古川毅、井頭愛海ら「婚ワケ」主要キャストが決定。メインビジュアルも完成

古川毅、井頭愛海ら「婚ワケ」主要キャストが決定。メインビジュアルも完成

古川毅、井頭愛海ら「婚ワケ」主要キャストが決定。メインビジュアルも完成

ABCテレビ、テレビ神奈川ほかでは、速水もこみち主演の連続ドラマ「結婚できないにはワケがある。」(ABCテレビ=4月18日スタート 日曜午後11:55、テレビ神奈川=4月20日スタート 火曜午後11:00)がスタート。同作に、SUPER★DRAGON・古川毅、井頭愛海ら物語を盛り上げる主要キャストが決定した。また、ヒロイン・若月佑美と人形・みちゅこが印象強いメインビジュアルも公開された。

本作は、電子書籍2300万ダウンロード(2021年3月現在)を突破した邑咲奇(むらさき)氏による人気コミックを実写化。30歳までに理想の男性との結婚を夢見る29歳の後藤まりこ(若月)にとって、課長の富澤光央(速水)は理想通りの完璧な男だった。イケメンで高身長、高学歴、出世街道まっしぐらの富澤課長だったが、人には言えない秘密があった。彼は「みちゅこ」という名の人形に愛情を抱いていた――。富澤課長をめぐる、みちゅことまりこの不思議な三角関係が描かれる“ピュアすぎる”ラブストーリーだ。

若手人気俳優・古川が演じるのは、光央の後輩である井上健太役。光央の恋のライバルとしてまりこを誘惑し、さらには光央とまりことみちゅこの不思議な三角関係に割って入る。そして、光央と同じ“ハードな趣味”を持つ謎の女性・谷村鉄子を井頭が演じる。

また、まりこの仲良し同期3人組として、高田よしえ役に山口真帆、川越静香役に吉田志織、春本サツキ役に秋山ゆずきら若手人気女優陣の出演も決定。さらに、健太の婚約者・一ノ瀬小春役に夢みるアドレセンス・鳴海寿莉亜、小言が多いまりこの上司である係長役にダンディ坂野、バツナナで現在は独身である鉄子の母役に高田聖子など、個性派キャスト陣が勢ぞろいしている。

本作への出演について、古川は「とてもうれしく思ったのと同時に、今まで僕が演じさせていただいてきた役の中でも、ポジティブなキャラクターだったので、新しい自分の引き出しを作れるチャンスだと一層気合が入りました」と意気込みを表し、「軽く見えがちですが、とても気が使えて期待の若手社員です。監督もおっしゃっていたのですが、何よりも人の懐にスッと入り込める愛きょうが魅力的だと感じます! 僕が演じる健太は、富澤課長と後藤さんの恋にどのように関わり、どのようにかき回していくのか。ぜひ、楽しんでください」と見どころを伝えた。

井頭は「今までにないラブストーリーで、原作を読んだ時は声が出てしまうくらい面白かったです。登場人物がみんな魅力的で、この世界観に飛び込めることがとてもうれしかったです!」と出演を喜び、役柄について「関西弁でよくしゃべる、明るく素直で頑張り屋な女の子です。“てちゅお”という人形をいつも持ち歩いています。人思いでブレない心(しん)の強さを持っているところがすてきなとこだなと思いました! 皆さんに楽しんでいただけるドラマになるよう、鉄子を精いっぱい務めたいと思います! 鉄子が、どんなふうに光央やまりこに関わっていくのかも注目していただきたいです!」と語り、期待を込めた。

「よしえは結婚していて、結婚したいまりこを応援する同僚の1人です。みんなで昼食をとるシーンでも、まりこは結婚していなくてなぜよしえは結婚できたの?と、思われるようなご飯の内容だったりします(笑)」と自身の役を紹介する山口は、「サバサバしているけど情に厚いので、友人に1人いると心強い存在ですね。どこか応援したくなり、これからどうなるの!?と、続きが気になる作品です。ぜひご覧ください」とアピール。

吉田は「まりこが悩んでいる時はまりこの気持ちを第一に考えて、背中を押して支える、とても友達思いの優しい女性だと思います。監督、スタッフの皆さま、そして共演者の皆さまが日々支えてくださり、作品を通してたくさんのことを学ばせていただいているので、最後まで全力で頑張ります」と気合十分。

秋山は「私自身、人形に話しかけることに抵抗のない人間なのですが、今から光央さんとみちゅこ、まりこがどんなふうにドラマの中で交わっていくのか、一視聴者としても楽しみです。30歳までに結婚したいまりこに対し早いうちに結婚して子どももいる役柄なので、まりこの恋愛を優しく厳しく母親のようにサポートできたらと思っています」と語った。

出演が決まった時に「『え!?』と半信半疑でした。同時に不安も浮かびましたが、そういうことを考えられないほど興奮しました。とにかくすごくうれしかったです!」と感激する鳴海も、「私は古川毅さん演じる健太と遠距離恋愛をしている恋人・小春を演じさせていただくのですが、一生懸命で素直なところがとても魅力的だなぁと思います。小春みたいな生き方に憧れます。私もドラマの世界観を皆さんにお届けできるよう頑張ります!」と出演を喜び、意欲をにじませた。

さらに、坂野は「ドラマはすごく好きなのでお話をいただいた時はとてもうれしかったです。少し気の小さい楽しげな係長です。どこかで“ゲッツ”出るかも。頑張ってますのでよろしくお願いします。ゲッツ!」と予告。高田は「漫画原作のドラマが初めてなので、自分の役が、お! こんな感じなんだ〜とちょっと笑いました。深夜帯のドラマが好きなのでうれしいです! 女性の幸せを独自に追求しすぎて生き急いじゃったんでしょうね。幸せにはいろいろあるってことに気付いて、今後は生きやすくなれるといいなと思います。すべてのキャラクターが生きづらそうですが、それにも増して楽しそうです。こんな形の前向きな生き方もあるのだなぁと勇気も出ます。たぶん!」と役どころに触れ、ドラマの魅力を訴えた。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

「水曜どうでしょう」最新作を一挙に放送! 藤村&嬉野コンビが視聴者の質問に答える特別企画も

Next Post

ヴァンゆんが「警視庁・捜査一課長」で本格ドラマデビュー

Related Posts

玉城ティナ、ビンのフタが開く快感を30秒で紹介! 『あけましておめでとうTV』出演

玉城ティナ、ビンのフタが開く快感を30秒で紹介! 『あけましておめでとうTV』出演 【画像はこちら】 玉城ティナが、2021年1月1日(祝)~3日(日)にNHK総合テレビ、Eテレで複数回放送される30秒の特集番組『あけましておめでとうTV』の「ビンのフタ」編の主演を務める。 同番組では、“明ける”と“開ける”をかけて体験できるとちょっと嬉しい“開く瞬間”をわずか30秒で紹介する特集番組。 #1「ビンのフタ」編(主演・玉城ティナ)、#2「獅子舞」編(主演・yurinasia)、#3「ハマグリ」編(主演・大和田伸也・森高愛)の3編で構成され、放送時間も番組内容も事前には一切明かされない、神出鬼没の挑戦的な内容となる。 各回の音楽は、#1が民謡クルセイダーズ、#2が馬喰町バンド、#3がKoji Nakamuraが担当。 コロナ禍で迎える2021年の正月に“じんわり”と感じさせる“心地よい30秒”をご覧いただきたい。 *初回放送以降は、NHKプラス(常時同時配信と見逃し番組配信)でも視聴可能。 *2021年1月1日0時にNHK広報局Twitterにて、番組の15秒VTRも配信予定(「#あけおめTV」にてチェック)。  
詳しく見る

『イッテQ!』みやぞんの質問に“一般人”がポロリ「よく放送したな」

(C)まいじつ  『ANZEN漫才』のみやぞんが、12月6日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で公園を訪問。何気ない質問で、社会の闇を暴いてしまったと話題になっている。 佐賀県でロケしたみやぞんらは、歴史公園を訪問。学芸員が弥生時代を再現した公園内を案内した。 みやぞんが何気なく「学芸員さんは社員なんですか?」と聞いたところ、学芸員は「アルバイトなんです」と即答。 「バイトですか?」とみやぞんは驚いた。 「今日、何時上がりなんですか」とみやぞんが聞くと「何もなかったら(午後)5時ごろに帰る」と答え、「今月、別の仕事で頑張ってるから、もう仕事したくなくて…」とポツリ。みやぞんは「申しわけない。なるべく5時に終わりましょう」とスタッフに呼びかけた。 みやぞん「社員なんですか?」質問に「バイトです」 学芸員は、なおも「これを言うと、後で偉い人に怒られる」と嘆く。直後、「青い服を着た人たちがですね」と学芸員が見やった先に、みやぞんらを眺める公園スタッフの姿が。みやぞんは「正直『弥生感』がなくなりました」と、現実を知って驚いたようだった。 視聴者もみやぞん同様に、バイト員の告白に動揺していた。 《面白話に仕立ててだけど、よく放送したなと思った》 《バイトって知ってびっくりした。すごく重要な専門職だろうに》 《学芸員も司書も資格あっても、バイト扱いは当たり前なとこ増えてるらしいのは聞いたことある》 《学芸員さんがネタになっちゃったみたいだけど、これ笑い事と違うんよな》 《イッテQで笑い話になってるけど学芸員の低賃金な感じは割と問題になってる》 《学芸員の辛い立場が垣間見えて悲しくなってしまった》 《思わぬところで学芸員の闇をみてしまった》 《正社員じゃなくて、バイトってのが何気に驚いた。吉野ヶ里遺跡の経営大変なんだろうか》 来訪者数の増加と、学芸員の待遇改善を期待したいものだ。…
詳しく見る

エンゼルスが大谷らの用具をオークション ユニホームは約83万円

このユニホームが約83万円(ロイター=USA-TODAY) エンゼルスの公式オークションサイトでマイク・トラウト外野手(29)、大谷翔平投手(26)らが試合で使用したユニホームやヘルメットなど26点が出品されている。入札締め切りは米国西部時間27日午後8時(日本時間28日午後1時)。締め切りまであと30時間となった時点での最高値は、トラウトが7月28日(同29日)のマリナーズ戦などで使用した白のホームユニホームの1万825ドル(約112万8000円)。大谷が9月21日(同22日)のレンジャーズ戦で使用した白のホームユニホームが7975ドル(約83万円)とチームの看板2人のグッズは期待通りの高値だ。 大谷関連グッズは合わせて4点。ヘルメットが1750ドル(約18万2000円)、白のバッティング手袋が2950ドル(約30万8000円)、ロッカー用ネームタグが550ドル(約5万7000円)となっており、どれも設定された最低落札価格をクリアしている。 その他、アンソニー・レンドン内野手のユニホームが825ドル(約8万6000円)、ダビッド・フレッチャー内野手のヘルメットが325ドル(約3万4000円)、アルバート・プホルス一塁手のロッカー用ネームタグは150ドル(約1万5600円)だ。 同サイトでの売り上げ金はエンゼルス・ベースボール基金に寄付され、子供たちの教育や健康、アートや科学など地元のコミュニティーに活用されることになっている。  
詳しく見る