BTS「Film out」首位を奪還、オリコンデイリーランキングで4回目の1位

BTS「Film out」首位を奪還、オリコンデイリーランキングで4回目の1位

BTS「Film out」首位を奪還、オリコンデイリーランキングで4回目の1位
BTS「Film out」ジャケ写(photo by Big Hit MUSIC)

BTSの日本新曲「Film out」がオリコンデイリーデジタルシングルランキングの首位を奪還した。

7日、日本のオリコンが発表した最新チャートによると、「Film out」は日間ダウンロード数2,118件を記録し、デイリーデジタルシングルランキング1位となった。 これに先立ち、同曲は発売初日から今月4日までオリコンデイリーデジタルシングルランキングで3日連続トップを維持し、6日の発表チャートで2位に順位を下げた。

「Film out」はオリコン「週間デジタルシングルランキング」(集計期間3月29日〜4月4日)でも3日間の累積ダウンロード数3万2947件を記録し、1位になったことがある。BTSがオリコン「週間デジタルシングルランキング」チャートで1位を占めたのは今回が初めて。

一方、BTSは6月16日、先行公開曲「Film out」が収録された日本ベストアルバム「BTS, THE BEST」を発売する。 「Film out」をはじめ、「Dynamite」、「血、汗、涙」、「FAKE LOVE」、「IDOL」、「MIC Drop」、「ON」などの日本語バージョンと、日本オリジナル曲の「Your eyes tell」、「Crystal Snow」まで、2017年からBTSが日本で発売したシングルとアルバムの収録曲の計23曲が収録される予定である。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

菜々緒、黒ビキニの爽快ショットに「かっこいい」「脚長い!」

Next Post

市川海老蔵、マッチングアプリに興味を示す? 実際に来たら「腰抜かす」

Related Posts

コスプレイヤーえなこが美バスト全開のバニーガール姿を披露『ヤンジャン』オフショ

えなこ コスプレイヤーえなこが3月31日自身のTwitterを更新し『週刊ヤングジャンプ』オフショットを披露した。 えなこは現在発売中の『週刊ヤングジャンプ』に表紙・巻頭・巻中・巻末グラビアに登場。今回Twitterにてバニー姿のオフショットを披露した。そして、4月4日にオンラインサイン会を開催することを告知した。 (C)PPエンタープライズ  
詳しく見る

楽天モバイルから スリムボディのオリジナル4Gスマホ

楽天モバイルは、オリジナルモデルの「4G」対応スマートフォン「Rakuten Hand(ラクテン・ハンド)」を、2020年12月8日から同社公式サイトなどで順次発売をはじめた。 背景をぼかしたポートレートの撮影も楽しめる 約5.1型有機ELディスプレイ、「モバイルFeliCa」搭載のスマートフォンとしては世界一スリムだという横幅約63ミリを実現。側面に丸みを帯びたデザインの採用に加え重さ約129グラムの軽量ボディにより、片手でも操作しやすいという。 約4800万画素・広角、約200万画素・深度測位の2眼カメラを背面に装備。背景をぼかし被写体を際立たせるポートレート撮影が可能。また前面には約1600万画素カメラを備え、美顔モードやアニメーションを出現させる撮影モードなどによる多彩な”自分撮り”が楽しめる。 4G対応モデルの一般的な通信方式「2×2 MIMO」より高速なデータ通信が利用できる「4×4 MIMO」に対応。eSIM仕様のSIMフリーとなっている。「おサイフケータイ」などの機能を備える。 OSは「Android 10」をプレインストール。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。IPX2防滴、IP5X防塵性能を備える。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANをサポート。バッテリー容量は2750mAh。 カラーはブラック、ホワイト、クリムゾンレッドの3色。 価格は2万円(税込)。  
詳しく見る

世界中から大集結 地元で愛される「ここでしか食べられないチョコ」

「幸福のチョコレート」は通販サイト「フェリシモ」が運営する、世界のレアチョコばかりを集めたカタログ。「ローカルチョコレート」をテーマに掲げ、24年間バイヤーを務めるみり(木野内美里)さんがその足で世界を駆け回って見つけてきた、著名ではないけれど地元で愛されているおいしいチョコが集結している。 そのためここでしか食べられない、日本初上陸のチョコが大半を占めている。 最高級チョコのクオリティーに脱帽 今年はコロナ禍でもオンラインでショコラティエに呼びかけ、縮小をせず、例年通りの規模(25か国、100ブランド以上)で展開しており、初上陸チョコは11点(7ブランド)だ。クロアチア「ブルスナチョコレート」のプチハート2粒647円からフランス「ロワ」のチョコレートボンボン16粒入り9604円まで、バリエーション豊かな品揃え。 一足先に、みりさんおすすめのチョコレートを試食した。ピンクのタブレットはタスマニア「コールリバーファーム」のベリーココナツチョコ。ラズベリーの酸味とココナツの香りが印象的なホワイトチョコレート。バンクーバー「ココナマ」のミントはミントの香りが華やかに広がる爽やかなチョコレートでフェリシモオリジナル商品。フランス「ロワ」のソルトキャラメルは1箱税込み9500円超。フランスの小さな街、アンジュの瓦屋根の色と同じ青いチョコレート、「ケルノン ダルドワーズ」はいずれも最高級のチョコレート、そのクオリティーの高さに脱帽だ。 チョコレートはインターネットから注文が可能で、2021年2月お届けもしくは3月お届けで選択することができるが、締切があるのでご注意を。また、世界中のショコラティエたちが作ったものを輸入しているので、ものによっては少々時間がかかる場合がある。 * 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。  
詳しく見る