ローランド、ディレクターから遅刻癖を告発される 「駐車場で30分くらい…」

ローランド、ディレクターから遅刻癖を告発される 「駐車場で30分くらい…」

ローランド、ディレクターから遅刻癖を告発される 「駐車場で30分くらい…」

タレント・実業家のローランドさんが7日、自身のYouTubeチャンネル『THE ROLAND SHOW』を更新。自己演出の一貫として、あえて遅刻していた過去を明かしました。

■遅刻しがちなローランドさん

この日、チャンネルでは過去の映像を見つつ、その裏側を語っていく企画を実施。その中で、チャンネルのソンディレクターがローランドさんの遅刻癖について明かすことに。

ソンさんいわく、今のローランドさんは「10回遅刻して、5回くらいは『すみません』って言う」ものの、昔は謝罪の言葉を述べなかったそうです。

関連記事:

■演出で遅刻していた過去

するとローランドさんは、お偉いさんがわざと会合に遅刻することで、他の人よりも自分のほうが立場が上だと自己演出していた…という話を当時、読書で知ったことを告白。今でもその気は十分に残っているローランドさんですが、当時は「中二病の権化」だったこともあり、「これかっけえな!」と影響されたことを明かします。

そして、ソンさんと出会うことになった『ソノサキ ~知りたい見たいを大追跡!~』(テレビ朝日系)での初の打ち合わせ時も「テレビになめられたくねえ」という気持ちから、わざと30~40分遅刻したことを告白。「もしかしたら駐車場で30分くらい時間潰してたかも」と述べ、ソンさんに「くだらねえ」と苦笑されていました。

ローランドさん自身、「今考えたらくだらないけどね」と認めていましたが、当時は大真面目だったようです。

■「草」「たしかにくだらない」

今回のエピソードに対し、コメント欄には「わざと遅刻してたとか草」「たしかにくだらねえ笑」などの声が寄せられました。

しかし、人間味あふれる話だったこともあり、「過去の自分も分析して否定せず受け止めてるのが、本当に自己肯定感高くて好きです」「ローランドがどうこうじゃなくて、この1人の人間がほんとに面白い。笑えるとかじゃなくて面白みのある味のある人間で最高」など、肯定的に受け止める人の姿も多く確認できます。

★ローランドさんの動画はこちら!

(文/fumumu編集部・柊青葉)

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

市川海老蔵、マッチングアプリに興味を示す? 実際に来たら「腰抜かす」

Next Post

高橋みなみ、誕生日を迎え「三十路の世界へ」 神7も続々30代に突入

Related Posts

福山雅治、紅白で届けた愛「家族になろうよ」で伝えたメッセージ

福山雅治 福山雅治が2020年12月31日の『第71回NHK紅白歌合戦』で、自身初の白組トリを務めた。披露したのは「家族になろうよ」の紅白スペシャルアレンジ。豪華編成で、各楽器の様々な音色ひとつひとつが家族のように重なり合い、音楽で紡がれる絆を深めた。 30周年イヤー福山のハートウォーミングな選曲 福山は、2019年以前は別会場からの紅白生中継出演が多かった中、この日はNHKホールでの生披露。ステージ上でマーティンD-45のアコースティックギターを構える福山からは、この日のパフォーマンスに対する気合を感じられた。 数々のヒット曲、代表曲がある中、2020年紅白の演目としてセレクトされたのは「家族になろうよ」だった。なお、2019年以前に福山が紅白で披露した演目を5年ほど遡ると以下の通り。 ・2015年:「デビュー25周年スペシャルメドレー」 ・2016年:「2016スペシャルメドレー」 ・2017年:「トモエ学園」 ・2018年:「2018スペシャルメドレー」 ・2019年:「デビュー30周年直前SPメドレー」 メドレーで紅白のステージを賑わせることの多い中、福山がデビュー30周年を迎えた2020年という節目にメドレーではなく楽曲「家族になろうよ」を選んだことからは、深いメッセージ性を感じさせる。 2011年リリースのこの楽曲は、同年の第62回紅白歌合戦でも披露された。この年は日本中が一つになって力を合わせることの大切さ、人と人との絆の尊さを改めて感じさせる時でもあった。 そして2020年、新型コロナウイルス感染拡大という未曾有の有事となってしまった中、一人一人にとって大切なことは、 “みんなの心をひとつに”ということなのかもしれない。そしてそれは、福山が紅白で披露した「家族になろうよ」の歌唱に込められている気がしてならない。 日本中に広がる福山の想い ステージ上で紳士的に凛と、そして温かく優しく歌い上げる福山の姿は輝いていた。<どんなことも越えてゆける 家族になろうよ>という歌詞の一節が心に入り込み、ハートウォーミングな気持ちにさせてくれた。その部分を歌唱した直後の福山の表情は、大切な家族からの優しい微笑みのように感じさせてくれた。 この日に歌唱する福山の心情は、この楽曲を制作した時の気持ちを歌っているのか、リリースから年月を重ねての現在、困難な現状へ向けてのメッセージを含めてのものなのか、真意は本人のみぞ知る領域だが、主観的には、日本中に向けての“家族のようになって、今を乗り越えよう”というような想いが言葉、歌、サウンドとして放たれていたように感じずにはいられなかった。…
詳しく見る

BEYOOOOONDS、ラストアイドルら10組 六本木アイドルフェスで対バン

アイドルグループ・BEYOOOOONDS、ラストアイドルら10組が出演する「GWだよ! 六本木アイドルフェスティバル」が、5月1日・2日の2日間にわたり東京・EXシアター六本木で開催される。 テレビ朝日による同イベントは全5公演。ネクストブレイクアイドルを中心に対バンライブ形式で行われる。Vol.1には、2ndシングルがオリコン週間1位を獲得したハロー! プロジェクト所属の12人組女性アイドルグループ・BEYOOOOONDS、そして昨年デビュー10周年を迎えた東京女子流が出演。Vol.2ではアップアップガールズ(2)と、新メンバー2名が加わった#ババババンビが競演する。 テレビ朝日で冠番組を持つグループの初2マンとなるVol.3はラストアイドルと、冠番組『フィロのス亭』が放送中のフィロソフィーのダンスが、Vol.4は、わーすたとまねきケチャが激突。Vol.5には、デビュー10周年に突入したSUPER☆GiRLSと、昨年約2000人の応募から新メンバーが加入し、新体制となった26時のマスカレイドがラストを締めくくる。 チケットの最速抽選先行予約受付は本日より開始。一般発売は4月17日。  
詳しく見る

TKO木下「最高月収は800万円」「一番出たい番組は有吉の壁」 初の生配信でぶっちゃけ連発

TKO木下 唯一、NGだった質問は? お笑いコンビ「TKO」の木下隆行(49)が5日「NGなし! どんな質問でもお答えします!!」と題してユーチューブで初の生配信を行った。 ペットボトル騒動で松竹芸能を退所し、ユーチューバーに転身するもバッド(低評価)日本一を記録するなど苦戦中。ユーチューブを始めて1年となるが、チャンネル登録者数も2・86万人と伸び悩んでいる。そこで今回、チャットで寄せられた視聴者からの質問に答える形で60分1本勝負に挑んだ。 ジャブ代わりの「なんで事務所を辞めたんですか」「なんでペットボトルを投げたんですか」という質問に真摯に答えた。その後、質問はどんどん過激に。「最高月収はいくらですか? 今の月収はいくらですか?」と聞かれ「最高月収は800万円。今の月収はバラバラですけどン十万ですね。先月は50万ぐらい」と赤裸々に語った。 生放送ならではのハプニングもあった。放送中にユーチューバーのシバターからサプライズで質問され「シバターさん、ありがとうございます」と笑顔で答えるなど、フルボッコにされると思いきや、意外にも好反応だった。 放送後の木下を直撃すると「やる前はアンチが多いので怖かったんです。でも、思った以上に温かい反応だったので、やってよかったです」と手応えを感じていた。 そんな木下の復活の鍵となりそうなのが、先日結婚発表したばかりの有吉弘行だ。配信中にも今、一番出たい番組に「有吉の壁」(日本テレビ系)を挙げた。年下にも関わらず、有吉が呼び捨てで呼ぶなど20年来の関係で、定期的に木下の名前を出しイジっている。 「イジってくれること。名前を出してくれることが愛ですから。イジってくれたら『ありがとう』ってメールのやりとりは続いてます」 結婚した有吉にどんな言葉を送ったのか問うと「それはプライベート内容になるので、教えられません」。本紙にはNGなしではなかった?  
詳しく見る