水原希子&さとうほなみ、順撮りで離れられない関係に 直前まで抱擁

水原希子&さとうほなみ、順撮りで離れられない関係に 直前まで抱擁

 

水原希子&さとうほなみ、順撮りで離れられない関係に 直前まで抱擁
さとうほなみ、水原希子、廣木隆一監督(撮影・冨田味我)

 水原希子、さとうほなみが13日、都内でNetflix映画『彼女』(4月15日全世界独占配信、廣木隆一監督)配信直前イベントに臨んだ。

 中村珍さんの『羣青』が原作。同性愛での永澤レイと、夫から壮絶なDVを受けている篠田七恵の逃避行を描く。

 七恵のために人を殺めるレイ。そんな役どころを水原は「かなり想像力が必要な役柄でした。これを演じ切れることができるんだろうかという気持ちに押しつぶされそうになりながらも役者として挑戦してみたいと思いました」。

 一方、自分のために殺人まで犯したレイに疎ましさと恐ろしさを抱く七恵。さとうはもともと原作が好きだったと言い、出演が決まり「単純に嬉しかった」。

 2人は互いに愛を欲しながら、絡み合わない想いをぶつけあう。撮影は順撮りで、水原は「順撮りじゃなかったらどうなっていんだろうと。その瞬間をレイと七恵としてピュアな状態でいることが出来た」

 さとうも「本当にありがたかった。関係性が変化していく過程が順撮りでできたので自然と私にはレイが必要なんだと思う心が多々あった。希子ちゃんがいないと成り立たないというかそういう精神状態だったのは順撮りだったから」

 これに水原は「最後の方は離れられなくなる。役と自分たちの精神状態がリンクして、カメラが回っていない時もずっと一緒にいて、手を繋いだり、カメラが回る直前まで抱き合っていた」と明かし、さとうも「離れられなかった」

 順撮りは廣木監督のこだわりだったといい「ロードムービーなので、前のシーンの感情を思い出して次に繋げていくのは理想の映画作りだと思う。2人は始まりの時の顔と終わりの頃の表情が全然違った」と明かした。

 その後、本編中の印象的なシーンの場面カットがスクリーンに投影され、そのシーンと撮影場所にまつわるエピソードを紹介した。

 ドライブシーンのために普通免許を取得したという水原は「やっぱりお芝居しながら運転するのは難しかった」と回顧すると、助手席にいたさとうは「実はすごく怖かったです」と笑った。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

“逆転王子”斎藤慎太郎八段、阿久津主税八段に「勝率4%」から大逆転勝利 本戦出場決定/将棋・叡王戦

Next Post

NiziU、2nd Singleオリコン週間シングルランキング1位獲得

Related Posts

虎に5被弾悪夢から一転!巨人蘇生のウラに原監督の計算ずく〝コーチ批判〟

阪神を破った原監督は本拠地のファンに両手を挙げてあいさつ あのひと言がチームが粛然とさせたのか――。阪神との首位決戦・第2ラウンド(21日、東京ドーム)で巨人は4番・岡本和真内野手(24)の2打席連続弾、吉川尚輝内野手(26)の勝ち越し打で3―2で逆転勝利。10失点惨敗から一夜で蘇った裏には原辰徳監督(62)の〝辛口ゲキ〟が功を奏したと周囲は見ている。 スタートはため息だった。先発・畠が初回、近本に先頭打者弾を浴びると、一死からマルテに6号ソロを左翼スタンドに運ばれた。開始早々の2失点にドームには前夜の5被弾10失点の悪夢がよぎった。 だが、負ければ5ゲーム差のピンチを4番・岡本和が救った。虎先発・青柳から2打席連続ソロで同点に追いつくと畠も追加点を許さず。6回二死一、二塁で吉川の勝ち越し適時打が飛び出し、1点差で逃げ切った。原監督は「タイガースは非常に勢いのあるチームですから。それをみんなで受け止めてね。今日に関しては何とか1点差で跳ねのけることができたということですね」とうなずいた。 主力を欠くなか、ズルズルといきかねない中での逆転勝利に「あの一言が大きかったのでは」とライバル球団関係者が指摘したのが、前夜の指揮官の言葉だった。初戦で「3番・マルテ、4番・大山、5番・サンズ」に5被弾を浴びた原監督は「クリーンアップに4本も5本も打たれているようじゃ、それはいけませんよね。バッテリーコーチは何をしてんだということですよね」とクギを刺した。 一見、相川亮二バッテリーコーチ(44)へのゲキと思われたが、ライバル球団の見方は違った。「原監督が言っているのは相手打者を分析するスコアラー出身の村田(善則)ブルペンコーチのことでしょう。もちろん特定のコーチ1人ではなく投手コーチも含め、バッテリーに関わるコーチ全員への叱咤が目的のはず」(セ球団関係者)。 その狙いは何だったのか。「このままなら配置転換があるぞと、コーチ陣を粛然とさせるためでは」と前出の関係者は分析。実際、これまで原監督はシーズン途中でも、流れを変えるための配置転換を行っている。 第3次政権でも19年6月に三沢投手コーチをファームから一軍に昇格させると、さらに同年8月には村田善スコアラー室長(当時)をブルペンコーチに配転。三沢投手コーチを再びファームに戻した。適材適所を徹底することでチームの5年ぶりVにつなげた。 この日の試合前練習で原監督は打撃練習が始まってもしばらくの間、ベンチに座ったまま。ナインはもちろんのことコーチ陣の動きにも目を光らせていた。 石井野手総合コーチは岡本和のティー打撃で低め、高めと高低差のあるトス、さらにはバットで「8の字」を描かせてからボールを打たせた。昨季、ベテラン中島を復活させたルーティンをこなした岡本和が、復活の2打席連続弾を放った。 もちろんコーチ陣へのゲキがすぐ結果に結びつくほど簡単ではないが、冷や水を浴びせたのは間違いない。一矢報いただけに終わるのか、それとも虎の勢いを止められるか。今後の巨人の戦いに注目だ。  
詳しく見る

面倒な「こす手間」不要! 「小分けパック」のかつお節使えば、顆粒だしのみそ汁が超簡単グレードアップ! 具としても食べられる

きょうは11(いい)月24(ふし)日で「かつお節の日」ということで、「クイズとくもり」コーナーはかつお節を大特集した。 かつお節でだしを取るのはちょっと手間ということもあり、あまり使わないという家庭も多そうだが、顆粒だしで作ったいつものみそ汁が、小分けパックのかつお節を使えば簡単にぐっとおいしくなる。和食の達人・内海隼人さんがグレードアップ術を教えた。 カップめんやお茶漬け、即席スープもかつお節のちょい足しでおいしく 水1リットルを入れた鍋に顆粒だしのもと(和風・大さじ1強)を加えて煮立たせる。水から火にかけることで、顆粒だしがよく溶けて味がなじむ。 顆粒だしが完全にとけたら弱火にし、かつお節を2パック分、計9グラム入れる。 かつお節にはしっかりした食感の「砕片(さいへん)」と口当たりがなめらかな「ソフト削り」があるが、みそ汁に入れる場合の内海さんのおすすめは、具として食べても気にならないソフト削りだ。 内海さん「元々小分けパックのかつお節は食べられるように作っているもので、このままこさなくても十分いけます」 あとは好きな具材を入れてみそを溶けば、香りと旨味がグレードアップしたみそ汁の完成だ。 内海さん流のみそ汁を作ってみた副島淳リポーターは「いつもと違います!風味と味に深みがあります。非常においしいです」。 小分けパックのかつお節の活用法は他にもいろいろある。 近江友里恵キャスター「例えばインスタントのラーメンやそばを作る時に、めんがゆで上がったところで仕上げに小分けパックのかつお節を足せば、だしが出てよりおいしくなるそうです。カップめんの場合は小分けパックを加えてからお湯を注げばOKです。しょう油味はもちろん合いますが、シーフードや豚骨、カレー味もおいしいということです。他にもお茶漬けや即席スープを作る時にも、小分けパックをちょい足しすればだしが出て味がグレードアップします。量の目安は小分けパック一袋、2グラム程度で大丈夫ということなので、お好みの量を探してみてください」 ピコ花子  
詳しく見る

22/7、無観客配信ライブで届けた想い「ずっと一緒に歩いていけたら」

22/7(撮影=キセキミチコ) 22/7が11日、TVアニメ「22/7」のスペシャルイベント『Mission Paradise』を、TACHIKAWA STAGE GARDENを会場として無観客配信で開催した。ピクチャードラマを交えながら、バラエティコーナー、そしてフル尺でのキャラクターソングおよび新曲「僕が持ってるものなら」の初パフォーマンスを含む大ボリュームのライブコーナーなど、約2時間にわたり「キャラクター」と「声優」の二人三脚で活動する22/7の本領を発揮するステージを繰り広げた。昼の部の模様をレポートする。 TVアニメ「22/7」のオープニング主題歌「ムズイ」の歌唱に続き、スクリーンには「歌番組の収録、楽しかった!」とキャラクターたちのピクチャードラマが映し出される。8人が一丸となって“壁”を打ち壊してライブを成功させた後、新たに迎えた3人のメンバーもすっかりグループに馴染み、よりにぎやかになった日常を送っているようだ。 本イベントは、そんな11人となった22/7の「その後のとある1日」を追う内容となっており、さまざまな番組収録を行うようにリアルメンバーたちがクイズに回答したり、アイドル力を競うゲームを繰り広げていく。アニメ本編のセリフをアテレコするアドリブ対決では、名シーンがまさかまさかのかたちに生まれ変わり、進行役の天津向も圧倒されるバラエティ力を見せつけた。 ついに迎える「11人による初のワンマンライブ」。本番を前に、一人ひとりが、それぞれの言葉で感謝の気持ちを伝え合う。具だくさんなお好み焼きを模したユニークな円陣に続き、ステージではライブパートが始まった。1曲目は「Rain of lies」。TVアニメ4話で描かれた雨の中で撮影した8人の思い出を、11人の宝物とする選曲であった。そこから、前回の配信ライブ「11」ではTVサイズで披露された個々のキャラソンを、フルサイズで初歌唱。誰よりもキャラクターたちを愛し理解する彼女たちだからこそできるパフォーマンスによって、その半身が一人また一人とステージ上に現れていく。メンバーたちがソロコーナーを担当し、それぞれに一歩踏み出すこととなった定期公演の衣装で行われたことも感慨深い。一時活動休止中の武田愛奈を除く10人の出演ではあったものの「ここにいる全員で」と、デビュー曲「僕は存在していなかった」を歌ったことも、当時の衣装には収まらないほどあざやかに開花した彼女たちの“今”を感じさせるものとなった。 そして、2月に発売する新曲「僕が持ってるものなら」をライブ初披露。自分のすべてを与えても救いたいと願う相手に対し、なすすべもない悔しさ。表題曲では初となるバラードで、生きることの葛藤を歌い続けてきた22/7というグループの純度をより高めるかの意欲作である。「それでも、希望を信じてもがき続けなければいけないということを思わせてくれる曲です」。そう説明したのは、このシングルを最後に卒業するリーダーの帆風。本編ラストには、TVアニメを彷彿とさせる雪の舞い散る中でエンディング主題歌「空のエメラルド」を歌い、彼女たちの目前に確かに広がる希望の輝きを伝えたのだった。 ファンのナナニジコールが鳴り響く中でアンコールの準備をする、舞台袖のキャラクターたち。その声は、ライブ最中にある高揚に満ちている。頼もしい仲間に囲まれ、西條演じるみうの言葉が弾む。「この11人と、支えてくれるファンのみなさんと、これからもずっとずっと一緒に歩いていけたらいいなって思う。だから……みんな、最高のアンコールにしよう!」。そんな思いを一つに、イベントはあたたかな笑顔と愛おしさにあふれたフィナーレを迎えたのだった。【キツカワトモ】 配信情報 【TVアニメ「22/7」スペシャルイベント Mission Paradise ライブ配信】 昼公演:2021年1月11日(祝・月)14時30分配信開始…
詳しく見る