TOKIO・国分太一、松岡昌宏に「怖っ!」と絶叫! “偶然の一致”にファンから「さすが」の声

TOKIOの冠番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が4月7日に放送された。長瀬智也が脱退し、新体制となってから初の放送を迎えたこの日は、「新装開店SP」として、スタジオセットや番組コーナーを一新。また、「エンジェルちゃん」と名付けられた女性代表ゲスト枠も新たに設けられ、TOKIO3人はお笑いタレント・バービーとともに、ゲストの俳優・鈴木亮平をもてなした。

ゲストを“友達”として迎え、友達だからこそ聞ける質問をTOKIOとエンジェルちゃんがぶつけていく企画「友達ってことでいいですか?」では、松岡昌宏が鈴木に「最近テンションが爆上がりしたこと」について質問。松岡は、「僕、移動多いじゃないですか。新幹線とか」と切り出しながら、自身の最近テンションが上がったエピソードについて明かした。

富士山や綺麗な夜景、自然の写真などを必ず撮影するという松岡は、新幹線の中から撮影したという富士山の写真を紹介。走行中に撮影したにもかかわらず、富士山が綺麗に撮れた完璧なショットだったが、松岡は「約1年前に国分(太一)さんが撮った富士山の写真あるでしょ」と言い、かつて番組で紹介した国分の写真と見比べるよう一同を促すと、“構図がまったく同じ”という偶然が判明。

撮影した時間帯こそ異なるものの、富士山の前に建っているビルの位置や雲の位置までほぼ一緒というまさかの偶然に、松岡が「怖くない!?」と興奮気味に話すと、国分も両手で体を抱え込みながら、「怖っ!」と絶叫。「雲の雰囲気とかも超(似てる)……」「同じところで撮ったの、たまたま俺!」と大声を上げる松岡に、鈴木や城島茂は口を開けて、あ然とした表情を浮かべ、国分も「すごくない!? 動いてるよ? 新幹線は」と興奮しっぱなしだった。

とはいえ、ひとしきり感動した国分は、「っていうか、1年前に俺が撮ったの覚えてるお前もすごいよ!」とツッコミを入れ、松岡は大笑いしていた。

この日の放送に、ネット上では視聴者から、「TOKIOの絆すごー!」「これはさすがすぎるわ……」「撮ったあと、『太一くんのあの写真と一緒!』と思って興奮する松岡くんを想像すると、めっちゃ可愛い」「もーーー、副社長たち仲いいんだから!!!」という声が集まっていた。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

業務スーパー“揚げるだけ”の冷凍食品は超有能! 「お肉たっぷりなすの挟み揚げ」でパリッ、トロッ、ジュワッ!!

Next Post

亀田大毅「7年無職でYouTuberデビュー」酒井法子「本人役でドラマ出演」あの人は今

Related Posts

100均で買ってよかった!…女性約200人調査 ダイソー「リピ買い確定の便利アイテム」

文・武市彩花 【アンアン総研リサーチ】 アラサー女性が「ダイソー」で買って本当に良かったアイテムとは? ブラシをくるくるするだけで簡単「メイクブラシクリーナー」 「底のデコボコの部分で汚れが取れやすくなっているし、フタの部分がブラシを乾かすスタンドになっていて便利」(34歳・専門職) 「メイクブラシって洗うのがめんどくさいと思っていたけど、これを使うようになってからは、とても楽で助かっています」(29歳・会社員) 皮脂や汚れをきれいに落としてくれる”メイクブラシクリーナー”。ブラシをくるくる回すだけで、簡単に汚れが落ちる機能が魅力。定期的に洗わないと、気づかないうちにどんどん汚れてしまうメイクブラシ。100円で簡単ケアができるなら、便利アイテムを頼るのもアリですよね。 指先を入れるだけで、スルッと落とせる「除光液(nail kiss)」 「指を入れるだけで、簡単にネイルが取れるなんて驚き。ラメ入りのネイルもしっかりオフできるので重宝しています」(31歳・会社員) 「爪が痛くならないし、落ちにくさも特に感じないので気に入っている。100円で買えて満足」(28歳・主婦) 容器に指先を差し込むだけで、簡単にマニキュアをオフできる優秀アイテム。容器の中に、除光液が染み込んだスポンジが入っていて、指先を入れて2〜3秒であっという間にスルッと落ちる。コットンに染み込ませたり、指をこすったりする必要がないから便利で、トリートメント成分が配合されているのも嬉しいポイント。 水だけで汚れがスルリ!「落ち落ちVのメラミンスポンジ」 「コスパが良いのに便利。使い勝手が良いので、2~3日に1回は使っています」(29歳・自由業) 「問題なく汚れが落ちるから100円とは思えない。ドラッグストアで似た商品を買うなら、ダイソーの掃除用品で十分満足できると思います」(28歳・会社員) 掃除用品のなかでは、ダイソーの「落ち落ちV」シリーズが人気。そのなかでもメラミンスポンジを購入するという人が多数。洗剤を使わずに水だけで、洗面所やキッチン周りが手軽にキレイになります。使い捨てタイプだから衛生面も安心。年末年始のお掃除に役に立つこと間違いなし。 リピート買いする人多数!「ポリ袋(スーパーさんのお買い物袋)」 「コンビニだとほぼ同じもので200〜300円はするので、100円で買えるのは嬉しい」(31歳・専門職)…
詳しく見る

“Let’s ひなたパーティー”! 日向坂46豪華メンバー10人大集合の「B.L.T.2月号」表紙を公開!!

「B.L.T. 2月号」(12月21日発売)の表紙が解禁。登場するのは今年大活躍をとげた日向坂46から、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、東村芽依、金村美玖、小坂菜緒、丹生明里、渡邉美穂、上村ひなのという10人の超豪華メンバーだ。“It’s A HAPPY HINATA PARTY”と題して、アザトカワイサ全開(!?)の超ロング“ひなパ”グラビアを掲載する。 さらに、各2000字以上、合計2万字を超えるソロインタビューで、激動の2020年と彼女たちの“今”、そして来年に向けた思いをたっぷりと語っている。20年は、「日向坂で会いましょう」以外のテレビ番組出演が相次いだメンバーたちが、その裏に秘めた思いを告白するほか、“年忘れ”にちなんで、「なかったことにしたい今年の出来事」をそれぞれに直撃。「さすが日向坂46!!」と言える回答内容は必見だ。今号では別冊付録として両面超ビッグポスターが付いてくる。 さらに、20年もさらなる活躍が目立ったゼロイチファミリア所属の美女たちが大集合した別冊付録「ゼロイチファミリア×B.L.T. 2021 CALENDAR BOOK」の画像も公開。桃月なしこ、黒木ひかり、アンジェラ芽衣、林ゆめ、十味(#2i2)、御寺ゆき、森嶋あんり(#2i2)、我妻ゆりか、青木りさ(#2i2)、新谷姫加、近藤沙瑛子、#ババババンビ(池田メルダ、岸みゆ、小鳥遊るい、水湊みお、吉沢朱音)の12組16人が水着で登場。ゼロイチ軍団オンリーの貴重な水着グラビアカレンダーが完成した。 そのほか、乃木坂46・4期生連載「Gravure à la mode~4期生グラビア向上委員会~」には、佐藤璃果が登場。また、モーニング娘。’20の15期メンバー連続グラビアの第2弾には岡村ほまれが登場。B.L.T.初登場となるグラビアアイドル・吉田莉桜は“オトナ”美ボディーグラビアを披露している。  
詳しく見る

NON STYLE・井上裕介、泥舟に乗り込んだ!? 打ち切り報道の『グッとラック』レギュラー加入の怪

すでに“打ち切り決定”と報じられている情報番組『グッとラック!』(TBS系)に、今週からNON STYLE・井上裕介が、水曜・木曜の新レギュラーに加入することが発表された。この人事は、先月降板になったフリーアナウンサー・小林麻耶の“穴埋め”と伝えられているが、ネット上では「もう終わるのに、今さら?」と不思議がる声が散見される。 来年3月、正式に打ち切りとなると報じられた『グッとラック』。後続番組は、これまでのワイドショー路線とは異なり、かつてTBSで長年放送されていた『はなまるマーケット』のような、生活情報番組になるとのこと。そんな中、関係者の間で注目されているのが、メインMC・立川志らくの“進退”だという。 「もともと『グッとラック』は、志らくの“毒舌”を生かしたワイドショー番組としてスタートしたのですが、いつまでたっても視聴率は伸び悩んでいる状況。また、志らくのコメントが賛否両論を呼び、話題になる機会も、かつてに比べればまったくといっていいほどなくなっている。この踏んだり蹴ったりの状態に、小林の降板騒動も重なり、田村淳ら新レギュラーが発表されてわずか半年で、あえなく打ち切りが決まってしまいました」(スポーツ紙記者) そして今さらながら、小林の後釜に井上が収まったという流れだが、実は井上は来年4月以降も、新番組で複数曜日のコメンテーターを担当するのだとか。 「志らくも、ひとまずは新番組でMCを続けることが内定しているそう。現段階では、志らくと淳のダブルMCに変更されるほか、コメンテーター陣にも多少テコ入れが入り、井上だけでなく、ほかにも吉本芸人が参加するといいます。こうなると、裏番組の『スッキリ』(日本テレビ系)に続いて、TBSの新番組も、吉本色の強い番組になりそうですね」(テレビ局関係者) 確かに『スッキリ』は、極楽とんぼ・加藤浩次とハリセンボン・近藤春菜がメインMCを、また南海キャンディーズ・山里亮太が“天の声”を務めるなど、吉本芸人がメインの番組になっている。 「TBSが吉本芸人をキャスティングするのは、その“台所事情”が大きく影響しているとみられます。なんでも、淳のバーター扱いで、吉本芸人の出演ギャラを抑えることができるため、吉本芸人を増やせば増やすほど、制作費を軽減できるわけです。上層部の『いつ終わるかわからない番組に、そこまでカネを掛けたくない』という本音が透けて見えます。井上の起用にしても、4月からの番組が長続きしなさそうだから、せめてコストパフォーマンスを上げたい、というところでは」(同) 井上は“泥舟”に乗船してしまったということなのだろうか。  
詳しく見る