向き合う桧山と寄り添い、共に迷う亜季。現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に直面しながらも、ついに2人は「産むか、産まないか」の決断を迫られる。

斎藤は主演を務めるにあたり「坂井先生による原作コミックスのあまりのリアリティーに、すぐさま『男性妊娠』の実例を調べていました。日々“今までの当たり前”が見直されながらも、それがくつがえされるには時間がかかる歯がゆい現代における、この男女の役割の入れ替わりを描く本作は、古き悪き常識に対する新時代のアンチテーゼになる可能性を秘めている気がしています」と作品の印象を明かす。

一方の上野は「パートナーの桧山が妊娠したことにより、亜季の抱く家族や家庭というものへのネガティブな概念との葛藤や、自由でありたいと願う亜季の価値観が変化したりと、桧山と共に成長していくキャラクターを楽しんで演じたいです。気軽に楽しめる作品でありながら、ジェンダーやマイノリティー、LGBTQなどへの理解を深めるきっかけとなる作品になれたらなと思います。自分らしく生き抜くすべての人へエールを送れるような作品になるよう、亜季を通して自分にできる役割を全力で全うしたいと思います。楽しみにしていてください」と意気込む。

そして、斎藤は「妊夫として過ごす時間は、既に驚きの連続です。何事にも多様性が求められている昨今、『ヒヤマケンタロウの妊娠』という坂井先生が産み出してくださった一つの新しい角度、ものの捉え方を、上野樹里さん、箱田監督、菊地監督をはじめ、日本映画界の要となる素晴らしきキャスト、スタッフ方々と共に作品にたのしく詰め込んで、広く深く軽やかにお届けできたらと思っております」とメッセージを送っている。

箱田監督は「男性が妊娠するというフィクションではありますが、描くのは彼らのリアルな生活です。制作を進める中、主人公たちと共に悩み、ささいなことに一喜一憂し、今まで言えなかった言葉を口にしている実感があります。優秀な脚本チームと熟考に熟考を重ねた脚本は、なんだか笑えてちょっと苦いシニカルポップ味。『ここ議論です!』が口癖になってきました。ご期待ください!」、菊地監督も「『男性が妊娠と出産を経験したら?』というシンプルかつ大胆な発想に懸けられた坂井恵理先生の原作を拝読して、男女を問わず現代を生きる私たちがより良く生きるためのヒントが詰まっていると感じました。斎藤工さん演じる桧山健太郎と上野樹里さん演じる瀬戸亜季が悩んだり衝突したり笑い合ったりする姿を通して、『〜らしさ』や『多様性』について考えるきっかけになるようなドラマをお届けできればうれしいです」とコメントを寄せている。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

人気声優・江口拓也、TVガイドで“挑戦的なカット”を披露! 購入者特典の生写真も全6種一挙公開

Next Post

チョコプラ、子どもたちの発想に感嘆。サステナブルな社会を目指す「応援!みんなのチャレンジ」スタート

Related Posts

さまぁ~ずの敏腕マネジャーが“セクハラ解雇”! テレビ関係者は「三村マサカズも同類」と懸念

11月19日発売の「女性セブン」(小学館)が、大手芸能事務所・ホリプロで、お笑い芸人・さまぁ~ずのチーフマネジャーを務めていたA氏が、セクハラで解雇されたと報じた。長年共に歩んできたスタッフを失うこととなったさまぁ~ずの三村マサカズ、大竹一樹を気遣うような記事となっているが、関係者からは「三村もA氏と同類なのでは」との声も聞かれる。 「『セブン』によると、A氏はホリプロの女性社員数人に対して10年以上もセクハラ行為を働いていたといい、意を決した被害者たちの告発によって、今月上旬に諭旨解雇となったそうです。A氏は敏腕マネジャーとして知られ、周囲からも一目置かれる存在だったとか。ただ、昨今はあらゆるハラスメントが問題視されるようになっていますし、いくら敏腕とはいえホリプロも許すわけにはいかなかったのかもしれません」(スポーツ紙記者) 一方、記事では触れられていないものの、A氏がマネジメントを担当していたさまぁ~ずも、その言動についてネットユーザーから「セクハラにあたるのでは?」とたびたび指摘されている。 「彼らがアシスタントの女性アナウンサーとロケを行う『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)に関しても、ネット上で『女子アナへのセクハラがひどい』と心配されることが多々あります。2019年6月発売の『週刊新潮』(新潮社)では、16年10月~19年5月に同番組に出演していた福田典子アナが、さまぁ~ずからの“セクハラ的な接し方”に戸惑い、泣いていた、などと報じられていました」(同) さらに三村は、別番組でも、その振る舞いによって“炎上”した過去がある。15年3月放送の『さまぁ~ずのご自慢列島ジマング』(フジテレビ系)では、当時グラビアアイドルとして活動していた谷澤恵里香のバストを、三村が鷲掴みする場面があり、ネット上で猛バッシングを浴びたのだ。 「Twitterで一般ユーザーから“セクハラ”だと指摘された三村は、『番組ちゃんと観てます? 記事だけ見て言ってるんじゃないですか? あれはよくないことだけど共演者も喜んで現場は笑いになってます。あとセクハラではない。おさわり』と反論のリプライを送っていますが、行為自体はもちろん、この釈明も到底許されないでしょう。視聴者からの指摘を受け、三村も考えが変わっていけばいいですが、自らの立場を利用し、“相手が嫌がっていないから”とか“笑いになっているから”という認識のままなら、A氏と同類といえるでしょう」(テレビ局関係者) 担当マネジャーの“セクハラ解雇”を、三村はいったいどのように受け止めているのだろうか。  
詳しく見る

椎名ひかり、叶夢、松本ゆん、Mayuri、野々宮ミカ出演、オンライン特別撮影イベント開催決定!

椎名ひかり、叶夢、松本ゆん、Mayuri、野々宮ミカ出演、オンライン特別撮影イベント開催決定! 【画像はこちら】 椎名ひかり、叶夢、松本ゆん、Mayuri、野々宮ミカが出演する<オンライン撮影会>が、11月21日(土)14時よりOPEN MICにてライブ配信される。 同イベントでは、ノーマル撮影会とミニゲーム撮影会を実施。 ノーマル撮影会では、グラビアアイドルたちがカメラの前でさまざまなポージングを行なって撮影。ミニゲーム撮影会では、ワイシャツ水鉄砲、1人ツイスター、ヨガなどのミニゲームを撮ることができる(ミニゲームの内容はグラビアアイドルごとに異なる)。 トータル約30分の撮影イベントになり、オンラインならではのイベント配信も実施。さらに、Wechatのアプリ内で、中国でも配信される予定だ。 <オンライン撮影会> ▼ライブ配信 ・日時:11月21日(土)14時~19時 ・チケット販売期間:11月14日(土)〜11月21日(土) ・配信プラットフォーム:ZAIKO ・料金:¥3,000+手数料+税 ・出演者スケジュール 叶夢:14時~ 松本ゆん:15時~ Mayuri:16時~ 椎名ひかり:17時~…
詳しく見る

鈴木伸之主演で西森博之の「お茶にごす。」がドラマ化

テレビ東京では2021年に、連続ドラマ「お茶にごす。」(日時未定)を放送。西森博之氏の同名漫画(小学館「少年サンデーコミックス」)の映像化で、鈴木伸之が主演を務めることが分かった。鈴木は、本作が同局の連ドラ単独初主演で、「今日から俺は!!」(日本テレビ系)に続いて西森氏原作のドラマに参加する。 鈴木が演じるのは、こわもてで中学最強の不良と恐れられた船橋雅矢。船橋は高校入学をきっかけに、平穏な日々を過ごしたいという思いから茶道部に入部し。そこから変わっていく日常を描いていく。 開架高校1年生で、周りからは通称“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれている主人公の雅矢。「西森先生の作品にまた出演できてうれしい気持ちでいっぱいです」と喜ぶ鈴木は、「船橋雅矢を演じさせていただきますが、みんなから恐れられていた1人の高校生が、茶道部の仲間と“茶道”を通じて人として成長していくお話になっています。コミカルな登場人物と、人として大切な言葉がたくさん詰まった作品ですので、愛すべき茶道部員たちをよろしくしくお願いします!」と意気込んでいる。 また、船橋の親友でよき理解者となる山田航を瀬戸利樹が、不良相手にも物怖じしない強気な茶道部員・浅川夏帆を萩原みのりが、茶道部部長の姉崎奈緒美を久間田琳加がそれぞれ演じる。 瀬戸は「以前から西森先生の作品が好きだったので、山田航として出演させていただけることが本当にうれしいです! ほのぼのした雰囲気に強烈キャラクターが次々と登場し、細かい笑いが満載です。そんな中ですが、山田は優しくて常識人なので皆さんの身近にいるような存在なのではと思っています。学ランにテンションが上がりました! 船橋と山田の掛け合いにはぜひご注目ください!」とアピールする。 「夏帆は狂犬ノラとあだ名をつけられてしまうような女の子です。曲がったことが嫌い。どんな相手にも正面からぶつかる。そして最高に友達思い」と演じる役柄を紹介する萩原は、「2020年夏、監督をはじめとする最強のチームでめちゃくちゃ楽しい青春をおくりました。誰かをあんなに睨んだのも、カメラとあんなに近くで芝居したのも初めてでした。ぜひ、楽しみに待っていてください」と撮影を満喫した様子。 久間田も「高校を卒業してから2年が経ちますが、『お茶にごす。』を通して、学生に戻ることができうれしかったです!」と明かし、「ほとんどの共演者の皆さんが年上の方である中、私が演じる姉崎奈緒美は最年長の部長の役だったので、少しでも最上級生に見えるようにと心がけました。お話の中でとても大切になってくる茶道は、時間をかけて練習を重ねたのでぜひ注目して見ていただきたいです!」と役づくりとともに、見どころを語っている。 原作者の西森も、「期待大ですね! 『お茶』の配役で一番大切なのは、まークンを差し置いて部長だと思っています。モチロン、まークンの半壊ぶりも期待ですが、彼女は話の芯ですからね。楽しみですね。昔の女学生さん!(山田に夏帆に智花にまた会えるよ!)。お茶を習いに行ったり、お茶会に呼ばれたくなったり、まークンに恐怖するようなお話になっていると思います!」と興奮気味にメッセージを寄せている。 なお本作は、地上波の放送に先駆け、Amazon Prime Videoで3月5日から全12話一挙配信されることが決定している。  
詳しく見る