森七菜、ロッテ新CMキャラクター就任! 「何のCMに登場するか楽しみにしていてください」

森七菜、ロッテ新CMキャラクター就任! 「何のCMに登場するか楽しみにしていてください」

森七菜、ロッテ新CMキャラクター就任! 「何のCMに登場するか楽しみにしていてください」
森七菜、ロッテ新CMキャラクター就任! 「何のCMに登場するか楽しみにしていてください」

森七菜が、3月30日(火)にZOZOマリンスタジアムにて行なわれた千葉ロッテマリーンズのホーム開幕戦の始球式に登場し、ロッテの新CMキャラクターに就任したことを発表した。

千葉ロッテマリーンズのユニホームを着てリリーフカーで登場した森は、球場に駆けつけた観客の声援に手を振りながら笑顔で答えた。投球は、惜しくもノーバウンド投球とはいかなかったものの、森はマウンド上でガッツポーズ。“緊張しましたが、しっかり想いを込めて投げさせていただきました。マリーンズの勝利を願っています”と満足げな様子で語った。

森が出演する新CMは、4月中旬に発表予定となっている。

森七菜 コメント

新CMキャラクターに就任について

森:

ロッテの新CMキャラクターに決まって本当に嬉しいです。まだ、どのお菓子かは秘密です。ヒントは、私の名前の“森”です! 予想してみてね! 何のCMに登場するか楽しみにしていてください。

森七菜、ロッテ新CMキャラクター就任! 「何のCMに登場するか楽しみにしていてください」
千葉ロッテマリーンズ ホーム開幕戦の始球式より

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

BiSH、ドラマ『レンアイ漫画家』OP「ZENSHiN ZENREi」配信決定!

Next Post

空想と妄想とキミの恋した世界、「オマージュとリスペクト」MV高画質フルver.公開+<@ JAM>出演権をかけた対バンや名古屋無銭単独公演決定

Related Posts

新井ひとみ、25日に「時には昔の話を」のMVプレミア公開が決定!「みんなと一緒に見たいな♡」

新井ひとみ、25日に「時には昔の話を」のMVプレミア公開が決定!「みんなと一緒に見たいな♡」 新井ひとみが、11月25日に3rdシングル「時には昔の話を」をカバーリリースする。これにあわせ、発売日当日の19時からYouTubeバージョンのMVプレミア公開が決定した。 新井ひとみ本人も25日のプレミア公開で初めてのMV視聴となるそうで、公開当日が待ちきれない様子。Twitterでも楽しみな心境が語られている。 また、パッケージに収録されているMVはYouTubeバージョンでは見ることのできない、特別な演出も入っているとのこと。 「時には昔の話を」【CD】 「時には昔の話を」【CD+DVD】  
詳しく見る

「ユーミンの大御所感は出さないですよ(笑)」松任谷由実の“仕事のポリシー”

去年作った曲も、どこかコロナ禍を予言していた。 ユーミンの最新作『深海の街』を聴けば、ドラマ主題歌やTVCMなどで、既に耳にしている曲が見つかる人も多いはず。シチューのCMソング「雪の道しるべ」、ドラマ『恋する母たち』の主題歌「知らないどうし」、ゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』新主題歌「あなたと 私と」など、ジャンルも視聴する年齢層も様々なタイアップ曲が収録されているから。それぞれの役割が求められる楽曲制作にも、ポリシーがある。 「ミーティングをして制作スタッフの意見を汲み取って曲を書くほうが、野放しで好きな曲を書けって言われるよりも得意かも。かといってドラマやアニメの内容に寄り添いすぎるのも面白くないので、ちょっとしたギャップがあるくらいがいい。締め切りを守るというのも私の中では絶対。OKが出なかった場合も、意見を尊重して書き直します。そこでユーミンの大御所感は出さないですよ(笑)」 朝の情報番組『グッド!モーニング』のテーマ曲「Good! Morning」に関してはコロナ禍を経て、歌詞を書き直した。 「最初は、朝にみんなが気持ちよく出社できたらいいなと思って書いたライトな曲だったんです。でもコロナ禍の今、そんな軽い気持ちでは電車に乗れないし。明けない夜はないってよくいうフレーズがあるけど、それはわかってるけど、どうしたらいいの? って。自分も経験した、そんな想いを『Good! Morning』の歌詞に託しました」 時代の空気を読む鋭さと、制作におけるフットワークの軽さが、令和の時代にもユーミンのポップ・ソングが求められる秘訣かも。 音楽的成長を求める私の本気を感じて。 2020年のユーミンだからこそ生まれた珠玉の名曲たちが、アルバム『深海の街』に並んでいる。オープニングを飾る「1920」は、100年前の景色を描きながら、街から人が消えた現代の空気感を見事に表現している。 「今年の春に、母が100歳を迎えまして。母が生まれた1920年頃のことをいろいろと調べていたんです。そしたら、その前後にはスペイン風邪の流行や、アントワープオリンピックがあり、2020年との共通項がいくつか見つかった。それを心の手帳にメモしつつ、この曲の作詞をしていたら、打ち込みのサウンドの中から柱時計の音が聞こえてきたりして、頭の中で100年前にタイムスリップしていきました。『散りてなお』など去年作った曲も、どこかコロナ禍を予言していたように感じたりして、自分の中でどんどん辻褄が合っていくような制作だったんです。様変わりしてしまった世界を見ながら、私自身すごく苦しかった時もありました。でも私の場合は音楽を作ることがセラピーであり、一筋の光だったんです」 ユーミンは若い世代のアーティストとの交流も日頃から行っているけれど、多くのファンはもちろん、そんな後輩たちにもアルバム『深海の街』を聴いてもらいたいという。 「若い世代のアーティストとの交流を通じて、私の方が教わることが多いと感じています。特に仲良しなのはGLIM SPANKY。親御さんたちがロック漬けの世代だからか、日本語のロックもここまで進化したんだと驚かされます。SuchmosもフュージョンやAORにヒップホップもハイブリッドされていて衝撃を受けました。どんなアーティストもその人にしか書けない音楽がそれぞれにあるから、私が音楽と向き合う姿勢を見て何か感じてもらえたら嬉しいんですけど。でも今回のアルバムは、この期に及んでまだ音楽的成長を求める私の本気をぜひ感じてほしいです(笑)」 ちなみにアルバム『深海の街』の初回限定盤とクリスマススペシャルBOXには「Documentary of…
詳しく見る

今田耕司が語った「M-1優勝者」の共通点 アンタッチャブル、ブラックマヨネーズはなぜ「衝撃だった」のか

お笑いタレントの今田耕司さんが2021年3月30日放送のフリートークバラエティー番組「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?」(テレビ東京系)にゲスト出演し、03年から決勝戦のMCを務める漫才師日本一決定戦「M-1グランプリ」の裏側を語り、視聴者から大きな反響があがっている。 「『爆発』せずに優勝した人はおれへん」 今回の放送は、お笑いコンビ「オードリー」の2人が学生時代から憧れていた今田さんをゲストに迎え、台本なしの本音トークを展開した。「殿様フェロモン」(1993年・フジテレビ系)や「今田耕司のシブヤ系うらりんご」(フジテレビ系・1995年)など今田さんが過去に出演していた番組を振り返るなか、話題は「オードリー」がブレークするきっかけにもなった「M-1グランプリ」へ。 今田さんは「歴代優勝者は、10何年の歴史のなかで『爆発』せずに優勝した人はおれへん」とスタジオの空気を一変させるような笑いをとった芸人が優勝していると分析。記憶に残る爆発として2004年に優勝したお笑いコンビ「アンタッチャブル」や2005年に優勝したお笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」を挙げ、「劇場とかで経験した『ボガーン!』というのを見た」「ゾワ?ってきた。衝撃だった」と顔を紅潮させる。 「ネタ終わりの漫才師の口、全員臭い」 また、今田さんでしか知り得ないこととして「ネタ終わりの漫才師の口、全員臭い。ウンコみたいな臭いする。ほんま」と告白。「M-1」でサブMCを務める俳優の上戸彩さんに嗅がせたくないとする一方、「頑張った証拠、出し切った証拠やん。(口に)水分残ってへんねんもん」と出場者たちの健闘を称えるのだった。 今まであまり語られてこなかった今田さん視点の「M-1」に、視聴者からは「『M-1』の裏側聞けるのええなぁ」「『M-1』で4分間漫才したあとの口臭い たまらん話やで」「『M-1』のインタビューの見る目が変わってくるなw」「『オードリー』2人ともお笑い好きな高校生に戻ってたし それを全部真っすぐ答えてくれた今田さんカッコ良かった!」などと反響が続々とあがっている。  
詳しく見る