山本千尋、宮田俊哉主演の音楽劇で抜群の運動能力をもつ信用詐欺師役

山本千尋、宮田俊哉主演の音楽劇で抜群の運動能力をもつ信用詐欺師役

山本千尋、宮田俊哉主演の音楽劇で抜群の運動能力をもつ信用詐欺師役
山本千尋

女優・山本千尋が、宮田俊哉主演の音楽劇『GREAT PRETENDER グレートプリテンダー』(7月に東京・東京建物Brillia HALL、8月に大阪・オリックス劇場)に出演することが決まった。

アニメ『GREAT PRETENDER』が原作。アニメ1話から5話で描かれる物語、CASE1:ロサンゼルス・コネクションをベースに構成される。

山本は、しなやかで引き締まった体躯と抜群の運動能力をもつ信用詐欺師・アビー役を演じる。

山本は、中国武術で世界大会優勝経験もあり、昨年、三谷幸喜脚本・演出のAmazonオリジナルドラマ『誰かが、見ている』にメインキャストで出演し、話題に。最近ではTELASAドラマ『主夫メゾン』で妻役を演じるなど新たな一面を見せた。

また、舞台では昨年末公開の舞台『INSPIRE陰陽師』では、謎の存在・芦野道隆に傾倒する心理カウンセラー役を熱演。得意のアクションも見せ存在感を放った。本作ではどのような姿を見せるのか、期待される。

ほか、美弥るりか、加藤諒、仙名彩世、福本伸一、平田敦子、三上市朗、大谷亮介の出演も決まった。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

平井堅、NEWアルバム『あなたになりたかった』全収録曲発表

Next Post

菜々緒、黒ビキニの爽快ショットに「かっこいい」「脚長い!」

Related Posts

【新日1・5東京ドーム】SANADAが因縁マッチ制し2冠・飯伏に宣戦布告

SANADA(左)の挑戦を2冠・飯伏は受諾した 5日の新日本プロレス東京ドーム大会で、SANADA(32)がEVILとの因縁マッチを制した。 昨年7月にロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切りバレットクラブ入りした元パートナーとの遺恨対決は、戦前の予想通り乱戦となった。ラウンディングボディープレスをヒザで迎撃されると、EVILがレフェリーの気を引くスキにセコンドのディック東郷(51)が介入。ワイヤーチョーク攻撃に苦しんだ。 それでも何とかこれを逃れると、EVILとの同士討ちを誘って東郷を試合から排除する。ならばとギアを上げたEVILのタイガー&ドラゴンスープレックス、首折り弾を浴びながらも、急所攻撃は読み切って阻止。掟破りのEVIL(変型大外刈り)で逆転し、ポップアップ式のTKOでたたみかける。最後は必殺のラウンディングボディープレスで圧殺し完璧な3カウントを奪ってみせた。 昨年のG1クライマックス準優勝者は戦前から、元2冠王者のEVILに勝利後はIWGPヘビー級王座戦線への挑戦権利を主張していた。試合直後はノーコメントだったものの、メインでジェイ・ホワイト(28)を破りIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王座初防衛に成功した現王者・飯伏幸太(38)の前に登場。スーツ姿でリングに上がると「チャンピオン。こんな時だからこそ、プロレス界の希望となるSANADAからの挑戦表明というギフト受け取っていただけますか」と宣戦布告した。飯伏もこれを受諾したため次期挑戦が決定的。昨年のG1クライマックス優勝決定戦のリベンジマッチで、IWGP初戴冠を狙う。  
詳しく見る

インスタのストーリーズからのDMが吉? 新しい知人とのコミュテク6選

就職や部署異動など、新たな出会いが生まれるこの時期。関係性をゼロから築くために、用事がなくてもメッセージのやり取りをするのが効果的とか。 「『LINEが続く/続かない』という言い回しがあるように、連絡が途切れないことそのものが、心理的距離が縮まっている表れ。内容はそこまで重要ではなく、続けることに意味があります。さらにトーク画面を開いた時に常に上の方に名前があると、わざわざ思い出さなくても目に留まる。なにかの時に誘いやすいというのも重要です」(心理カウンセラー・五百田達成さん) ただ、こちらから連絡する時に、相手の反応を深読みしすぎてしまうのには要注意。 「相手の気持ちを考えるのも大事ですが、無理しすぎないように肩の力を抜いて楽しみながら使いましょう」(心理美容家・愛葉香さん) InstagramのストーリーズからのDMなら、話題に困らない。 ニュースソースへの反応で自然な会話に。 アンケートでは“ストーリーズへの反応から雑談が始まるパターンが多い”とか。「SNSは承認欲求のツール。今の自分を知らせたい、共感してほしいという心理があるので、投稿に対しての反応は嬉しいもの。ストーリーズなら、自然に話しかけられるでしょう」(愛葉さん)。「ストーリーズ機能は、その人の今がわかるニュースソースで、話を始めるきっかけに最適。実際、上がっている情報と関係ない内容を話しかけても、何も問題ありません」(五百田さん) 「ちらっ」「ひょこっ」スタンプで気軽なかまってアピール。 神妙に始めるのではなく視覚的にかわいく! 文字で声をかけるよりも、かわいい「ちらっ」「ひょこっ」といったスタンプでのちょっかいなら、プレッシャーが少ないという分析が! 「『ねぇ』とか『あのさ…』で始められると、相手は『何だろう?』とか『どうした?』なんてちょっと心配になる。探りを入れる感じよりは、ちらっとのぞくかわいいスタンプひとつの方が視覚的にも受け入れられやすいと思います」(愛葉さん)。「そもそもチャットツールなので、スタンプ程度の気軽さが理想」(五百田さん) 期間限定のポップアップなど、期限のある場所に誘う。 期限があるから相手も返事しやすい。 “映画や美術館、イベントをきっかけに誘う”という古典的テクはメッセージでも応用可。ポイントは期間限定ものを選ぶこと。「いつでも行けるものだと日にちが決めにくいので、期限があるとスムーズですね。相手も興味がありそうな提案を」(愛葉さん)。「仕事でも『取引先が休みに入っちゃうので…』など、第三者が理由なら押し付けがましくありません。期間限定で…という“言い訳”があることで誘いやすく、返事を求めやすいでしょう」(五百田さん) 共通の知り合いネタは、マナーさえ守れば心強い味方! 共通の知人経由で、相手の興味を喚起。 共通の知人を使って距離を縮めるというちょいあざとテクも。「『ご無沙汰しております』と話しかけて思い出させるよりも、共通の知人をきっかけにすれば話が早いし、相手も興味を持ちやすい。タイミングさえ合えば、かなりいいテクニックだと思います」(五百田さん)。「関係が始まったばかりの相手は、共通の知人がいた方が会う約束がスムーズに進む場合もあります。ただ、グループを作る時などは、双方に許可を得るのが暗黙のマナー」(愛葉さん) 共通のトピックの「新ネタ」は鉄板。…
詳しく見る

ワタナベマホトと同類!? 新進気鋭の若手カメラマンが“セクハラ”で大炎上

(C)Krakenimages.com / Shutterstock  新進気鋭のカメラマン・高橋優也氏が、女性に〝セクハラ〟していたという告発が続出し、ネット上で物議を醸している。 高橋氏は、シンガポール出身の人気写真家レスリー・キー氏に師事。有名アーティストや俳優、タレントの撮影を次々に手掛けるなど、ファッション業界を中心に活動するフォトグラファーだ。最近ではモデルでタレントの藤田ニコルや、俳優の城田優などの撮影を手がけ、若者の間で人気になっている。 炎上のきっかけは、ユーチューバーのカワグチジンが自身のツイッター上で高橋氏に対し、《人間性とアートに対する価値観の違いから二度と関わらない》と〝絶縁宣言〟したこと。さらにカワグチは、高橋氏からセクハラ被害を受けた女性からのメッセージが多数届いていると明かし、女優を目指している女性と高橋氏とのやりとりのスクリーンショットを公開した(現在は削除済み)。 「スクショには『俺と仕事したい? 前とは心入れ替えたかな?』『ちなみに、写真撮ってなかったらできる? 僕が、見るだけ。僕の頭の中だけ』などと、セクハラまがいのやりとりが記されています。女性は、『やっぱりだいぶ前に飲んだときに色々された事は自分の中で恐怖として残ってしまったというか…乱暴にされた事って女の子にとって凄く頭の中にこびり付いて離れないんです』と返答していることから、性的関係を持ったことをうかがわせる内容もありました。事実であれば、単なるセクハラ問題ではすまないでしょう」(ネットニュースサイト編集者) 「反省の色が見られない」と厳しい声 高橋氏は3月22日に自身のインスタグラムを更新。今回の件について《今回、Twitterでのあるやり取りがきっかけとなり、多くの方にご迷惑をおかけしてしまい本当に申し訳なく思ってます》《事実ではないことも中にはありますが、これも全て僕の身から出たサビです》などと謝罪した。 A post shared by 高橋優也 yuyatakahashi (@yuyatakahashi.monster)…
詳しく見る