川栄李奈「スッキリしました」啖呵切るシーン印象的なセリフは「タコ」

川栄李奈「スッキリしました」啖呵切るシーン印象的なセリフは「タコ」

川栄李奈「スッキリしました」啖呵切るシーン印象的なセリフは「タコ」
川栄李奈

永野芽郁、広瀬アリス、菜々緒、川栄李奈、大島美幸、遠藤憲一、小池栄子が21日、都内で映画『地獄の花園』(5月21日公開)完成報告謝罪イベントに臨んだ。

花園のようにも見える華やかOLたちの職場では実は裏で地獄のような派閥争いが行われている。そんな地獄のような花園の世界を描く。

狂犬OL紫織役の川栄は、キャストにならい「会社の完全制覇のために更衣室でロッカーをボコボコにしてしまい申し訳ありません」と“謝罪”。

キャストのなかでOLのイメージを著しく低下させたのは誰かという問いで、川栄も他のキャストと同じく魔王OL涼子を演じた遠藤を挙げた。

川栄は「この作品の数日後に親子役を演じて、それがお葬式のシーンで、普通の遠藤さんが普通じゃない錯覚で笑いが止まらなくて。この格好は罪」と笑った。

また、啖呵(たんか)を切るシーンにも挑戦している。

印象に残っているセリフとして川栄が挙げたのは「タコ」。「人に対して『タコ!』と言うのはあまりないのでスッキリしました」。

司会を務めた佐野瑞樹フジテレビアナウンサーから「過去にあったんですか?」と聞かれ、「1、2回ありました」と明かすと、「このタコと言うことが日常生活で1、2回あったそんですね」とツッコまれ、笑いを誘った。

 

Total
0
Shares
Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Previous Post

GLAYら参加決定「日比谷音楽祭2021」 第2弾出演アーティスト発表

Next Post

THE RAMPAGE川村壱馬「OPENREC」でチャンネル開設

Related Posts

鷹・上林が猛打賞&お立ち台でも “クリーンヒット” 恩師が気付いた「変化」とは

ヒーローインタビューでファンの声援に応えるソフトバンク・上林 お立ち台に成長の跡があった――。ソフトバンク・上林誠知外野手(25)が14日の日本ハム戦(札幌ドーム)で3安打2打点の大活躍。5回に先制打、7回にはトドメの一発を放ち、公私で仲のいい石川の開幕戦以来となる2勝目をアシストした。 開幕一軍を逃した上林は今月3日、デスパイネの降格に伴う入れ替えで初昇格。二軍スタート、今回の昇格の経緯も含めて悔しさは尋常ではなかったはずだ。5日の楽天戦でも3安打4打点。グラシアルが離脱する中、外野のレギュラーを実力でつかむべく奮闘している。 敵地のヒーローインタビューでは、相手ファンもクスッと笑うエピソードを披露した。「え~昨日アニキから電話をいただきまして…。札幌ドームでホームランを打つ夢を見たと言われまして、それが現実になってよかったです。もっともっと夢見てほしいなと思います」。話を披露する前からうっすら笑みを浮かべていた25歳は、精神的な余裕を感じさせた。 心・技・体の成長なくして一流にはなれない。かねて上林が指摘されてきたのがメンタル面。完璧主義な性格が自分を苦しめてきた。上林の仙台育英時代の恩師・佐々木順一郎氏(61=現・学法石川監督)は、教え子の変化に気づいている。 「成長の跡は野球のうまい、下手だけじゃない。ユーモアのある話を織り交ぜて人を楽しませる話ができるようになった。それは心に余裕があるからできること。『野球だけ』でも、つまらない。人間の幅。クルマに無頓着だった子が、いい意味でいいクルマに色気を見せ始めたりね。そろそろやってくれると私は思っています」 意識的に変わろうとする変化ではなく、自然と変わり始めたところに恩師は期待を寄せている。 機転の利いたトークは、成長のバロメーター。今度こそ、真の覚醒を見せてくれそうだ。  
詳しく見る

憲法修正25条とは? トランプ大統領の権限停止案が浮上。スティーヴィー・ワンダーさんも発動求める

トランプ大統領の支持者が1月6日、連邦議会議事堂に乱入して死者が出る事態になったことを受け、トランプ大統領の権限を停止するために「憲法修正25条」を発動するプランが政界で浮上している。 トランプ大統領は20日に任期切れを迎えるが、一刻も早く退場させようとする動きが野党の民主党からだけでなく、与党の共和党の一部からも出ている。世界的なミュージシャンであるスティーヴィー・ワンダーさんもこの動きを支持しているが、実現には高いハードルがあるようだ。 ■憲法修正25条とは? アメリカ合衆国憲法「修正25条」とはどういうものか。時事ドットコムなどによると、大統領が死去・辞任したり職務を遂行できなくなったりした場合の権限継承について定めた憲法の条文。1967年に成立した。 このうち第4項では「副大統領および閣僚または議会が指定した機関の長の過半数が、大統領は職務上の権限と義務の遂行が不可能だと議会に通告した場合、副大統領が大統領代行として大統領職の権限と義務を遂行する」と定めている。 すなわち、ペンス副大統領と閣僚の過半数の同意があれば、即時にトランプ大統領は職務停止となり、ペンス氏が大統領の仕事を代行できることになる。 CNBCによると、第4項は過去に1度も使用されたことがない。また第4項には続きがあり、大統領が「自分には問題がない」と議会に通告すれば職務に復帰できる。その場合、大統領を再び職務停止させるためには、議会両院の3分の2の賛成を得なければいけない。 ■下院議長が解任を要請、共和党の一部でも同調 NBCニュースによると民主党のペロシ下院議長は7日の記者会見で、トランプ大統領について「これ以上、在職すべきでない危険な人物」と批判。「ペンス副大統領に対して憲法修正第25条に基づいてトランプ大統領を、速やかに解任することを求める」と訴えた。 共和党議員も少なくとも1人がこの動きに同調している。大統領に批判的な下院共和党のアダム・キンジンガー議員は同日、修正25条の発動を求めるビデオメッセージをTwitterに投稿した。「憲法修正第25条を発動し、この悪夢を終わらせましょう」と訴えた。 ■スティーヴィー・ワンダーさんも発動を求める 文化人からもトランプ大統領の職務停止を求める声が出ている。世界的なミュージシャンであるスティーヴィー・ワンダーさんは6日、こうTwitterに投稿した。 「この国の指導者たちが修正25条を発動する時が来た。明らかだろう?今日、我が国で起こったことは悲しいし、信じられない。私に希望と愛の歌をインスパイアしてくれた、この国で起きたことだ」 ワンダーさんは続くツイートで、トランプ氏を「自己陶酔的で危険な大統領」と批判。職務を続けることに「あと2週間余裕があるか?私はノーと言う!」と訴えた。 ■修正25条の発動がなければ、弾劾裁判も? ただしペンス副大統領自身は、修正第25条の発動を求める動きに反対しているという。ニューヨーク・タイムズが、ペンス氏の近い筋からの情報として報じた。 一方、ペロシ下院議長は、ペンス氏と閣僚が修正第25条の発動をしない場合は、議会を招集してトランプ氏の弾劾を決議する構えだ。 産経ニュースによる、合衆国憲法は「反逆罪、収賄罪その他の重大な罪または軽罪」で弾劾され、有罪判決を受けた場合は罷免されると規定している。下院の過半数の賛成で弾劾訴追できる。上院はこれに基づき、弾劾裁判を開始。連邦最高裁長官が裁判長、上院議員が陪審員の役目を果たす。3分の2以上の同意で有罪となれば大統領は罷免され、憲法の規定に従い、副大統領が大統領に就任するという。…
詳しく見る

NEWS・小山慶一郎、『あざとくて何が悪いの?』女性の仕草を絶賛! 「好き。俺は弱い」と告白

NEWS・小山慶一郎がパーソナリティを務めるラジオ『KちゃんNEWS』(文化放送)が12月22日深夜に放送された。 この日は、新型コロナ感染による療養から復帰した12月14日に収録されたもので「体調はいいんだけど、まだ味覚と匂いが若干わからない」と報告。そのため食欲が湧かず、「コロナ期間で6キロやせた」という。「だから今6キロ戻すためにたくさん食べたいんだよな~」と言いつつ、ゆっくり体調を戻していくと語った。 一方、リスナーから届いた「小山くんは動物にも“さん”をつけて呼んでいるイメージがあります。あれは無意識なんでしょうか?」というメッセージについて、「“さん”めっちゃつけるかも」と自覚はある様子。動物だけではなく“スマホさん”、“マスクさん”とモノにも“さん”をつけて呼ぶことがあるようで、もはや動物に“さん”を付けるのは当たり前の感覚なんだとか。すると、「俺、あざといの?」と“さん”づけは「あざとい」行為なのか気になったようで、持論を展開し始めた。 小山は、あざとい言動を検証するバラエティ番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に、Sexy Zone・中島健人がゲスト出演した回「新企画あざとカラオケソング&Sexy Zone中島がグッとくる女」を見ていたとか。 そこで紹介された、あざとく歌う女性の仕草が「好きだった」と絶賛の様子で、「やっぱ、あざとさっていうのは俺は弱い。男の子って狙いすぎてないあざとさだったら、大概(グッと)きちゃうと思うな」と明かしていた。 さらには、「マフラーこそ、あざといの代表だと思うんだよね。女の子の」と言い、「マフラーってさ、巻いてちょっと口元ぐらいまで被って可愛いもんね」と、モコっとしている姿にキュンとくるという。 スマートにマフラーを巻いているよりも、マフラーで髪の毛が盛り上がっている姿のほうが「ちょっとだらしなさみたいな、スキが見えていい」んだとか。「髪がモフっとなってるのを直してあげたいって思う感じ……が好き」と、恥ずかしそうに話していたのだった。 この放送にファンは「あざといの好きなのね……」「男子ってマフラーの中に髪入れてボフンってなってるの好きねーー。あれは狙ってるんだよ!」と反応。とはいえ、「明日からマフラーは髪の毛乱れさせよう」「よし明日からボリューミーなマフラーを巻いて髪をだらしなくさせることにしよう」「とりあえずマフラーの件は了解です」と、小山好みのマフラーの巻き方に挑戦するというファンが続出していたのだった。 (華山いの/ライター)  
詳しく見る