YURiMental、MV第2弾「昨日に奏でる明日の歌」公開!

YURiMental、MV第2弾「昨日に奏でる明日の歌」公開!

YURiMental、MV第2弾「昨日に奏でる明日の歌」公開!
YURiMental、MV第2弾「昨日に奏でる明日の歌」公開!

YURiMentalが、「昨日に奏でる明日の歌」のMVを公開した。

YURiMentalにとって第2作目となる同MVの公開は、本日4月8日(木)にTSUTAYA O-WESTにて開催された<MARQUEE祭vol.95>内のMCで発表。

MV第1弾である「Innocent characteristic」が公開がされてからわずか2日後の出来事に、フロアからはどよめきが聞こえ、会場内は一時騒然とした。

なお、MV第2弾公開のきっかけは、MV第1弾公開ツイートのリツイート数、いいね数、再生回数が1,111 回を突破したことによるものだったという。

今回の第2弾MVも、公開ツイートのリツイート数、いいね数、YURiMentalのすべてのMVの再生回数が11,111を超えると、何かが起こると示唆されている。

YURiMental 1st EP『Love♡Virus』Type-A

YURiMental 1st EP『Love♡Virus』Type-B

YURiMental 1st EP『Love♡Virus』Type-C

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

≠ME、デビューミニAL発売記念 オンライン個別お話し会開催決定!

Next Post

8bitBRAIN、今夜4/9 0時より新曲「SeNSe oF GuiLT」先行配信+新ビジュアルMV公開!

Related Posts

渡部建、「公開謝罪」不発の絶体絶命 「児嶋との再会見」ならムード変わる?

3日に記者会見を開いた渡部建さん 世間を騒がせた記者会見から4日。お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(48)についての波風が収まらない。スポーツニッポン(スポニチアネックス)は2020年12月7日、大晦日に放送される「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ系)の「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」について、渡部さんの出演部分を日本テレビが「”お蔵入り”にする方向で調整している」と報道したのだ。 松本人志、会見直前に「オレと渡部の共演は当分無いと思うよ?」 番組をめぐっては「週刊女性」(12月1・8日号)が11月17日に、渡部さんが出演するとの記事を掲載したほか、3日後の20日にはスポニチが、「年末特番で電撃復帰することが19日、分かった」「『絶対に笑ってはいけない』シリーズで、10月下旬に番組からのオファーを受け、決断した」と報じるなど、渡部さんが番組に出演するという方向で話が進んでいたが、それに対する猛反発があったのは周知の通り。このため、番組側が世論に押される形で渡部さんの出演シーンを「全カット」する方向で調整を行っているということになる。 ただ、その兆候はすでに「出ていた」と言って良いだろう。記者会見が開かれる直前となる3日の18時台に、「絶対に笑ってはいけない」出演する「ダウンタウン」の松本人志さんはツイッターで、「あえて会見の前に。。。オレと渡部の共演は当分無いと思うよ?」と発言。また、6日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)では「年末はお子様からお年寄りまで安心して見ることができる内容になってますので、是非ご覧ください」と発言するなど、渡部さんの出演シーンが「全カット」されることを匂わせていたからだ。 強かった「順序の違い」批判 まさに、復帰の千載一遇のチャンスを逃したと言うべき状況の渡部さんだが、今回の失敗は必然だったと言えるだろう。なぜなら、不倫騒動が発生したのは6月11日に首都圏などで発売された「週刊文春」(6月18日号)による報道がきっかけであり、会見はその半年後。このため、ネット上には、 「渡部は、会見が遅過ぎた事、ガキ使が決まって、報道されてからの順番違いの会見という事」 「渡部さん会見しない方がよかったんじゃ…質問に全く答えてない…」 「結局、渡部の会見って謝罪会見だったの?復帰会見だったの?」 といった批判の声が噴出。記者会見の情報よりも「ガキ使出演報道」が先に出てしまったという「ボタンの掛け違え」に加え、聞かれていたことに答えていなかったという、「謝罪会見」としては不十分な内容。さらには、騒動後初の会見が半年後と言う時期であるがために、そもそもが「謝罪会見」なのか「復帰会見」なのかすら釈然としないという中途半端さも、渡部さんの記者会見が失敗した要素と言えるだろう。 ビートたけし「ちょっと腕がなさ過ぎた」 これにより、活動休止期間が「延長」されてしまった渡部さんだが、今後、やはり渡部さんが復帰を望むのであれば、今回の会見が「半年遅れの謝罪会見」だったと位置づけた上で、再度、復帰会見を開く必要があるだろう。実際、渡部さんは3日の会見で、記者から「謝罪会見なのか? 復帰会見なのか?」との問いに対し、「謝罪会見です」と回答しており、となれば、再度の活動休止期間を経た上で復帰会見を行えば、今度は、「渡部は謝罪会見と活動自粛の順番が逆やろ」といった批判は出てこなくなるからだ。ただ、その場合、もはや、渡部さん単独による記者会見はすべきではないかもしれない。 というのも3日の会見について、5日に放送された「新・情報7daysニュースキャスター」(TBS系)でパネリストを務めるビートたけしさん(73)は、会見について、「笑いをとって恥をかかないと」「ちょっと腕がなさ過ぎた」と、その「敗因」を分析し、渡部さんのお笑い芸人としての力量が会見を開くに足りていないとの指摘を行っていたのだ。 となると、今後、渡部さんが復帰会見を行う際には誰かの助けが必要になるわけだが、それを務めるのに最も適切と考えられるのが、やはり、相方の児嶋一哉さん(48)だ。相方たる児島さんが復帰会見に同席すれば、それはすなわち、相方が渡部さんを許したということであり、妻の佐々木希さん(32)に離婚の意思がないとされる現状では、もはや、「視聴者が渡部さんの周囲の人間の怒りを代弁する」ことは出来なくなるからだ。 それを見越してか、6日の「ワイドナショー」で松本さんは「こういう時こそ相方と向き合うことが大事なんじゃないかと思った」とも発言していた。この言葉を噛み締めることこそ、今の渡部さんが最もすべきことなのではないだろうか。 (J-CASTニュース編集部…
詳しく見る

福山雅治、ライブ映像4タイトル急遽YouTubeで公開決定

福山雅治 福山雅治が10日、新型コロナウイルス感染拡大によって再び増えるお家時間のエンターテイメントとして、福山雅治公式YouTubeチャンネルでこれまでのライブ映像がフルバージョンで楽しめる『LIVE AT YOUR HOME II』が、10日より4週連続で実施されることが決定した。 昨年12月に6年8カ月振りにリリースされたアルバム『AKIRA』制作時、世界を襲った未曾有の事態を受け止めながらも「クリエイティブ活動は止めない」との想いで制作を続け、レコーディングスタジオの利用自粛が求められた期間にプライベートスタジオの制作環境を急ピッチで整え、「今、自分が出来ること、やるべきこと」を日々積み重ねながら、全17曲からなるアルバム『AKIRA』を完成させた福山。 昨年のSTAY HOME期間中にも「今、出来うる限りのエンターテイメントを提供したい」という想いから実施されていた『LIVE AT YOUR HOME』を再び実施することになり、10日よりスタートが決まったという。 今回公開される映像のラインナップは、2014年に開催された自身初となる全国ドームツアー『FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. TOUR 2014…
詳しく見る

下心はないんだけど… 「付き合う前」にイチャイチャしようとする男性の本音4選

文・山田周平 「好意」が抑えきれない 「片思い中の女性と飲みに行って、お互いに結構酔っ払って、そのままイチャついたことがあります。ずっと好きだったので、思いが溢れ出た感じでしたね」(20代・男性・営業) 好きな女性に対して、男性が「触れ合いたい」という思いを抱くのは当然のこと。そして、「好き」という気持ちが大きくなればなるほど、欲望も比例して大きくなっていくはずです。 そんな状態でチャンスが到来したら、たとえまだ付き合っていなくても、欲望が抑えきれなくなってしまうのでしょう。 「イケそう」な感じがした 「イケるかもと感じたら、そこは引かずにいってしまいますよね。付き合うかどうかとかは、あまり深く考えずしてしまうこともあるかも…」(30代・男性・イベント制作) 「なんだかできそうだな」「俺に気があるのかも」などと感じたら、頑張って押してみようと思う男性は少なくないでしょう。だからこそ、女性側としては、あまり暴走しすぎずに冷静な部分を持っておくことが大事。 男性があなたのことをちゃんと思ってくれているのか、きちんと見極めるようにしましょう。 もう「付き合っているつもり」 「ちゃんと告白をしていなくても、もう付き合っているものだと思うことはあります。お互いに気持ちがあることははっきりとわかっているので……」(30代・男性・IT) ふたりで一緒にいるのが当たり前になったり、お互いの思いが伝わっていると感じたら、「もう付き合っている」と考える男性もいます。 あえて告白をしなくても、男性の中ではすでに“彼女”という認識なので、そのまま関係を持とうとする流れにもなるかも。 そうなる前に、一度ふたりの認識をすり合わせてから、関係を進展させるようにしたほうがよさそうです。 ただ「したい」だけ 「正直、若い頃は下心丸出しで女性にアプローチしたこともありましたね。あのときは、本当にイチャイチャすることしか考えていなかったかも……」(30代・男性・自営業) ただ「イチャイチャしたい」という欲求だけで、女性に近づく男性もいます。そういった男性は、付き合うかどうかなどはそもそも頭にないので、付き合う前でも平然と手を出そうとしてくるはず。 まだそこまで関係を築いていないのに勢いだけで迫ってくるような男性は、かなり危険。深入りしてはいけませんよ。…
詳しく見る