マリエ、島田紳助の“枕営業強要”告発に業界内から心配の声! 一方、吉本サイドは騒動を「スルー」か 

モデル・マリエが、インスタグラムのライブ配信で、“島田紳助による枕営業強要”を告発し、大きな波紋を呼んでいる。ネット上では、紳助に対する批判やマリエへの同情など、さまざまな意見が飛び交っているが、業界内では「マリエの今後に対して心配の声も上がっている」(マスコミ関係者)ようだ。

「紳助といえば、2011年に暴力団関係者との交際が発覚して芸能界を引退。一方でマリエは、ファッション雑誌『ViVi』(講談社)で専属モデルを務めながら、バラエティ番組などでも活躍していましたが、ファッションデザイナーを目指し、11年に海外留学しています。帰国後はデザイナーとして活動し、17年にはファッションブランド『PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカル マリエ デマレ)』を立ち上げ、現在は起業家としても活動している一方、テレビ業界からは遠ざかっている状態です。そんな中、彼女は4月4日にインスタグラムでライブ配信を行い、『18歳の時に島田紳助さんから枕(営業)を誘われた』と暴露。頑なに拒んだ結果、枕営業からは逃れられたものの、紳助が司会を務めていた番組などからは外された……とも語っていました」(芸能ライター)

マリエの告発配信を受け、ネット上には“芸能界の闇”を指摘する声が続出。「マリエが無事で良かったけど、ショックだっただろうね」「これがマジなら、やっぱり紳助って怖いんだな」など、騒然としている。

「紳助や彼が所属していた吉本興業に対して『説明すべき』との意見も出ていますが、すでに引退したタレントですし、現状、吉本サイドが何か対応することはないでしょう。また、マリエは配信の中で、出川哲朗や、お笑いコンビ・やるせなすらが紳助から枕営業を持ちかけられた場に同席していたとも明かしており、ネット上でもバッシングの対象になっていますが、“紳助派”だったとみられる彼らも、今回の騒動については『スルーする見込み』だといいます」(前出・関係者)

さらに、ネット上で同情の声が多く寄せられているマリエに対し、心配する者も少なくないとか。

「『告発内容が事実である確証はない』という状況から、逆に裁判を起こされる可能性もないとは言い切れないため、業界内からも心配の声が上がっています」(同)

今後、同騒動はどのような様相を見せるだろうか。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざましテレビ』でアクシデント発生! 動物に接近しすぎて「浴びちゃった」モノ

Next Post

業務スーパー“揚げるだけ”の冷凍食品は超有能! 「お肉たっぷりなすの挟み揚げ」でパリッ、トロッ、ジュワッ!!

Related Posts

ミルクボーイ、立ち直りのきっかけとなった「THE MANZAI」に悲願の初出場

フジテレビ系では12月6日に「THE MANZAI 2020 マスターズ」(午後7:00)を放送。このたび、番組を主催するTHE MANZAI実行委員会によって選出された、誰もが認める漫才の名手“THE MANZAIマスター”全22組が発表。昨年の「M-1グランプリ」王者であるミルクボーイの初出場が決定した。 同番組は、人気・実力を兼ね備えた漫才師が一堂に会する、年に一度の漫才最高峰の祭典。番組MCを最高顧問のビートたけし、ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)が務める。さらに、5年ぶりにテレビで漫才を披露するブラックマヨネーズや2年連続出場となるアンタッチャブル、たけしが「(ツボに)はまっちゃって笑いが止まらなかった」という中川家など、超豪華な面々が集結する。 ミルクボーイは今大会に向けて作ったという、今年の集大成と位置づける新ネタ「間違い探し」をテレビ初披露。内海崇は「今の僕らがあるのは『THE MANZAI』のおかげ。漫才をサボっていた時期に賞レースの『THE MANZAI』が開催されてまして、1回戦で落ちたんですよ。2014年、賞レース最後の年です。落としていただいたおかげで、“なんか変えなきゃいかん”と、その夜丸刈りにしまして。それが少し伸びてきた時に、今の奥さんに切ってもらったら、たまたま角刈りみたいになって(笑)。角刈りのスタイルは『THE MANZAI』がきっかけなんです。落ちてなかったら丸刈りにもしてないですし、今頃めっちゃ髪の毛伸ばしてハゲ隠してアヒル口してましたんで(笑)。感慨深いですね」と思い入れたっぷり。 夢の舞台に立ち「賞レースじゃないし、点数とかつかないんですけど、漫才師の皆さんの気合が違いますよね。僕、スタジオ入って圧で倒れそうになりました。たけしさんがいてはるのも大きいんでしょうけど、日本の漫才師のトップクラスが集まってますからね。ここに入れているのが一番ビックリですし、頑張らなあかんなあって思いますね」と相当の緊張感があった様子。 相方の駒場孝も「2014年はサボりのど真ん中だったんですけど、他の大会は1回戦とか1次審査とかはなんとなく余力でいけてたんですよね。でもいよいよ余力も尽きて、手の内全部なくなって、“どうすんねん!”って。その時、思い切り落とされたことで、次の年に先輩たちからアドバイスをいただいたりして、漫才への向き合い方が変わりました」と感謝。 そして「すごい漫才師の方々がどんどん積んでこられたのが、僕らに回ってきたっていう重圧がありました。“挑戦者”みたいな感覚で出るステージではないですよね。レジェンドしか出ていないんで。“当たって砕けろ”とかじゃないです(笑)」と雰囲気を明かし、披露した「間違い探し」に関しては「10月末にできたばかりの、出来立てほやほやのネタで、ミルクボーイの第2形態、新ステージを感じてもらえたらうれしいです…って、そんな変わってへんかもですけど(笑)」と控えめにアピールしている。 また、実力派若手漫才師たちがマスターズの出場権を懸けてネタバトルを繰り広げる事前番組「THE MANZAI 2020 プレマスターズ」は12月5日(午後4:30、関東ローカル)に放送。インディアンス、オズワルド、からし蓮根、すゑひろがりず、ニューヨーク、まんじゅう大帝国、ミキ、見取り図、四千頭身、ラランドの10組が出場する。観客投票で1位に選ばれた漫才師が「THE…
詳しく見る

『鉄腕DASH』過去一番の問題回!? 城島茂の銅像制作に「神回」「狂ってる」

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ  12月6日の『ザ!鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)の放送内容が、ネット上で未だに話題を集めている。 この日行われたのは、『TOKIO』のリーダー・城島茂50歳の誕生日を記念した銅像作りだった。発案者の松岡昌宏は、災害や天災を鎮めるため仏像が作られてきた歴史にちなみ、新型コロナウイルスなどを鎮めるべく、DASH島にも銅像を建てることを提案。また、城島が11月17日で50歳を迎えるため、40代最後の姿を銅像にし、城島の像を「島の守り神」にしようと思い立った。 さっそくプロジェクトは進行し、松岡はメンバーの国分太一、後輩の『SixTONES』森本慎太郎、関西ジャニーズJr.『Aぇ!group 』の草間リチャード敬太と制作を開始。まず城島を呼び出し、上半身にロウを塗って砂に埋め、城島の型を取っていった。城島をサプライズで驚かせるため、一同は「肌を綺麗にする天然パック」との理由をつけてロウを塗っていく。 「ここ最近で一番狂ってる」「神回」と称賛続々 その後も、石膏代わりの三和土で城島のコピー、枠や型など、どんどんと制作は進行。最後は手作り反射炉で溶かしたアルミを流し込み、冷ました後に型から外して、城島の銅像を完成させた。 スケジュールの都合でお披露目は城島と森本の2人きりとなったが、城島のためにゼロから銅像を作り上げる胆力に、視聴者は感心したよう。ネット上には 《愛のこもった素敵な銅像だった》 《今日のDASH島くそ神回》 《銅像が水死体にしか見えん》 《どう見ても『STAR WARS』のハン・ソロw》 《今週のDASH島、ここ最近で一番狂っててよかった》 《DASH島銅像制作が面白すぎてずっと笑ってる》 《リーダーの銅像造りがデスマスクにみえてしまう》…
詳しく見る

「ジャニーズカウントダウン」放送決定!東京のさまざまな場所から熱唱

フジテレビ系では12月31日に、ジャニーズ事務所所属アーティストによる年越しライブ「日本中に元気を!!ジャニーズカウントダウン2020-2021~東京の街から歌でつながる生放送~」を放送することが決定した。 例年は東京ドームでおこなわれる「ジャニーズカウントダウン」のコンサートを生中継してきたが、今年は新型コロナウイルスの影響でコンサートは中止。しかし、大みそかの風物詩として放送を望む声が同局に数多く寄せられたことから、生放送番組を制作することとなった。 MCを務めるのは関ジャニ∞の村上信五で、「ジャニーズカウントダウン」のMCを務めるのは今回が初となる。「歌で日本中を元気に!」をテーマに、東京のさまざまな場所から、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey! Say! JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、A.B.C-Z、ジャニーズWEST、King & Prince、SixTONES、Snow Manら総勢11組が、日本中が元気になるような歌を届ける。 村上は「今年も何とか大みそかの開催に着地することができました。従来の様相を呈してはいませんが、今年ならではの、今年だからこそできるカウントダウンをお送りしたく思います。このタイミング、時期に僕がMCをやらせていただくという運びになったのも、ジャニー(喜多川)さんからの何かの御達しだと思います」と気を引き締め、意気込み十分。 番組については「これまでに先輩方が作り上げてくださったジャニーズの伝統を踏襲しながら、今の世代ならではの様式美をフレッシュなエネルギーとして、おこがましくはありますが、皆さまの2020年の一区切り、そして2021年の活力に少しでもなりますよう、お届けできればと思います。。初めての方には新鮮に、長く親しんでくださっている方々には、郷愁にかられていただければ幸いです」とアピールしている。  
詳しく見る